大阪放送局トップへ
トップページ  関西地震ひとくちメモ

防災キャンペーン 地震ひとくちメモ
トリアージ

災害医療の現場に取り入れられているのが、トリアージという考え方です。トリアージとは手当てをする際に、急ぐ度合いやけがの重さに分けて治療や搬送の優先順位をつけることをいいます。災害医療の現場ではケガ人の容態を見て、大きく4つに分けます。1番目が、救命の見込みがない場合。2番目は、ケガの程度が大きくすぐに手当てをしないと命に関わる場合。3番目は、生命にかかわるケガではないが治療が必要な場合。4番目は、今すぐ処置をしたり運んだりする必要はない場合です。病院に運ぶのか、その場で応急手当てをするのかなど、落ち着いて医師の指示に従い、協力して下さい。

インデックスへ戻る 次へ