大阪放送局トップへ
トップページ  関西地震ひとくちメモ

防災キャンペーン 地震ひとくちメモ
都市を襲う津波

1854年におきた安政南海地震では、海から川をさかのぼってきた津波が、いまは大阪ミナミの繁華街がひろがっている難波にまでおしよせたという記録が残っています。現在の都市部でも、地下鉄や地下街に水が流れこむおそれがあります。
ある研究機関では、南海地震の際、梅田の地下街全体に水が流れこむおそれがあるというシミュレーションをしています。
南海トラフで巨大地震が発生した場合、神戸市でも、地下鉄や地下街に津波による浸水の恐れがあると指摘されています。
地下街で大きな地震にあったら、誘導にしたがい、すみやかに近隣のビルなどの高い場所に避難することが大切です。

インデックスへ戻る 次へ