大阪放送局トップへ
トップページ  関西地震ひとくちメモ

防災キャンペーン 地震ひとくちメモ
ボランティア

阪神淡路大震災以降、各地の災害でボランティアが活躍するようになりました。ボランティアに参加する時の心得を紹介します。被災地には、自分の分の水や食料を持っていくようにします。また、作業用手袋やタオル、スコップや地図といったボランティア活動に必要なものも自分で用意します。寝袋を持ち込むなど、宿泊先を確保することも大切です。また、被災地の設置されたボランティアセンターに登録したり、インターネットなどでどんなボランティアが必要とされているかを調べておくとよいでしょう。

インデックスへ戻る 次へ