やまとの季節

2020年04月29日 (水)

やまとの季節 七十二候「祈りの藤が咲く」

「ならナビ」5月1日放送 

映像作家・保山耕一さんが、NHK奈良放送局「ならナビ」に、「やまとの季節 七十二候」をテーマとした極上の映像詩を届けてくれています。音楽は、スペインで活躍するピアニスト・川上ミネさんが、奈良で100年近くの時を刻んできたピアノで、オリジナル楽曲を奏でています。 


やまと七十二候「祈りの藤が咲く」 穀雨


保山耕一

世界遺産などの撮影で活躍してきたフリーTVカメラマン。「奈良には365の季節がある」をテーマに奈良県各地で、日々、奈良の空や光、花、月、社寺、などを撮影し、SNS発表・上映会を続けている。

川上ミネ

スペインと京都を拠点に活動しているピアニスト・作曲家。「ラジオ深夜便・ピアノが奏でる七十二候」、Eテレ「やまと尼寺精進日記」などの音楽を手がけている。昨年、春日大社奉納演奏会を機に保山氏と出会い、「こころの時代」でコラボレーション。2019年秋から「やまとの季節 七十二候」の新たな作曲・演奏をスタート。

奈良女子大学・100年ピアノ

創立110年を経た奈良女子大学記念館(重要文化財)の2階・講堂で静かな時を刻み続けている「百年ピアノ」。大学の前身である奈良女子高等師範学校の創立当時(明治42(1909)年授業開始)に購入され、戦後永らく倉庫に眠っていたもので、平成15(2003)年に学内で再発見。平成17年11月に無事修復を終えたピアノは、かつて置かれていた講堂に戻され、ふたたび美しい音色を奏でるようになりました。




 七十二候 について

七十二候(しちじゅうにこう)は、古代の中国で生まれました。立春、夏至、秋分…などで知られる二十四節気(にじゅうしせっき)を、さらに約5日ずつの3つに分けて、季節の移り変わりを感じる名前がつけられています。日本では、江戸時代の「本朝七十二候」、明治時代の「略本歴」など、いくつかの異なる七十二候が作られてきました。

「やまとの季節 七十二候」では、保山さんが記録してきた奈良県各地の映像から、いまの「やまと」の暮らしの中で、季節のうつろいを実感できる映像を選び出し、オリジナルの名前を添えて紹介しています。奈良を愛する方々に…これから奈良に出会うであろうすべての方々に…こころを込めてお届けしています。

 


【関連コンテンツ】

ラジオ深夜便【聴き逃し】発掘された千年のオカリナとピアノ 春日大社創建1250年

こころの時代 こころの時代~宗教・人生~ 命の輝きをうつす 

NHK World JAPAN Praying for Flowers, Praying for Life Hometown Stories


【お知らせ】みなさまから心のこもったコメント投稿を数多くいただき、誠にありがとうございます。担当者一同、こころの励みとさせていただいております。関西ブログの投稿管理は、新しい記事の準備~公開作業とあわせて行っております。原則的には「新記事公開日に、前週投稿いただいたコメントをまとめて公開する」という運用です。その週のうちに公開できることもあるのですが、普段はお待たせしてしまうことが多いかと思います。どうかご理解のうえ、新しい記事公開とあわせてお楽しみいただければ幸いです。今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

■ コメント(18)
  • 安藤憲一郎

    2020年04月29日 18時55分

    人がコロナウイルスで右往左往していても、春が来て桜が咲き初夏になって藤が咲く。太陽が昇らない日は無い。明日は必ずやってくる、明日を信じて頑張ろうと教えてくれているような映像ですね。
    また、花についた水滴や水鏡に映る藤が美しい。こんな綺麗な映像は是非全国の方に見せてあげて下さい。

  • 堀尾岳行

    2020年04月30日 09時35分

    春日さんの神紋は藤、朱塗りの社殿に映えて美しい、
    春日大社の藤は特に色合いが濃いようです。
    その藤の姿を様々な角度から撮られた映像は素晴らしい。
    川上ミネさんのピアノの旋律が一つ一つの花を表しているよう。
    季節の移ろいを丁寧に撮られた映像詩、保山耕一さんありがとうございます。
    全国で放送されることを期待しています。

  • 釘谷洋子

    2020年04月30日 18時52分

    神が宿る藤、神秘的な映像ですね。ひととき輝きを放つ花の色、神々しい瞬間。美しさに思わず手を合わせてしまいます。御蓋山には沢山の藤が自生していて、とても綺麗だと神社の方から伺いました。
    飛火野の藤も、今年は静かに咲いているのでしょうね。
    桜から藤へ移り変わり、季節の流れを感じさせて頂きました。保山さんの感性あふれる映像詩、多くの方の心を癒しています。全国にも、このような番組を待ってられる方が多勢おられると思います。

  • 坂井節子

    2020年04月30日 21時33分

    GW!初夏を迎える一歩前の季節。藤の花の下は観光客で賑わう人気のスポットと思いますが春日大社様の藤の周囲はあくまでも静かな佇まい。宮司様の所作からも微かな衣ずれの音が伝わってくるようです。夜半は雨だったのか木々の緑が一段と濃い色をしていますね。今まさに落ちんとする滴の美しさ 花の一片に留まる奇跡のような水滴の
    えも言われぬ美しさに 感動のあまりに言葉を失います。
    年月をかけて育った自然樹形の藤は森の一部となり 整然と花房の長さを揃える美しい藤棚はそれぞれの木々には精霊が宿り 川上ミネさんの奏でる音達♪♪と語らい合っているかのように聞こえてきます。二分に満たない映像で勿体ないと思いつつも 藤の季節を存分に感じさせて頂きました。まだ暫くの間 静かな祈りを続けたいと思います。

  • 2020年04月30日 22時40分

    『祈りの藤が咲く』
    藤の本来の美しさを知ることが出来たのは、保山さんの映像詩のおかげでした。
    春日大社・萬葉植物園を訪ね、圧倒されてしまいました。
    豊かで艶やかで香り高い。高い木の梢にまで紫の色が見られる。
    朱塗りの社殿に伸びて、寄り添う。  
    日本古来の雅を感じさせるのは、奈良の都の、象徴の花だからでしょうか。
    保山さんミネさん、今週もステキな映像詩をありがとうございました。
    今年も藤の開花を心待ちにしておりましたが...残念です。
    今後、映像詩を全国放送にしていただけますよう、よろしくお願いいたします。

  • S.A

    2020年05月01日 00時08分

    自ら光を宿しているような藤に、
    神聖、ということ思いました。
    祈りの場所。祈りの花。
    花は散り、時が来ればまた咲く。
    その繰り返し。その清浄。
    命もまた。

    心に神聖な場所を持っていたい。
    苦しみの時も、祈りを捧げることができるように。
    この藤は多くの人にとって、
    その入り口になると思います。

  • 松元智恵子

    2020年05月01日 07時29分

    神々の気配を感じ、思わず手を合わせていました。春日大社の藤は、気高く、清く、美しく、風に優しく揺れている。疫病に心まで汚されないよう神々に祈ります。ミネさんのピアノが力強く感じました。保山さんの映像詩に祈りが込められてて感謝します。全国に祈りを捧げる為に、また負の気持ちが、拡大しないよう是非全国ネットで放送下さい。

  • 青井 三保子

    2020年05月01日 19時27分

    水曜日、放送がなくってドキッとしました。
    今日、「やまとの季節 七十二候」見せて頂きました。春日さんの藤。季節になるとちゃんと花が咲いてくれる。その花の一番美しい時間に、撮影されると言う。季節になると、咲くのが当たり前、見たかったら出かければ見れる。そんな当たり前の日常がなくなってしまった。
    新型コロナ・・・。
    でも保山さんの映像で、今日も藤の花を見せて頂きました。
    もう少し、じっくりと味わいたいと思います。
    いつでも見ることのできた風景が、今は見ることができない。
    こんな時だからこそ、テレビの前で、この時を美しい映像をたっぷり味わいたいです。
    よろしくお願いします。

  • 佐々木美保子

    2020年05月01日 20時03分

    素晴らしい作品を配信してくださいまして、ありがとうございます。
    「祈りの藤が咲く」まさに今の時、心震える映像です。藤の花の神秘的な輝き、神様の色合いだと感じます。元々日本人は祈りを大切にして、神仏を敬い暮らしてきた民族です。今もこのように春日大社さんはじめ、各地で祈りが捧げられていると思うと、私達も耐えていこう、と思います。川上ミネさんの美しいメロディーにのせて保山さんの映像を見ていると、大きな安心感が湧き、穏やかになります。
    多くの方に見ていただけるよう、全国ネットでの放送をお願いします。

  • 本間悦子

    2020年05月02日 00時44分

    ざわついている心が、スーッとクリアになりました。来年こそは実物を見に行きたいです。
    もっと長く見ていたいです❗

  • 大浦なおみ

    2020年05月02日 09時26分

    いつもインターネット配信で拝見させて頂いています。
    保山さんの映像はとても繊細で、心が洗われます。
    また川上さんのピアノは映像とイメージがぴったり重なってとても素敵ですね!
    今は奈良には出かけられないですが、こんな素晴らしい映像を拝見出来る幸せに感謝しながら、日々を心静かに過ごしていきたいと思っております。

    このような上質な番組はぜひ、今後も続けて頂きたく思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

  • 綾部収治

    2020年05月02日 17時09分

    東山ブルーの喩えに対し、保山パープル。この青紫は、春日大社でなければ見れない砂ずりの藤の一瞬の輝きを、保山さんでなければ撮れない色合いであると思う。そしてこの藤の色合を引き立てている柱の朱、若葉の緑、浅黄色の袴、透明な水玉の輝き、まさに保山ワールドが織りなす素晴らしい映像誌である。
    東京でいつもネットで拝見しているが、テレビ放映で観たいものである。NHKのご配慮を期待します。

  • 田中弘子

    2020年05月03日 14時01分

    春日大社様の 千木よりも高く 杜に咲く藤の花
    参拝者の 祈りを そっと感じながら ただ その美しい花を風に揺らし
    優しい花の香りを 感じさせてくれる…
    大神様の 一番近くで 神慮を慰めながら 美しい花を咲かせ続け…
    どれだけの 年月を経ているのでしょうか?…
    その神々しい花の色は
    光によって深い青色に見えたり 紫色に見えたり 只々 美しく胸に迫ります
    ミネさんのピアノの音色 と 素晴らしい保山さんの映像に
    春日大社様の 深い静けさを感じています
    この様な美しい藤の季節に いつか…参拝させて頂けます様に…
    今週も
    素晴らしい映像をありがとうございました
    どうか全国でも放送して頂けます事を願っております

  • 荒木礼子

    2020年05月03日 14時18分

     保山さんの撮られた春日大社の藤の花の映像…実は夫婦して彼のファンになったきっかけなのですが、
    5月に入った今週の「やまとの季節七十二侯」についについに登場と相成りました!ありがとうございます。
     保山さんのカメラは格子の向こうに浮かぶ藤色の花影から社殿の屋根の千木に輝く朝の太陽へ。ピアノの荘厳な三連符を感じつつ見る初夏の春日大社のその朱の色と新緑のコントラスト。この清々しさはいったいどこからくるのでしょう?幾重にも重なって咲き誇る藤の花がいっそう神々しく感じられ、「さきみたま、くしみたま、まもりたまえ、さけはえたまえ」という神社にお参りする時の言葉が、それをはじめて教えてくれた祖母の優しさの記憶とともに心の中に浮かんでくるのでした。
     わずか二分足らずなのに、いつの間にか藤の花のfantasyの世界へ。ああ、あの花に会いに奈良に行きたいなぁと思わずにはいられません。
     奈良の魅力を世界中の人に発信できる「やまとの季節七十二侯」。NHK World JAPANで見られるようになっていますが、どうか是非全国版のNHKテレビで取り上げて欲しいと願っております。
     
     

  • 野尻恭子

    2020年05月03日 23時02分

    今年はコロナ禍の影響で奈良には行けませんが、いつもと同じように春日大社の藤が咲きましたね。
    神様のいらっしゃる御蓋山の入り口に野生の大きな藤が咲いている。私たちの祈りを聞き届けてくださっているのでしょうか?
    ミネさんのピアノの音色とみんなの祈りを聞いている藤が神様の御心に届いて、世の中がやがて平和に収まりますように。

  • Hisako

    2020年05月04日 17時58分

    春日大社は不思議な気で包まれているように感じます。初めて訪れた時、既に閉門近い時刻であったにもかかわらず、時間を忘れ安らかな気持ちで参拝しました。諦めていた今年の藤は七十二候で堪能し、来年に望みをつなぎます。特に今苦しい立場に置かれている皆様が、その時には何の心配もなく日常生活に戻られているようお祈りしています。
    春日大社の藤は好きな作品です。今回もありがとうございます。

  • 鈴木

    2020年05月07日 12時54分

    関東に住んでおりますので ここで保山さんの映像を 拝見するのが とても楽しみです。一つ一つに 物語があるようです。時に すごく小さな カエルや水滴にまで 愛らしさや 美しさを 見つけてくださる 保山さんのお心が 何よりも 胸にしみます。お身体、ご自愛いただいて 益々のご活躍をお祈りいたします。

  • kayu

    2020年05月07日 14時37分

    幻想的な藤の花。純粋で清らかで崇高な神の空間。
    短い短い時間に、ぎゅっと詰まっている。ミネさんの音色が、藤がしたたり、神の存在を感じさせてくれます。
    保山さんの藤は、右に出る者がいない。素晴らしいです。
    毎回、質の高い映像詩に堪能させていただいています。誰もTVで見れますように、全国放送をお願いします。