やまとの季節

2020年05月06日 (水)

やまとの季節 七十二候「朝靄に雫 煌めく」

「ならナビ」5月8日(金)放送予定 (※変更になりました) 

映像作家・保山耕一さんが、NHK奈良放送局「ならナビ」に、「やまとの季節 七十二候」をテーマとした極上の映像詩を届けてくれています。音楽は、スペインで活躍するピアニスト・川上ミネさんが、奈良で100年近くの時を刻んできたピアノで、オリジナル楽曲を奏でています。 


やまと七十二候 「朝靄(あさもや)に雫(しずく) 煌(きら)めく」 立夏  


保山耕一

世界遺産などの撮影で活躍してきたフリーTVカメラマン。「奈良には365の季節がある」をテーマに奈良県各地で、日々、奈良の空や光、花、月、社寺、などを撮影し、SNS発表・上映会を続けている。

川上ミネ

スペインと京都を拠点に活動しているピアニスト・作曲家。「ラジオ深夜便・ピアノが奏でる七十二候」、Eテレ「やまと尼寺精進日記」などの音楽を手がけている。昨年、春日大社奉納演奏会を機に保山氏と出会い、「こころの時代」でコラボレーション。2019年秋から「やまとの季節 七十二候」の新たな作曲・演奏をスタート。

奈良女子大学・100年ピアノ

創立110年を経た奈良女子大学記念館(重要文化財)の2階・講堂で静かな時を刻み続けている「百年ピアノ」。大学の前身である奈良女子高等師範学校の創立当時(明治42(1909)年授業開始)に購入され、戦後永らく倉庫に眠っていたもので、平成15(2003)年に学内で再発見。平成17年11月に無事修復を終えたピアノは、かつて置かれていた講堂に戻され、ふたたび美しい音色を奏でるようになりました。




 七十二候 について

七十二候(しちじゅうにこう)は、古代の中国で生まれました。立春、夏至、秋分…などで知られる二十四節気(にじゅうしせっき)を、さらに約5日ずつの3つに分けて、季節の移り変わりを感じる名前がつけられています。日本では、江戸時代の「本朝七十二候」、明治時代の「略本歴」など、いくつかの異なる七十二候が作られてきました。

「やまとの季節 七十二候」では、保山さんが記録してきた奈良県各地の映像から、いまの「やまと」の暮らしの中で、季節のうつろいを実感できる映像を選び出し、オリジナルの名前を添えて紹介しています。奈良を愛する方々に…これから奈良に出会うであろうすべての方々に…こころを込めてお届けしています。

 


【関連コンテンツ】

ラジオ深夜便【聴き逃し】発掘された千年のオカリナとピアノ 春日大社創建1250年

こころの時代 こころの時代~宗教・人生~ 命の輝きをうつす 

NHK World JAPAN Praying for Flowers, Praying for Life Hometown Stories


【お知らせ】みなさまから心のこもったコメント投稿を数多くいただき、誠にありがとうございます。担当者一同、こころの励みとさせていただいております。関西ブログの投稿管理は、新しい記事の準備~公開作業とあわせて行っております。原則的には「新記事公開日に、前週投稿いただいたコメントをまとめて公開する」という運用です。その週のうちに公開できることもあるのですが、普段はお待たせしてしまうことが多いかと思います。どうかご理解のうえ、新しい記事公開とあわせてお楽しみいただければ幸いです。今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

■ コメント(23)
  • 堀尾岳行

    2020年05月06日 18時32分

    平城宮跡に朝靄が掛かる、朝の日が当たる僅かな時間に花や葉に雫を纏う草。
    煌めく雫に写る風景は素晴らしい、川上ミネさんのピアノがそのはかない雫を奏でています。
    今回も保山耕一さんの映像がこのひと時の美しい瞬間を捉えていますね、ありがとうございます。 

  • 安藤憲一郎

    2020年05月06日 19時23分

    綺麗な朝露ですね。朝露がこんなに綺麗なものとは思いませんでした。また、平城宮跡に広がる朝靄はこの世のものとは思えない神秘さです。こんな美しい景色は後世まで残して欲しいですね。
    いま関西ブログで見ています。大きなテレビ画面で見たいです。是非とも全国放送をお願いします。

  • 坂井節子

    2020年05月06日 23時18分

    平城宮跡の静かな朝。朝靄を透かして昇る太陽。何かドラマティックな事が起こりそうです。無数の雫をまとった下草たち。なんてキレイなんだろう!! まぎれもなくガラス工芸 スワロフスキー? いや、そんな言葉は安っぽい。足元がビシャビシャにぬれるその正体は輝きを放つ美しいしずくだったとは!! 
    百年ピアノを奏でる川上ミネさん。静かにしずくたちを見守っているかのよう。
    一瞬の自然現象を予測し捉える保山さんの映像は長年培った感と努力と執念の為せる技でしょうか。他の追随を許さない素晴らしい映像だと思います。
    トゲトゲのアザミはしずくに濡れて 柔らかく優しい表情になりましたね。
    本日も美しい映像を有難うございました。遠くから奈良へ行った気持ちになっています。

  • 匿名希望

    2020年05月07日 11時20分

    外出自粛の日々、ほざんこういちさんの映像のお陰で心穏やかに過ごすことが出来ました。美しい映像で心洗われます。

  • S.A

    2020年05月07日 12時22分

    セピア色の靄の内に登る陽。
    杉菜、烏野豌豆、薊。
    野の草花に宿る、小さな水滴。

    この柔らかな景色を平城宮の人々も見つめたと思います。
    風土が日本の文化、住まう人の心を形作ったことを疑いません。
    失うにはあまりに惜しいもの。

    ミネさんのピアノが澄んだ朝露のようです。

  • Donちゃん

    2020年05月07日 14時04分

    いつも電車や車から見るだけの平城宮跡。
    こんなに素敵な顔を見せてくれるんですね。
    ピアノの音色も幻想的な雰囲気をいやましていて、とても素敵です。

  • 匿名希望

    2020年05月07日 16時23分

    ほざんさんの映像を見てると心がきれいになります。花びらや虫や葉っぱ、空の色、雲、風に揺れる枝、美しく輝いて見えいとおしくなります。どうしてこんなに美しく見えるのかホントに不思議です。

  • 釘谷洋子

    2020年05月07日 17時31分

    朝の柔らかな光。朝靄に包まれた植物たちが目覚め始めます。雫を無数に纏って、キラキラと囁いています。「おはよう!」「おはよう!」みんなとても嬉しそう。しあわせな朝です。
    ミネさんのピアノと、あの朝靄の中にそっと包まれてみたいな、そう思いました。
    2分間に込められた朝の煌めき、ありがとうございました

  • ひろみ

    2020年05月07日 20時19分

    保山さんと川上ミネさんのファンです。
    お二人のコラボが素晴らしいです。
    コロナ疲れの今日この頃、保山さんの映像を見ると心がスーッと落ち着きます。

  • 青井三保子

    2020年05月07日 21時44分

    昨日も、今日も待ちぼうけ!
    少しでも大きな画面で見たくて・・・、結局は関西ブログで見せていただきました。
    草花に纏う雫、細やかなそして美しい映像に感動です。ありがとうございます。
    改めて、皆さんが大きな画面で見たいと、おっしゃる気持ちがわかりました。
    「やまとの季節 七十二候」
    途絶えることなく、これからもよろしくお願いします。
    そしてできることなら、関西一円での放送を、お願いします。

  • 2020年05月07日 21時55分

    『朝靄に雫 煌めく』
    保山さんは平城宮跡の朝靄が、近年激減しているとおっしゃっています。
    その幻想的で稀な自然現象を、今回見せてくださってすっかり魅了されました。
    朝靄は夜明けの草木やあざみの上にたなびき、水の玉をびっしり置いていく。
    ミネさんのピアノは、その綺麗な水の玉を煌めかせて。
    今週も有難うございました。
    奈良の自然を誰よりも大切に思われている保山さん。
    どうぞ全国への放映が叶いますように。

  • 田中弘子

    2020年05月07日 23時34分

    立夏ですね
    暦は夏になりました
    植物の葉の小さな水滴が宝石の様に輝いて…綺麗ですね

    朝靄の風景に思わず深呼吸
    早朝のみずみずしい空気を胸の奥に感じています
    ミネさんの優しいピアノの音色 保山さんの素晴らしい映像…
    季節の移ろいを こんなに美しく 懐かしく 切なく感じるなんて
    今 この瞬間 生きている事 生かされている事に感謝しながら
    やまと七十二候を何度も 繰り返し見せて頂いています
    今週も 素敵な映像をありがとうございました
    一人でも 多くの方々に この番組を見て頂けます様に…
    全国放送されます事を願っております
    どうぞ宜しくお願い致します

  • ためにしき

    2020年05月08日 09時05分

    輝く露も綺麗ですが、広角で撮られた景色も素敵です。ヒンヤリとした空気感が伝わってきます。特に48秒目ぐらいの映像が好きです。勿論奈良時代に生きたことはないのですが、奈良時代の景色を思い越させてくれそうな気がしました。

  • 神田雪子

    2020年05月08日 11時29分

    1300年前、朝露に脚を濡らしながら足早に仕事に向かう宮都人が思い起こされる映像ですね。変わり行くもの、変わらないもの…。
    美しい!。
    この一瞬を写し撮るためにどれほどの時間を費やすかと思うと、頭が下がります。感謝です。
    リアルタイムでは観れませんが、次のアップも楽しみにしています!

  • 佐々木美保子

    2020年05月08日 20時01分

    言葉では表わせない感動をいただきました。
     古の時から連綿と続く社会、文化、そして人々の日々の営み。奈良は私達日本人の心の故郷だと思っています。平城宮に朝霞がかかり、幻想的な景色に古代から今この時への時空を越えた繋がりを感じます。そして、朝日が反射して煌めく水滴に未来への希望を感じました。
    わずか2分足らずの映像で、こんなに心動かされ、満ち足りた思いになれるなんて、驚きです。
     やっぱり保山マジックは凄い!保山さんと川上ミネさんの世界は素晴らしいてす。
     気持ちが沈みがちな今この時、是非特集で全国向けで保山さんと川上ミネさんの世界を放送して下さい。お願いします。

  • 野尻恭子

    2020年05月08日 22時16分

    朝靄が立ち込めたあとに日が昇るとひんやりした朝露が草花に留まり大小たくさんの雫になって白く輝くのを見たことがあります。
    それは、条件が重ならないと見えない、草花の形をした立体の雫。初めてみた時は、これは何?というくらい美しいものでした。
    今回は平城宮あとに立ち込めた朝靄が作りだした奇跡のような雫。
    これもまた、見ようとしなければ、見えない。
    そして、日が高く昇れば消えてしまう、非常に短い時間の自然の芸術ですね。ミネさんの雫の煌めきを写し出すピアノの響きと保山さんの美しい映像のハーモニーが心を癒してくれます。
    関東でも見られるようになることを希望します。

  • 武田克美

    2020年05月09日 09時57分

    靄の中の幻想的な風景とキラキラ光る丸い滴
    ずっとずっと残しておきたい景色ですね^_^

  • Hisako

    2020年05月11日 22時25分

    京都から奈良に向かう車窓に平城京跡の景色が見えてくると、これから始まる旅の数日をどの様に過ごそうかと期待に胸が膨らみます。めったに見られない朝靄の景色を撮影するのに、いろいろご苦労があったと思います。朝日を受け輝く朝露ひとつひとつに、あたかも妖精が住んでいるようでじっと見いってしまいました。奈良の地でヨーロッパの童話の世界を見るなんて不思議です。

    3月11日放送の「二上山に日が落ちて」、折口信夫「死者の書」を読んでから再び拝見すると、夕日にいっそう物語の世界が投影され映像に深みを感じました。良い作品というのは、見るたびに感動があります。

  • kayuu

    2020年05月12日 00時36分

    なんて透明な作品なんでしょう。
    その上にピアノの音色が、爽やかな朝の滴ひとつひとつを、感じさせてくれます。平城宮跡ではこのような朝霧におおわれるのですね。素敵で不思議な場所ですね。見ていて、爽やかな朝に包まれました。
    研ぎすまされた内容のこのコーナー、毎週楽しみにしています。
    他地域のため、TVで見れないのはとても残念です。
    全国放送をお願い致します。

  • 久野幸信

    2020年05月13日 12時33分

    愛知県からコメントしています。先日、NHKで保山さんの映像詩3作品を見させていただきました。自然の美しさ、きらめきが豊かに表現されていて心洗われました。色、透明感、湿り気を感じさせてくれる映像と共に、川上ミネさんの心に染みこむ音楽に癒されました。ここで発信される短編も秀逸で、忙しい合間に見させていただくには最適ですね。以前もコメントしましたが、普段から見られる関西の方々を羨ましく思います。

  • 荒木礼子

    2020年05月14日 08時28分

    淡い朝の光の中、平城宮が靄から浮かびあがって見える…こんな夢のような瞬間が実際にあるのですね!
    今回も、やまと幻想、とでも呼びたくなるような風景が広がっていきなり物語の中へ引き込まれました。草の葉や野薊におく朝露の煌めきは本当に真珠か水晶に喩えたくなります。1つ1つの滴の中に、周囲の景色が映りこんで露にも命が宿っているかのよう。今週も万葉人にふと心が近づいた、そんな気がする二分間をプレゼントしていただきました。ありがとうございます。
    これから夏に向かっていく「やまとの季節七十二侯」、ますます応援しています❣️

  • 井元路子

    2020年05月14日 22時05分

    テレビの時間が変更になったので関西ブログで拝見致しました。どのシーンをとっても息を飲む美しさ!朝の散歩の時保山さんのような朝露が見えないか草を見つめる毎日です。無理を承知で。ありがとうございました。

  • 匿名希望

    2020年05月16日 02時52分

    保山さんのお写真とピアノの演奏二つが重なって生きる喜びや自然と共生することの素晴らしさを感じました。世の中全体が塞ぎ込んでる中で自分も少しばかりネガティブな気持ちが大きくなりつつありましたが心地よい風がスッと通った感じがします。