大阪放送局トップへ
トップページ  関西地震ひとくちメモ

防災キャンペーン 地震ひとくちメモ
ガスの安全

大きな地震が起こったら、まず身の安全を確保します。揺れがおさまったら、火を消し、元栓も閉めて下さい。LPガスは戸外の容器バルブも念のため閉めて下さい。
ガスのにおいがするとき、ガスが漏れている恐れのある時は、火の気を使わず窓を開け、ガス会社に連絡してください。電気器具のスイッチやプラグには絶対に触れないでください。火花が飛ぶおそれがあります。ろうそくをともすのも危険です。
ガス臭くない場合でも、ガス器具や煙突などの排気設備に異常がある場合にはガス器具の使用はやめてください。
地震に備えて都市ガスにもLPガスにもガスメーターには、震度5弱以上の揺れを感じると自動的にガスの供給を止める装置が付いています。この装置が作動した後、再びガスを使用する時は、説明書に従ってガスの供給の復帰させる操作を行います。それでもガスが出ない場合や、異常がある場合は、ガス会社に問い合わせてください。

インデックスへ戻る 次へ