大阪放送局トップへ
トップページ  関西地震ひとくちメモ

防災キャンペーン 地震ひとくちメモ
「災害伝言用ダイヤル」と「災害用伝言板」

大地震が起き電話がかかりにくくなった時に連絡をとる手段に、「災害用伝言ダイヤル」があります。これは加入電話、公衆電話、携帯電話、PHSからも利用できます。番号は局番なしの「171」で、音声案内に従って操作します。録音をする場合は「1」をダイヤルし、伝言を聞く場合は「2」をダイヤルします。
また、携帯電話やPHSなどからインターネットに接続して、安否を文字で登録したり、確認したりできる「災害用伝言板」のサービスもあります。どの携帯電話会社に登録しても、全社一括で検索できるシステムです。
こうしたサービスは、災害時に各電話・通信会社が判断して開設します。サービスが開始されたかどうかは、NHKの放送でもお伝えします。
「災害用伝言ダイヤル」や「災害用伝言板」は、平常時に慣れておくことが大切です。9月1日の“防災の日”の前後などに体験サービスが行われています。実際に、家族で登録したり検索したりしてみましょう。

インデックスへ戻る 次へ