大阪放送局トップへ
トップページ  関西地震ひとくちメモ

防災キャンペーン 地震ひとくちメモ
非常持ち出し品

日頃から非常持ち出し品を準備してリュックサックやかばんにつめておきましょう。
避難の時に支障の無い重さは成人男性で15キロ、女性では10キロほどです。中に入れておくのは、乾パンや缶詰などの非常食、目安は少なくとも家族3日分。飲み水は1日1人3リットル。
大事な情報源のラジオ、懐中電灯、予備の電池も必要です。それに衣類、毛布。傷薬や常備薬。手袋・ティッシュ。家庭によっては、おむつやミルク、離乳食。眼鏡やコンタクトレンズの保存液。貴重品もいざという時に持ち出せるよう日頃から整理しておきましょう。

インデックスへ戻る 次へ