やまとの季節

2020年03月18日 (水)

やまとの季節 七十二候「桜咲く」

「ならナビ」3月18日放送 

映像作家・保山耕一さんが、NHK奈良放送局「ならナビ」に、「やまとの季節 七十二候」をテーマとした極上の映像詩を届けてくれています。音楽は、スペインで活躍するピアニスト・川上ミネさんが、奈良で100年近くの時を刻んできたピアノで、オリジナル楽曲を奏でています。 


やまと七十二候「桜咲く」 啓蟄


保山耕一

世界遺産などの撮影で活躍してきたフリーTVカメラマン。「奈良には365の季節がある」をテーマに奈良県各地で、日々、奈良の空や光、花、月、社寺、などを撮影し、SNS発表・上映会を続けている。

川上ミネ

スペインと京都を拠点に活動しているピアニスト・作曲家。「ラジオ深夜便・ピアノが奏でる七十二候」、Eテレ「やまと尼寺精進日記」などの音楽を手がけている。昨年、春日大社奉納演奏会を機に保山氏と出会い、「こころの時代」でコラボレーション。2019年秋から「やまとの季節 七十二候」の新たな作曲・演奏をスタート。

奈良女子大学・100年ピアノ

創立110年を経た奈良女子大学記念館(重要文化財)の2階・講堂で静かな時を刻み続けている「百年ピアノ」。大学の前身である奈良女子高等師範学校の創立当時(明治42(1909)年授業開始)に購入され、戦後永らく倉庫に眠っていたもので、平成15(2003)年に学内で再発見。平成17年11月に無事修復を終えたピアノは、かつて置かれていた講堂に戻され、ふたたび美しい音色を奏でるようになりました。




 

七十二候 について

七十二候(しちじゅうにこう)は、古代の中国で生まれました。立春、夏至、秋分…などで知られる二十四節気(にじゅうしせっき)を、さらに約5日ずつの3つに分けて、季節の移り変わりを感じる名前がつけられています。日本では、江戸時代の「本朝七十二候」、明治時代の「略本歴」など、いくつかの異なる七十二候が作られてきました。

「やまとの季節 七十二候」では、保山さんが記録してきた奈良県各地の映像から、いまの「やまと」の暮らしの中で、季節のうつろいを実感できる映像を選び出し、オリジナルの名前を添えて紹介しています。奈良を愛する方々に…これから奈良に出会うであろうすべての方々に…こころを込めてお届けしています。

 


【関連コンテンツ】

ラジオ深夜便【聴き逃し】発掘された千年のオカリナとピアノ 春日大社創建1250年

こころの時代 こころの時代~宗教・人生~ 命の輝きをうつす 

NHK World JAPAN Praying for Flowers, Praying for Life Hometown Stories


【お知らせ】みなさまから心のこもったコメント投稿を数多くいただき、誠にありがとうございます。担当者一同、こころの励みとさせていただいております。関西ブログの投稿管理は、新しい記事の準備~公開作業とあわせて行っております。原則的には「新記事公開日に、前週投稿いただいたコメントをまとめて公開する」という運用です。その週のうちに公開できることもあるのですが、普段はお待たせしてしまうことが多いかと思います。どうかご理解のうえ、新しい記事公開とあわせてお楽しみいただければ幸いです。今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

■ コメント(20)
  • 堀尾岳行

    2020年03月18日 14時04分

    鹿が鳴き、東大寺の大仏殿に虹が掛かる夕暮れ時、咲いた桜の姿が夕日にきらめく。
    鵜が大仏池に潜り一輪の桜花が流れに遊び山雀が枝先から飛び立つ、
    動きのカットが良い。大仏殿の鴟尾に夕日が沈む、これぞ奈良の夕景ですね。
    保山耕一さんの映像と川上ミネさんのピアノが夕暮れの様子を奏でて、
    今回も素晴らしい映像詩ありがとうございました。
    NHK WORLD JAPANでの紹介ありがとうございます。

  • 大井泰子

    2020年03月18日 15時56分

    二分九秒に凝縮された桜

  • 安藤憲一郎

    2020年03月18日 19時01分

    ただただ賑やかな桜の映像と違って保山さんの桜はとっても優しくて趣があります。また、桜を引き立たせる光の使い方が素敵です。どの場面でもどこかにスポットライトが当たっているように感じられます。たおやかな奈良の桜を、72候を是非全国の方に見せてください。

  • 永井有子

    2020年03月18日 19時19分

    「桜咲く」を拝見しました。

    映像の初めで虹を見たとき、この世界的な危機にも
    いつか終わりは来ると希望を感じました。

    桜がほころぶ、輝く夕陽が沈む、変わらない自然の営みが
    きっと人々の心を癒してくれると思います。

    幸い奈良では今のところ感染は広まっておりません。
    この奈良の神聖な映像は、奈良以外の地域の方々にこそ、
    届けられるべきではないでしょうか?

    人々の心の不安を和らげることができるこの映像を、
    今こそ全国の方々に届けて頂きますよう、切にお願いいたします。

  • 青井三保子

    2020年03月18日 19時30分

    毎週水曜日を楽しみに視聴させて頂いています。
    今日の桜、哀しいくらい美しい!!
    桜が語りかけてくるのです。
    保山さんの映像と川上ミネさんのピアノから
    あたたかいものが伝わってくる!
    奈良の桜、最高です。
    みんなに知ってもらいたい、
    感じてもらいたい!
    奈良の桜を、
    奈良の保山耕一さんを!
    よりたくさんの人たちに!
    より広い範囲での放送をお願いします。

  • 野尻恭子

    2020年03月18日 20時46分

    今年は例年より早く桜の季節がやってきました。
    今年もまた、桜を見ることが出来て本当に嬉しく思います。
    桜の映像というと、満開の桜が青空に咲き誇る様子を思いますが、
    保山さんの72候の桜はちょっと違う。
    一輪の桜を主人公にして、桜の花の旅路を追っているかのようです。
    桜はなぜ、散らずして流れに翻弄される運命になったのか。
    それは、ある1日。
    雨上がりなのか、くっきりと虹がかかる空の桜の色から、夕日を逆光にした桜の色まで、桜の人生の場面ごとに桜の表情まで違います。
    ある、一輪の桜の人生。
    最後は翻弄されることなく水に浮かび、きっと、楽になって、何を思って射るのでしょうか?

    たった2分の映像から物語を感じとることが出来る保山耕一さんは稀有な方だと思っています。
    関東の視聴者にも保山さんを知って欲しい。
    全国放送をお願いいたします。

  • 釘谷洋子

    2020年03月18日 21時02分

    ただ、ただ、清楚で、美しくて…
    心を持っていかれてしまった。

  • 坂井 節子

    2020年03月18日 21時42分

    あっ!今日は鹿さんの鳴き声を合図にスタートですね。雨上がりでしょうか。ちょうど
    虹も出て何か良いことが起こりそうな予感がします。
    桜の色はあるやなしやの色合い。日本人の感性に響く控えめな上品さが漂い、保山さんの映像を通すとさらに美しさが倍増するように思います。PCで拝見しましたが32秒56秒
    1:02 1:21 あァキリが無い。何度も止めて見入ってしまいました。水面に遊ぶただ一輪の桜も保山さんは見逃しませんね。オレンジの輝きは太陽の下降による水面の反射ですか? とても不思議な輝きに見え、ただ見入るばかり。本日の川上ミネさんは明るく華やかな音を奏でられ幸せな気分になりました。素敵な映像を本日も楽しませて頂き有難うございます。願わくば関東圏でも放映して頂けたらと願わずにはいられません。

  • 田中弘子

    2020年03月18日 23時13分

    空に七色の虹の橋がかかると
    幸せな気持ちになります…
    虹を見つけた時には…虹が消えるまでずっと見ていたくなります…
    保山さんの素敵な映像に…幸せな気持ちに満たされました
    桜の花の…透き通る様な 柔らかい花びらが
    優しく…春の訪れを教えてくれているのですね
    一輪 一輪の花が精一杯咲いていて 一輪 一輪が輝いていて
    夕日の中で咲く 桜の花は 少し切なく感じたりしました
    こんなに 優しい色で咲いているのだと…
    私の眼では見えないところまで
    保山さんの素晴らしい映像を通して見せて頂き…感動しています
    ミネさんのピアノの音色と保山さんの映像…が紡がれて
    生命の耀きの詩になって…心の奥に響いてきます
    上手く言葉に表せないのですが…
    是非とも 全国の方々に
    この素晴らしい映像を… やまと七十二候を見て頂ける事を願っております
    どうぞ宜しくお願い致します

  • matsumori

    2020年03月18日 23時18分

    大仏殿に虹がかかり桜が咲いて素晴らしい夕暮れですね。ピアノの響きも良いですね。

  • J hunter

    2020年03月19日 00時45分

    Another beautiful Video! When viewing Mr. Koichi Hozan's video's you can feel he puts his whole heart and soul into his work.

  • 綾部収治

    2020年03月19日 01時53分

    東大寺二月堂での修二会が終わり、桜が咲き始める。
    この当たり前のように繰り返し行われる行と自然の摂理が今も奈良には残されている。保山さんはいつもこうした素晴らしい奈良がある事を、自らの身を削りなが伝えてくれて感謝しています。今回の夕日と桜、感動の映像でした。この感動の映像を是非とも全国の皆さんにも届けていただきたいと願っています。

  • 武田和子

    2020年03月19日 12時13分

    春の訪れがはっきりと感じられる季節になりました。
    東大寺さんの鹿の鳴き声から始まる今週の映像はとても静の美。
    昨今の閉塞感漂う毎日。奈良に行きたい気持ちが募るばかりです。
    今回もやまとの季節七十二候の映像で自然の美しさに癒されました。
    いつもありがとうございます。
    心より感謝しています。

  • 佐々木美保子

    2020年03月20日 21時57分

     今回も心を打つ素晴らしい作品をありがとうございます。 虹に希望の光を、桜に春の喜びを、そして沈みゆく美しい夕陽に宇宙からの大きな愛、癒やしをいただき、とても満ち足りた気持ちになりました。心の清涼剤をいただいたような気分で、気持ちが明るくなります。
     今の社会状況では、気持ちを前向きに明るく持つことがとても重要です。
     川上ミネさんの澄んだきれいなメロディにのせてながれる保山さんの映像は、今の私達には多くの前向きなエネルギーを与えてくださいます。このような時だからこそ、よけいに多くの方にこの番組を見ていただきたいです。
     どうぞ、広い範囲での放送をお願い申し上げます。
     

  • 2020年03月23日 22時55分

    『桜 咲く』
    鹿や鳥達も春を待っていました。虹が歓迎してくれています。
    桜花は小鳥が蜜を吸ったのか寒さのせいか、小川に落ちクルクル回る、春の喜びに満ちて。
    沈み行く夕日に照された桜は明日への希望です。
    今は家に籠ることが多く、保山さんの映像詩が清涼剤。全国の皆様にもこの癒しをお送りしたいです。
    よろしくお願いいたします。

  • 荒木礼子

    2020年03月24日 13時30分

    やまとの季節七十二侯、桜咲く。
    ほんの少し前まで凍えるほどに冷たかった保山さんの水。今週はミネさんのピアノがすっかり温くなった春の水を余すところなく表現しておられるように感じました。
     カワウの周りに拡がる水の波紋。桜の花を浮かべてくるくると遊ぶ流れ。桜の枝ごしに輝く水面はゆっくりと沈んでいく夕日を映して長閑な春の風を頬に感じたような錯覚を。映像をそのまま音に翻訳(前にミネさんがご自分でそう仰っていましたよね!)、まさに翻訳!言い得て妙!などと勝手に思いながら楽しませて頂きました。
    奈良には本当に春が似合いますね…
    これから始まる春の侯、お二人の魔法をますます楽しみにしています。

  • 遠藤小夜子

    2020年03月25日 11時32分

    初めてメールをします。北海道に住んでいます、素晴らしい映像、ピアノの旋律にいつも、感動し、心が洗われる思いです
    残念なのがパソコンで見るので本来の美しい映像を味わっていないように思えます
    是非お願いです、全国版で 地上でも放送をしてください

    長くそちらでの放送を願っています

  • S.A

    2020年03月25日 12時25分

    虹のかかる大仏殿。
    鹿の声。

    花の姿のまま水面に浮かぶ桜。
    金色の輝きの中の桜。
    沈む陽。
    穏やかで、やわらかな、もの想いのようです。

    山彦の 相響むまで 妻恋ひに ・・・・。万葉集の歌を思い出しました。

    いつも楽しみにしています。
    全国放送していただけたら、きっと沢山の方の心を和らげて
    苦しい時期を乗り越える助けになると思います。

  • 井元路子

    2020年03月25日 16時15分

    今回も素晴らしく趣きのある映像でした。最後に写された一凛の水に浮かぶ桜、風の谷のナウシカのラストシーンの腐海の中から芽を出した双葉が目の前にうかびました。ありがとうございました。

  • 朝陽 志太 美代子

    2020年03月26日 23時41分

    一味違う 保山さんと川上ミネさんの 桜の風景見れて良かったです。 又BSで 放送されるようで 嬉しく思ってます。 関西ブログの皆様ありがとうございます。