出演者
はいだしょうこ(ハイダショウコ)

はいだしょうこ(ハイダショウコ)

プロフィール

3月25日生まれ。東京都出身。

宝塚歌劇団にて娘役として活躍。宝塚退団後、2003年からNHK『おかあさんといっしょ』の第19代目うたのおねえさんを務め、一躍お茶の間の人気者に。

その後もバラエティー、ミュージカル、ドラマ出演など幅広く活躍中。

インタビュー
  • Q.替え歌という少し変わった企画でしたが、実際に歌ってみてどうでしたか?
  • A.小さい頃から童謡を歌っていたり、うたのおねえさん出身でもあったので、童謡を替え歌で歌うことにはじめは抵抗というか、どうだろうと正直悩んだのですが、番組スタッフの皆さんから熱いオファーを頂いたので、その気持ちを受け取って、私に出来ることならお手伝いをさせていただこうと思いました。
    ただ、歌っているとどうしても本物の歌詞が自然と出てきてしまうこともありました。(笑)
    黒猫のキャラクターで歌わせて頂いている曲は、自然と猫になりきれてました。(笑)
  • Q.日常生活のモヤモヤとそのデトックス方法はありますか?
  • A.日常のモヤモヤ…ん~…。あんまり具体的にというのは難しいのですが、お仕事など、自分の中で上手くいかない時もたまにあるのですが、私の場合は「おかあさんといっしょ」のファミリーコンサートにOGとして出演させていただいているので、そこで子供達やお父様お母様方が笑顔で楽しんでくださっている姿を見ると、モヤモヤは全て吹き飛びます!ステージから私たち出演者が歌などをお届けしているのですが、逆にお客さんからパワーを頂いていてありがたいなと毎回思います。
  • Q.この番組を見てくれる人たちにメッセージをお願いします。
  • A.お母様達の日頃起こったことや言葉や気持ちを、スタッフの皆さんが実際に聞いて歌や人形劇にした番組です。私の願いとしては、「うちもそうそう!」とか、「こういうお家もあるんだ!」と、みんなで楽しく見て頂けたら嬉しいなと思います。ん?と思うことがあっても、決して責めているわけではなくて、お父さんや上司に気がついてほしい部分などをこの番組で何かしら発見して頂けたらいいなと。もちろん、逆の夫婦の形もありますので、お互いに何かのヒントになってもらえたら嬉しいです。そして、皆さんがよく知っているメロディーで、黒猫が歌っていますので(笑)楽しんで観て頂きたいです!
  • Q.最後に…ネコの着ぐるみの着心地はいかがでしたか?(笑)
  • A.そうですね。うたのおねえさんを卒業して、今年で10年。10年ぶりの着ぐるみは、楽しかったですし、当時を思い出しました!(笑)
宮下純一(ミヤシタ ジュンイチ)

宮下純一(ミヤシタ ジュンイチ)

プロフィール

1983年10月17日、鹿児島県生まれ。

2008年8月北京オリンピック競泳男子400㍍メドレーリレーでは日本チームの第1泳者として、銅メダルを獲得。

引退後は、水泳・スポーツの美と感動、アスリートという人間の心のドラマやストーリーを伝えられるスポーツキャスターとして幅広く活動。

私生活では2017年パパになり育児にも奮闘する毎日。

インタビュー
  • Q.宮下さんは現在7ヶ月のお子さんの子育て中ということで、タイムリーなタイミングでご出演いただきました。
  • A.そうですね。まさに自分に言われている感じがすごくして、「あ~見て見ぬふりをしてたんだな」っていう気付きがありました。もう台本をいただいたときから、「え、身辺調査されたかな?」っていうくらい、自分に当てはまることが多すぎて、『スマホ太郎』なんかまさにそうですね。今回の(番組の)場合はスマホが縦でしたけど、僕の場合はもう、スマホを横にしてるんで、ゲームなのがバレバレなんですよ。「仕事じゃないだろそれ!」っていう。もう自分でも笑っちゃいました。
  • Q.全然悪気がなくて無意識なんですか?(笑)
  • A.悪気はないですね。「子どもを見てて」とか言われるんですけど、「はーい。」って空返事なんです。「ほらほら、子どもが転げてる!」と言われて「あ~!!」って気づく、みたいな。「見てて」は、ただ“見てる”の意味じゃないからねって。「面倒を見なさい」っていう意味なんだと。
  • Q.この番組は世のパパさんたちが見たら気づきがあると思いますか?
  • A.めちゃめちゃ気づくと思いますね。めちゃめちゃ多いんじゃないかな。気づくというか…刺さる人。(笑) 反省しなきゃいけない人は多いんじゃないかなと。
  • Q.逆に、パパとしての言い分はありますか?
  • A.子どもが生まれてから生活スタイルがいっきに子ども中心に変わってきたので、自分を変えなきゃいけないんでしょうけど、僕の場合は33年間独身で生きてきたんで、自分の時間はすごくなくなってる感はあります…。なので、やっぱりちょっとスマホを見たり、ゲームをしたりすることが自分のリラックスではあるのですが…それはお互い様でしょと言われたら、何も言えないですけど…。(笑)
  • Q.何か具体的に実践していることはありますか?
  • A.何をして欲しいか、言われてから動くのではなく、気づくっていうところですね。ご飯作ってもらったから、お皿洗いは僕がやろうとか。そういうところが大事なんじゃないかなと。家では歌にのせて…ではなく、ダイレクトに言われているので、“やらないとまずいぞ”となります。柔らかく歌で言ってもらえると「あ、ちょっと頑張ってみようかなと」っていう風には思います。(笑)
  • Q.番組は「デトックス♪ママ」ですが、パパに見てほしい…?
  • A.そうですね、椅子に座って二人で見ていると、旦那さんは画面から目を背けたくなると思うんですけど、変われる一つのきっかけになるんじゃないかと。特に今回の歌は「あるある」だと思うので。僕も「皿洗いしておいて」って言われて、フライパン洗わないっていう…皿だけ洗っているっていう…。収録中、自分のことをずっと言われている感じがしていました。他人事じゃないっていう。
  • Q.視聴者へのメッセージをお願いします。
  • A.子どもが生まれて初めて子育てを経験していく中で、抱え込んでいるママさんっていっぱいいると思います。夫に伝えてみようとか、言えないけど夫に気づいてほしい…みたいな人の橋渡しになれればいいなと思うので、強制的に「この時間テレビ見なさい!」っていうのもいいし、「テレビ見てみようよ。」って言ってさりげなく伝えるのもいいと思います。
    子育てママのストレスを軽減させられる番組になっていると思うので、ぜひ笑いながら、コスプレも含め見てください!