やまとの季節

2020年05月13日 (水)

やまとの季節 七十二候「風薫る」

「ならナビ」5月13日放送予定 

映像作家・保山耕一さんが、NHK奈良放送局「ならナビ」に、「やまとの季節 七十二候」をテーマとした極上の映像詩を届けてくれています。音楽は、スペインで活躍するピアニスト・川上ミネさんが、奈良で100年近くの時を刻んできたピアノで、オリジナル楽曲を奏でています。 


やまと七十二候「風薫る」 立夏 


保山耕一

世界遺産などの撮影で活躍してきたフリーTVカメラマン。「奈良には365の季節がある」をテーマに奈良県各地で、日々、奈良の空や光、花、月、社寺、などを撮影し、SNS発表・上映会を続けている。

川上ミネ

スペインと京都を拠点に活動しているピアニスト・作曲家。「ラジオ深夜便・ピアノが奏でる七十二候」、Eテレ「やまと尼寺精進日記」などの音楽を手がけている。昨年、春日大社奉納演奏会を機に保山氏と出会い、「こころの時代」でコラボレーション。2019年秋から「やまとの季節 七十二候」の新たな作曲・演奏をスタート。

奈良女子大学・100年ピアノ

創立110年を経た奈良女子大学記念館(重要文化財)の2階・講堂で静かな時を刻み続けている「百年ピアノ」。大学の前身である奈良女子高等師範学校の創立当時(明治42(1909)年授業開始)に購入され、戦後永らく倉庫に眠っていたもので、平成15(2003)年に学内で再発見。平成17年11月に無事修復を終えたピアノは、かつて置かれていた講堂に戻され、ふたたび美しい音色を奏でるようになりました。




 七十二候 について

七十二候(しちじゅうにこう)は、古代の中国で生まれました。立春、夏至、秋分…などで知られる二十四節気(にじゅうしせっき)を、さらに約5日ずつの3つに分けて、季節の移り変わりを感じる名前がつけられています。日本では、江戸時代の「本朝七十二候」、明治時代の「略本歴」など、いくつかの異なる七十二候が作られてきました。

「やまとの季節 七十二候」では、保山さんが記録してきた奈良県各地の映像から、いまの「やまと」の暮らしの中で、季節のうつろいを実感できる映像を選び出し、オリジナルの名前を添えて紹介しています。奈良を愛する方々に…これから奈良に出会うであろうすべての方々に…こころを込めてお届けしています。

 


【関連コンテンツ】

ラジオ深夜便【聴き逃し】発掘された千年のオカリナとピアノ 春日大社創建1250年

こころの時代 こころの時代~宗教・人生~ 命の輝きをうつす 

NHK World JAPAN Praying for Flowers, Praying for Life Hometown Stories


【お知らせ】みなさまから心のこもったコメント投稿を数多くいただき、誠にありがとうございます。担当者一同、こころの励みとさせていただいております。関西ブログの投稿管理は、新しい記事の準備~公開作業とあわせて行っております。原則的には「新記事公開日に、前週投稿いただいたコメントをまとめて公開する」という運用です。その週のうちに公開できることもあるのですが、普段はお待たせしてしまうことが多いかと思います。どうかご理解のうえ、新しい記事公開とあわせてお楽しみいただければ幸いです。今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

■ コメント(20)
  • 堀尾岳行

    2020年05月13日 13時46分

    風薫る五月、長岳寺放生池に映る甍と杜若、周りの緑の色も変化があって美しい。
    地蔵菩薩の眼差しは何処へ注がれているのだろうか。
    川上ミネさんのピアノが初夏の水面を渡る風のよう。
    やがて季節はツツジからサツキへ進みます。
    保山耕一さんの映像が水鏡の映し出す季節を実に美しく捉えています、
    今回も素晴らしい映像詩ありがとうございました。

  • 安藤憲一郎

    2020年05月13日 19時42分

    爽やかな初夏の水辺のカキツバタが美しい。それより水面に写る水鏡のカキツバタが美し過ぎる。こんなきれいな映像は見たことがありません。画面に吸い込まれそうです。またピアノがベストマッチで息を飲んで見入ってしまいました。2分弱は短過ぎると思います。

  • 島岡和代

    2020年05月13日 21時54分

    「風 薫る」気持ちの良い風と共に長岳寺の水面に紫のかきつばたを写し出してなんとも清々しい。大手まりの白色とかきつばた。長岳寺の瓦屋根とみどりの楓。初夏を感じます。ミネさんのピアノの調べと風景が心地好いです。よく訪れる長岳寺です。義父母をお祀りしていただいてますが、自粛で行きませんでした。保山さんのお陰で手を合わせることが出来ました。ありがとうございます。ぜひ、奈良から全国放送をよろしくお願いします。

  • 齊藤 精久

    2020年05月13日 22時09分

     いつもとても保山さんの映像はとても楽しみにしています。
     普段なら見過ごしてしまいがちな、どこにでもあるような風景が保山さんの手にかかれば素晴らしい映像になり、我々の心にスーッと入ってきます。
     特に「やまとの季節七十二候」は朝早くから場合によっては日没後まで取材され、命を削るような努力の結晶が2分前後に凝集されたエッセンスの集結です。
     我々医療人は、連日 COVID-19 と闘っており、ストレスの多い日々が続いていますが、「やまとの季節七十二候」に、癒され,励まされ,明日への希望をいただいています。
     いつまでも拝見・拝聴できることを切に望みます。

  • 2020年05月13日 22時43分

    『風薫る』
    山辺の道にある花の寺~長岳寺。
    新緑が眩しい今、清楚な青紫のかきつばたが咲き始めました。
    少年のようなお顔のお地蔵さま、丁寧に手入れされたお庭、参拝の方々には安らぎを感じられることでしょう。
    ミネさんの音色は胸にすっーと響き渡りました。
    保山さん、来週は何処へ連れて行って下さるのでしょう、楽しみにしております。
    どなたかが仰ってたのですが、この時勢の折『やまとの季節七十二候』総集編などの番組を、お考え頂けないでしょうか。どうかよろしくお願いいたします。

  • 坂井節子

    2020年05月14日 06時32分

    五月も半ば 風薫る素晴らしい季節を迎えました。長岳寺さんは花のお寺とか、カキツバタの群生もまた見事ですね!! たわわのオオデマリは無垢の白さが引き立ち キリリと色濃い青紫のカキツバタは青年の生命のよう。水面に映る姿はより一層爽やかです。静かなお庭の風に寄り添うような川上ミネさんの優しい調べ♪♪ 現在のコロナ禍で窮屈になっている心がやわらぎます。お子を抱いた菩薩様 長い間衆生の救済を願って来られたのでしょうか 凛々しいお顔立ちですね。思はず手を合わせたくなりました。
    この心解けていくような美しい映像を 今こそ一番不自由な思いをしている関東圏の皆様にも見せて差し上げたくなります。多くの人は桜の季節からずっと我慢しています。
    NHKさんのお力でどうか関東圏の方々にも映像をお届け下さい。

  • 青井三保子

    2020年05月14日 07時44分

    毎週水曜日の楽しみは「やまとの季節 七十二候」
    間に合わなくて関西ブログで視聴させて頂きました。
    見逃しても、関西プラグで見せて頂けるのはありがたいです。
    奈良県外の皆さんは、これで見ておられる。
    テレビ画面と、両方知っている者にとっては、
    やはり大きな画面で見れるのは全然違う。
    水面に映る甍やシヨウブの花、感動の度合いもちがうでしようね!
    大きな画面でゆったりとした気分で見れることの幸せを感じます。
    奈良県内だけでなく、関西全域で見れるようにして頂ければ嬉しいです。
    よろしくお願いします。

  • 松元智恵子

    2020年05月14日 10時31分

    ゴーンと鐘の音が響く余韻の中にミネさんのビアノの調べとともに保山さんの映像詩が始まる・・・心地よい5月の風。写し鏡のように紫色のカキツバタが池の中にも咲く。慈悲深げな仏さまに手を合わす。1000年以上の昔より人の祈りは変わらない。平穏な日々が後世まで続きますように。是非とも全国ネットで観たいです。

  • 荒木礼子

    2020年05月14日 10時53分

    やまとの季節七十二侯、いつの間にか水が恋しい季節になっていました。いきなり大きく響く鐘の音。その波動のせいで池の水面が揺れているかのような導入部が印象的です。杜若の花の紫とオオデマリかな?白い花がすっかり濃さを増した周囲の緑の中でいっそう高貴で爽やか。太陽の陽射しが一段と明るく強くなったことを感じます。ゆらゆらと水に滲む色の全てが懐かしさと温もりのあるピアノとともに見ている私たちの中にしみ込んできて、初夏の薫りを胸いっぱい吸い込んだような心地になりました。
     弘法大師様でしょうか、お像の表情がとても優しいですね…天理市の長岳寺さん、またいつか必ず訪れてみたいと思います。
    二分間のやまとの旅、移動のままならない今、こうして季節感溢れる風景をいながらにして見ることができ、有難い限りです。日本人にとって、奈良は本当に特別な場所だと感じます。いつか全国の人がこのやまとの季節七十二侯をテレビで見られますように。

  • 朝陽 志太 美代子

    2020年05月14日 16時54分

    コロナで 家の中に居てる間に、季節が 変わらず流れていますね。いつも ありがとうございます。 心が澄みました。 次も楽しみにしてます。

  • 釘谷洋子

    2020年05月14日 21時38分

    5月の風に運ばれる新緑の香り。長岳寺の木々の緑に光が降り注がれる。水鏡に映った瓦のグレーと杜若の青味を帯びた紫がとても美しいです。静かに揺れる水面の表情、穏やかな空気感をミネさんのピアノが奏でられます。お地蔵様のお顔を見ていると、心が洗われました。ありがとうございました

  • 井元路子

    2020年05月14日 21時54分

    いつも楽しみにしております。かきつばたの紫と新緑の木々、優しいお顔のお地蔵さま。日々不安な心が少し落ち着きました。ありがとうございました。全国放送楽しみにしております。

  • 田代典子

    2020年05月15日 18時05分

    何度か足を運ばせていただいた上映会。今は叶いませんのでテレビから流れてくる映像は、細い糸ではありますがありがたいです。
    保山さんの映像には 土足感 がありません。
    今、巷にあふれる映像は 「土足感満載!」が多すぎて疲れます。
    または、「こんなん見つけた凄い自分を見て見て!」感。

    そこに拡がる風景に寄り添うような、愛おしむような、敬意を持って撮影されただろう…と推察される映像を見て、
    「ああ、保山さんてどういうお人柄なんだろう」と想像してしまう魔法の映像なのです。どうかいつまでも続いて欲しい…。
    (書くのが苦手なのでなかなかコメントできませんが^^;)

  • 田中弘子

    2020年05月16日 08時01分

    カキツバタが水面に写り 鏡の様に…水面にも凛と咲く花々の姿の美しさ…
    水面に波紋がゆれ 虫や 魚 の気配…
    風が 優しく通り過ぎていきますね…
    美しい映像とピアノの音色…
    不思議ですね…頬に感じる風 心の中にも この季節の 爽やかな風が通り抜けて行きます
    やまと七十二候の…美しい映像に 心を静め癒されております
    いつも素晴らしい映像を有難うございます
    日々の生活の中…この時間は極上の時間です
    全国放送され 日本中の多くの方々に見て頂いて…
    魂に響く素晴らしい映像と音楽を感じて頂けます事を願っております

  • 加代子

    2020年05月16日 10時54分

    水面に揺れたり解けたりする鮮やかな黄や緑の花や葉。
    隣の人とぼそぼそ話をして、日がな一日縁側にぼうっと座っていたい、
    とそんなことを思わせる映像です。
    ピアノも懐かしい音色で、以前と同じピアノ?と不思議になる音。
    映像に合わせた音色に感心しました。

  • 佐々木美保子

    2020年05月16日 12時01分

    言葉では言い表せないほど美しい風景、長岳寺さんのカキツバタも水面に映る風景も、そして穏やかな優しいお地蔵様のお顔にも、ただただ心つかまれ、引き入れられます。そこに川上ミネさんの何とも言えない繊細で澄んだメロディーが合わさり、大きな満足感を覚えます。
    風薫る、その風の薫りが感じられるような映像に心癒やされます。
    今年の春ほど、普通の生活、自然の当たり前と思っていた景色のありがたさを感じた時はありません。そして、不自由な生活の中でこの関西ブログの映像に癒やされ、力をいただいています。日本人の心の故郷奈良の魅力を改めて教えていただいてます。
    できればテレビの画面から見せていただきたいです。どうぞ放送範囲の拡大をお願いします。

  • 塚本 奈津美

    2020年05月18日 22時04分

    心が洗われるような風景、心地よく響く柔らかいピアノ。
    もっともっと長い時間、この空間の中に居たいです。
    そして、兵庫県に住む私はスマホの小さい画面でしか見れないのが残念です。
    時間枠拡張と、放送エリアの拡大を是非お願いします❗️

  • Hisako

    2020年05月18日 22時38分

    毎週どちらに連れていってくださるのか楽しみです。
    お寺の鐘が心に響き、続くピアノが波紋の様に拡がっていくのが美しい。
    水鏡に映る世界がもうひとつそこにあるようで、引き込まれそうになります。
    暗い話題ばかりの日々から抜け出し、安らぎをいただきました。ありがとうございます。お地蔵様が世の平安と保山さんのご無事を祈っておられるようです。
    学生の時は何かにつけ感想文を書かされるのが嫌でしたが、今はわくわくしながら書いています。

  • kayu

    2020年05月19日 00時54分

    爽やかな風に吹かれ、花映す水鏡。透明なその世界に
    いつしか佇んでしまいます。
    短い時間旅行は、縮こまっている心まで
    伸びやかに解放してくれます。
    薫風のようなpianoの音色に吹かれ〜、心地よい〜。
    超短編で表現することは、大変難しく力量がいることだと。
    しかしながら毎週、心震わせてもらっています。
    奈良エリアだけの放送では、もったいない。
    全国の皆さんにも、見てもらえますようにお願いします。

  • 野尻恭子

    2020年05月20日 15時28分

    極上の水鏡❗️これほど美しい水鏡を他に知りません。初夏の力を増した日の光に輝いて、瑞々しい緑、杜若の紫、躑躅の赤、オオデマリの白❗️と。お堂までもまるまる映して。
    この極楽浄土の世界中に溶け込んでずっと見ていたいです。
    保山さんの映像詩をどうか関東でも放送してください。
    よろしくお願いします。