関西地震
ひとくちメモ

津波の破壊力

2011年3月11日におきた東日本大震災で発生した大津波は、東北から関東の沿岸部に大きな被害をもたらしました。

福島県富岡町では津波の高さは、ビルの7階に相当する21.1メートルに達していました。岩手県大船渡市の綾里(りょうり)湾では、陸地を駆け上がった津波の高さ(遡上高)が最大で40メートルに達していました。
また、津波の破壊力は、鉄筋コンクリート建物を倒してしまうほどでした。