大阪放送局トップへ
トップページ  関西地震ひとくちメモ

防災キャンペーン 地震ひとくちメモ
ヘルメットとずきん

地震の際、家具が倒れたり、棚の物・照明器具が落ちてくる危険があります。家の外では屋根瓦や割れた窓ガラス、看板も危険です。
大きな地震の後は余震にも備え、ヘルメットや防災ずきんをかぶりましょう。ヘルメットはオートバイ用や作業用の物が使えます。
東海地震に備える静岡の小学校では、肩までおおう防災ずきんが普及しています。薄手の座布団を2つ折りにして、防災ずきんを作ることもできます。
家族の人数分用意して、玄関のそばなどわかりやすい場所においておくとよいでしょう。

インデックスへ戻る 次へ