大阪放送局トップへ
トップページ  関西地震ひとくちメモ

防災キャンペーン 地震ひとくちメモ
頼りになるラジオやワンセグテレビ

災害の時、頼りになるのがラジオ。それに携帯電話などで受信できる「ワンセグテレビ」です。地震で停電になると家庭のテレビから情報は得られないことがありますが、電池式のラジオや、「ワンセグテレビ」ならいつでもどこでも情報を得ることができます。避難する時手軽に持ち出すことができて狭い避難所でも場所をとりません。
阪神淡路大震災や東日本大震災の被災地でも、生活に欠かせない情報をラジオや「ワンセグテレビ」から得ていたという話が聞かれました。普段からラジオや「ワンセグテレビ」のついた携帯電話を持つようにしましょう。普段からラジオや「ワンセグテレビ」のついた携帯電話を持つようにしましょう。スマートフォンではラジオを聴くことができます。 予備の電池や充電器なども用意することをお勧めします。

インデックスへ戻る 次へ