やまとの季節

2020年04月15日 (水)

やまとの季節 七十二候「春爛漫(らんまん)」

「ならナビ」4月15日放送 

映像作家・保山耕一さんが、NHK奈良放送局「ならナビ」に、「やまとの季節 七十二候」をテーマとした極上の映像詩を届けてくれています。音楽は、スペインで活躍するピアニスト・川上ミネさんが、奈良で100年近くの時を刻んできたピアノで、オリジナル楽曲を奏でています。 


やまと七十二候「春爛漫」 清明


保山耕一

世界遺産などの撮影で活躍してきたフリーTVカメラマン。「奈良には365の季節がある」をテーマに奈良県各地で、日々、奈良の空や光、花、月、社寺、などを撮影し、SNS発表・上映会を続けている。

川上ミネ

スペインと京都を拠点に活動しているピアニスト・作曲家。「ラジオ深夜便・ピアノが奏でる七十二候」、Eテレ「やまと尼寺精進日記」などの音楽を手がけている。昨年、春日大社奉納演奏会を機に保山氏と出会い、「こころの時代」でコラボレーション。2019年秋から「やまとの季節 七十二候」の新たな作曲・演奏をスタート。

奈良女子大学・100年ピアノ

創立110年を経た奈良女子大学記念館(重要文化財)の2階・講堂で静かな時を刻み続けている「百年ピアノ」。大学の前身である奈良女子高等師範学校の創立当時(明治42(1909)年授業開始)に購入され、戦後永らく倉庫に眠っていたもので、平成15(2003)年に学内で再発見。平成17年11月に無事修復を終えたピアノは、かつて置かれていた講堂に戻され、ふたたび美しい音色を奏でるようになりました。




 七十二候 について

七十二候(しちじゅうにこう)は、古代の中国で生まれました。立春、夏至、秋分…などで知られる二十四節気(にじゅうしせっき)を、さらに約5日ずつの3つに分けて、季節の移り変わりを感じる名前がつけられています。日本では、江戸時代の「本朝七十二候」、明治時代の「略本歴」など、いくつかの異なる七十二候が作られてきました。

「やまとの季節 七十二候」では、保山さんが記録してきた奈良県各地の映像から、いまの「やまと」の暮らしの中で、季節のうつろいを実感できる映像を選び出し、オリジナルの名前を添えて紹介しています。奈良を愛する方々に…これから奈良に出会うであろうすべての方々に…こころを込めてお届けしています。

 


【関連コンテンツ】

ラジオ深夜便【聴き逃し】発掘された千年のオカリナとピアノ 春日大社創建1250年

こころの時代 こころの時代~宗教・人生~ 命の輝きをうつす 

NHK World JAPAN Praying for Flowers, Praying for Life Hometown Stories


【お知らせ】みなさまから心のこもったコメント投稿を数多くいただき、誠にありがとうございます。担当者一同、こころの励みとさせていただいております。関西ブログの投稿管理は、新しい記事の準備~公開作業とあわせて行っております。原則的には「新記事公開日に、前週投稿いただいたコメントをまとめて公開する」という運用です。その週のうちに公開できることもあるのですが、普段はお待たせしてしまうことが多いかと思います。どうかご理解のうえ、新しい記事公開とあわせてお楽しみいただければ幸いです。今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

■ コメント(21)
  • 安藤憲一郎

    2020年04月15日 15時18分

    満開のレンゲ畑は圧巻ですね。まさに春爛漫の風景です。大阪市内在住なのでレンゲをほとんど見かけることができなくなりました。この番組で里山や田園地帯の自然が見られると心が安まり本当に癒されます。ぜひに大阪や全国でもパソコンでなく放送で見られるようにして下さい。

  • 堀尾岳行

    2020年04月15日 16時31分

    ピンク一面のレンゲ畑、かつては色々な所で見られましたが
    見なくなってしまいました。大和棟の民家にレンゲ畑、
    お寺の甍に菜の花の上をモンシロチョウが飛ぶ、
    明日香村には長閑な風景がまだ残っているのですね。
    川上ミネさんのピアノが春爛漫の風景を奏でています。
    今回も季節の移ろいを感じさせる映像詩、
    保山耕一さんありがとうございました。

  • 岡前佳津子

    2020年04月15日 18時33分

    レンゲ畑に爽やかな風が心地よく吹いていそう。
    毎週楽しみにしています。新型コロナ対応に心痛めている多くの方々に観て頂き、免疫力上げてもらえたらと思いました。私も福祉の仕事に関わる身として、ひと時の安らぎとなりました。来週も穏やかな心で観れますように。

  • 青井三保子

    2020年04月15日 19時14分

    毎週水曜日の楽しみ!18時30分にテレビの前に。
    画面一面に広がる、れんげ畑。
    息子たちが小さかった頃「お母さん、お花好きやろ!」と、れんげの花を手いっぱいにギュッと握ぎりしめ持って帰って来た。ずいぶんたくさん摘んで、しなっ〜となったれんげ草に子ども達の気持ちが嬉しく、ガラスのコップ入れるとシャンと生き返った。
    遠い昔を思い出させてくれた、保山耕一さんのれんげ草の花々。あたたかく、うれしい気持ちになった。
    独り占めではもったいない。
    近くでれんげ草が見れなくなったと便りをくれた神奈川県の友人。
    大和のこの美しさをみんなで味わえたら・・・
    日本中の人が観れたらいいな!と、いつも思います。
    今のこの時期、より心穏やかに、癒されるこの映像を!

    今日も素敵な映像をありがとうございました。

  • 井元路子

    2020年04月15日 19時40分

    最初のアップはれんげに付いた水滴だったんですね!ちょうちょが戯れ本当に幸せな気持ちになりました。ありがとうございました。全国放送していただければ娘も見れるのですが。よろしくお願いいたします。

  • 松元 智恵子

    2020年04月15日 19時53分

    やまとの季節 七十二候『春爛漫』遠い子供の頃には、田舎に行けば田んぼには、れんげの花が一面に咲いていた。れんげの蜜を吸ったり、花冠や首飾りを作ったりして遊んだ。今では、れんげ畑を見る事が無くなった。明日香村には懐かしいふるさとがある。れんげを揺らす風は優しく、穏やかで麗らかな優しさに包まれる。保山さんの暖かく優しい映像詩と川上ミネさんのピアノの音色に童心に戻りました。ありがとうございます♥️懐かしい風景を是非全国の皆さんにも見て頂きたいです。全国ネットで放送をお願いします。

  • matsumori

    2020年04月15日 20時21分

    きょうもテレビで直接映像を拝見することが出来ました。レンゲやタンポポさりげない風景、二上山の夕日こころを落ち着かせてくれる映像とピアノでした。保山さんはじめ、スタッフの皆ままありがとうございました。真夜中の吉野山の映像もビデオに撮って拝見できました。こうした状況下、奈良の良さ、日本の良さを伝えていただくことが大事ではないかと思いました。よろしくお願いします。ありがとうございました。

  • 荒木千笑子

    2020年04月15日 20時55分

    今週も素晴らしい映像ですね。れんげ畑が素晴らしい❗
    一輪の花が万華鏡のようです。
    タンポポの綿毛、今から飛んでいくよ!と命を繋いでいるんだなと思いました。
    明日香村を見せてもらって、嬉しかったです。

  • 木村ゆみ

    2020年04月15日 21時55分

    うららかな春の蓮華畑。
    わが家の隣はかつて田んぼで、春は蓮華畑でした。
    失くなって久しいですが、懐かしく思い出しました。

    保山さんの映像は、一気に人の心を美しい世界へ連れ去ってくれる、、、。新型コロナで疲弊した私達の気持ちを癒して、また明日頑張ろうという気持ちになります。
    テレビの大きな画面で観られることが嬉しいです。

    他県の方にも、是非。

  • 坂井節子

    2020年04月15日 22時12分

    うららかな明日香村の春 誰の心の中にもある(ような)幼い頃の小さな思い出。色とりどりの優しい空気に包まれた懐かしい香りのする風景です。市街地では決して観ることができない一面のレンゲ畑。濃淡のピンク色が可愛らしい!
    川上ミネさんののどやかなピアノの音に促され 蝶は遊び タンポポの綿毛は飛び立つ準備をする。それにしてもレンゲの複雑な美しさ、綿毛の輝く美しさには眼を見張ります。大和の七十二候がこれからもずっと続くことを願うと同時に関東圏でも放映して頂きたいと待ち望んでおります。

  • 匿名

    2020年04月15日 22時42分

    レンゲソウの花びらの水滴!
    こんな素敵な小さな春を見つけて撮ってくださって
    ありがたいです。
    自分では見つけられません^^
    小さな花が一面の野を春の色に染めている。
    蝶が戯れて、菜の花の色は濃く。
    屋根も五輪塔も古の気配がして、長閑。
    春が満ちた、と思います。

    穏やかな景色に慰められます。
    遠方のため、ネットですが、
    毎週楽しみにさせていただいております。

  • 釘谷洋子

    2020年04月15日 23時03分

    桜はもとより、レンゲの花咲くのどかな風景を、外出自粛のために今年は見る事を諦めました。あ〜奈良に行きたいなぁ、その思いが募ります。保山さんの映像がそんな気持ちに応えて下さいました。また来年、きっと穏やかな気持ちで花を見られる春が訪れると。
    当たり前に思っていた沢山の事、それを見直そうと思います。奈良の豊かな自然を、しっかり守らなけばいけませんね。
    蝶々が楽しげに舞うレンゲ畑、春爛漫をありがとうございました。

  • 田中弘子

    2020年04月15日 23時05分

    あれ?蓮の花びら?と思ったら 大好きなレンゲの花びらでした!
    のどかな 春の景色…
    懐かしい景色に 心癒されます
    私が子どもの頃は まだ家の回りにも レンゲ畑があって レンゲの花束を作ったり
    首飾りや冠を作って 遊びました…
    蝶々や 青虫 も 友だち…でした
    日がくれるまでレンゲ畑やキャベツ畑で
    遊んでいたことを 映像を見ながら思い出しました
    レンゲの花の香り 菜の花の香り… 春の風の香りを感じています
    保山さんの映像を見せて頂くと
    私たちの住む日本は こんなに美しいのだと 改めて感じるのです
    今 日本 そして世界中が 感染症で今までの生活が出来ない状況ですが
    こんな時だからこそ 心落ちつけて 奈良の季節の移ろいを感じる保山さんの素晴らしい映像を見て頂けたら…と思っております
    どうか 全国の皆さんにも
    見て頂けます様に…全国放送して頂けます事を願っております
    宜しくお願い致します

  • 荒木礼子

    2020年04月15日 23時20分

    やまとの季節七十二侯「春爛漫」
    レンゲ畑を最後に見たのはいつのことだったでしょうか…小さな花はよく見るとまるで万華鏡の中を覗いたように美しい形をしていますね!見慣れたタンポポの綿毛もこの時期だけの自然からの贈り物。七十二侯の映像を拝見するようになって、目からウロコがポロポロ落ちるように感じています。
    今はステイホームが何より大切な時ですが、だからこそ今週のやまとの季節の明日香村の小鳥達の鳴き声と溢れる春の光が心にいっそうしみました。
    ご紹介ありがとうございます

  • 島岡和代

    2020年04月15日 23時45分

    田んぼ一面のれんげ畑!今ではなかなか見られないです。れんげ畑に座り込んで花冠を作ったこと思い出しました。懐かしい風景がまだ残っていることが嬉しいです。蝶々がつがいで飛んでいる。命を感じました。保山さんの映像には花も虫も空も雲も全てに命を感じています。ミネさんの調べがそれらを誘っているかのよう。全国の皆様にも見ていただきたい奈良の懐かしい風景。全国放送にリクエストしたいです!

  • 大井泰子

    2020年04月16日 00時45分

    今回も素晴らしかったです。
    こんな美しいレンゲ畑がまだ残ってるんですね。
    やまとの季節七十二候、是非全国の皆様に見て欲しい❗
    川上ミネさんのピアノの演奏と映像。
    短い時間に凝縮された日本の季節のうつろい。
    是非全国放送によろしくお願いいたします。

  • 荒木良二

    2020年04月16日 06時18分

    保山さんと川上さんのコラボは映像の中にランデブーしていたモンシロチョウのようで、素晴らしい。どちらもお互いを高めて映像を観る人の心を打ちます。全国のコロナで鬱鬱としている人々にこの感動を全国版で放映していただきたいものです!

  • 2020年04月16日 17時04分

    『春 爛漫』
    明日香村は原風景が広がり、懐かしさと寂しさが心地よい。古えに心馳せたり、大和三山を眺めたりして、心の洗濯が出来る、姉は退屈だといいますが。
    まさにー先人達からのーずっと残したい風景、全国放送をどうぞお願いいたします。

  • 野尻恭子

    2020年04月17日 20時48分

    子どもの頃は当たり前にあったれんげ畑。今は探してもどこにも見当たりません。
    そんなとき、保山さんが明日香村に守られているピンクのれんげ畑を見せてくださり、どれだけ懐かしかったか⁉️
    清明の頃、日の光はすっかり強くなり、輝くようです。
    田舎の亡くなった祖母の畑が思い出され、子どもの頃の幸せな記憶まで思い起こされました。
    ミネさんの穏やかな音楽がホッとさせてくれます。
    いまのこの状況で心が落ち着くのはこんな番組です。

    個人に凄く好きな八釣の里にもれんげが咲いて、うれしくなりました。
    日本人の原風景を関東でも見られるようになると嬉しいです。
    よろしくお願いいたします。

  • 佐々木美保子

    2020年04月17日 22時40分

    一面ピンクの美しいレンゲ畑、かわいい菜の花畑で飛び交うモンシロチョウたち、遠くでは小鳥のさえずりが聞こえ、これぞ日本の春!!幼い頃を思い出し、懐かしくて嬉しくて画面に釘付けになりました。
    社会がどのような状況であっても、自然は淡々と毎年同じように季節の役割を演じ、私達に素晴らしい風景、プレゼントを与えてくれる。でも、当たり前、いつもと同じというのは本当は奇跡のように素晴らしい事なのだ、という事を改めて気づきました。物資社会の中でいつしか忘れられていた自然への感謝、神仏への畏敬の念を思い出し、物の豊かさから心の豊かさを求める社会になってほしい、いえ一人一人が目覚めれば必ずそのような社会になっていく、とこの番組を見ながら思いました。
    保山さんの川上ミネさんが醸し出す映像の世界は、これからの私達が目指す心豊かな世界へと繋がっていきます。不安や閉塞感に満ちた今の社会の希望です。私達が希望を持っていれば、必ず次のコロナ後の社会は希望に満ちたものになります。
    どうぞ、この番組を、また他の保山さんの作品を全国に放送していただけますように、心よりお願い申し上げます。

  • Hisako

    2020年04月21日 18時50分

    色彩がとてもきれい。修学旅行で明日香を訪れた時は12月、茶色の景色でした。でも冬の景色も良かった。保山さんが撮影してくださる四季に、日本に生まれた幸せを感じます。いつもありがとうございます。