大阪放送局トップへ
トップページ  関西地震ひとくちメモ

防災キャンペーン 地震ひとくちメモ
災害弱者を助けよう

災害の時にさまざまな支援から取り残されてしまう恐れがあるのが、お年寄りや障害のある人などいわゆる災害弱者と呼ばれる人たちです。近くに住んでいる方は安否を確認するため声をかけて下さい。避難場所への移動も積極的に手助けして下さい。家族や緊急連絡先への連絡も協力が必要です。
目の不自由な人に回りの状況を説明したり、耳の不自由な人にメモで性格な情報を伝えることも大事です。発達障害や知的障害、精神障害の人たちにもサポートが必要です。避難所でも、どのような配慮が必要なのか当事者や家族に聞いてみましょう。
特別養護老人ホームなどでは、災害時に近くの人たちに避難を助けてもらう取り決めを結んでいるところがあります。
なお、高齢者、障害者、妊産婦、乳幼児、病弱者などとその家族のための 「福祉避難所」を指定しておくよう、国は自治体に求めています。 自分の町はどこを指定ているか、チェックしておきましょう。

インデックスへ戻る 次へ