やまとの季節

2019年12月18日 (水)

やまとの季節 七十二候「飛火野 始めて凍る」

「ならナビ」12月18日放送 

映像作家・保山耕一さんが、NHK奈良放送局「ならナビ」に、「やまとの季節 七十二候」をテーマとした極上の映像詩を届けてくれています。音楽は、スペインで活躍するピアニスト・川上ミネさんが、奈良で100年近くの時を刻んできたピアノで、オリジナル楽曲を奏でています。 


やまと七十二候「飛火野 始めて凍る」 大雪


保山耕一

TBS世界遺産などで活躍してきたフリーTVカメラマン。6年前、がん余命宣告を受け、治療中に「奈良には365の季節がある」をテーマに奈良県各地の撮影を始める。日々、奈良の空や光、花、月、寺、などを撮影し、SNS発表・上映会を続けている。

川上ミネ

スペインと京都を拠点に活動しているピアニスト・作曲家。「ラジオ深夜便・ピアノが奏でる七十二候」、Eテレ「やまと尼寺精進日記」などの音楽を手がけている。昨年、春日大社奉納演奏会を機に保山氏と出会い、「こころの時代」でコラボレーション。この秋、「やまとの季節 七十二候」の新たな作曲・演奏をスタート。

奈良ホテル・100年ピアノ

1922年、スタインウェイ社のハンブルグ工場(ドイツ)で製造。1926年、奈良ホテルの調度品として鉄道省によって購入された。 



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

やまと七十二候

「飛火野 始めて凍る」

保山耕一

初霜が降りるのは11月の終わりから12月の初旬です。自分の中で、一番美しい霜の風景の場所は飛火野です。

 冬の間何回か、霜、というよりは「凍る」という言葉がふさわしい朝があります。飛火野 全部が霜に覆われて真っ白、芝も水たまりもカチンコチンに凍ってしまう。そんな時を、 私は「白い飛火野」と呼んでいます。この光景を「やまとの季節 七十二候」に入れました。

白い飛火野は、霜が朝日で溶けて、水蒸気になり、天に昇っていく、じつに一瞬の光景です。そこでは、水のサイクルを感じるし、鹿も毎朝同じようにやって来て霜がついた草を食べる姿を見せてくれます。

 なぜすべてが凍ってしまうのか。飛火野は常に水が潤している場所だからです。御蓋山 (みかさやま)を源流とする御手洗川(みたらしがわ)が、春日大社の森を抜けて飛火野の芝地へと流れていく。このことにより、土地に水が蓄えられ、飛火野全体が潤っている のです。芝の表面に触れると分かるのですが、たとえ夏場でも乾燥していることはありません。ところが最近、御手洗川の水量が極端に減っていることに気がつきました。もしかしたら、この冬は飛火野がすべて凍りつく風景は見られないかもしれません。

 霜とは儚(はかな)いもので、朝日に照ら されるとあっという間に消えてしまいます。 霜が太陽に当たって水滴になった時、よく見ると、水の粒一つ一つに色が宿っているのが 分かります。赤、青、黄色、黄緑、水色、オレンジ、紫。キラキラと七色の光を放ちなが ら消えていく。なんて美しいんかなと思う。撮るのが難しいショットで、ワンカットだけ 入れました。

 (聞き書き 伊藤享子)

 


七十二候 について

七十二候(しちじゅうにこう)は、古代の中国で生まれました。立春、夏至、秋分…などで知られる二十四節気(にじゅうしせっき)を、さらに約5日ずつの3つに分けて、季節の移り変わりを感じる名前がつけられています。日本では、江戸時代の「本朝七十二候」、明治時代の「略本歴」など、いくつかの異なる七十二候が作られてきました。

「やまとの季節 七十二候」では、保山さんが記録してきた奈良県各地の映像から、いまの「やまと」の暮らしの中で、季節のうつろいを実感できる映像を選び出し、オリジナルの名前を添えて紹介しています。奈良を愛する方々に…これから奈良に出会うであろうすべての方々に…こころを込めてお届けしています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 


【関連コンテンツ】

ラジオ深夜便【聴き逃し】発掘された千年のオカリナとピアノ 春日大社創建1250年

こころの時代 こころの時代~宗教・人生~ 命の輝きをうつす 

地域特集 花に祈り、命を祈る ~奈良~ 映像作家・保山耕一

NHK World JAPAN Praying for Flowers, Praying for Life Hometown Stories


【お知らせ】みなさまから心のこもったコメント投稿を数多くいただき、誠にありがとうございます。担当者一同、こころの励みとさせていただいております。関西ブログの投稿管理は、新しい記事の準備~公開作業とあわせて行っております。原則的には「新記事公開日に、前週投稿いただいたコメントをまとめて公開する」という運用です。その週のうちに公開できることもあるのですが、普段はお待たせしてしまうことが多いかと思います。どうかご理解のうえ、新しい記事公開とあわせてお楽しみいただければ幸いです。今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

■ コメント(23)
  • 堀尾岳行

    2019年12月18日 14時45分

    飛火野が白くなるほど降りた霜、早朝のはかない造形です、
    朝日に照らされてキラキラと輝いたと思ったら一瞬で解けて消えてしまう。
    その一瞬をとらえた映像は保山耕一さんの感性の表現でしょうか、
    川上ミネさんもキラキラと輝く様子をピアノで奏でておられます。
    今回も素晴らしい映像詩ありがとうございます。次回も期待しております。
    ブログだけでは無くTVでオンエアされた映像を見たいものです、宜しくお願い致します。

  • 安藤憲一郎

    2019年12月18日 14時52分

    今回も大変素晴らしい映像で家内と二人で見入ってしまいました。映像とピアノの演奏が呼吸をしているみたいに自然に身体の中に入ってきました。特に朝日に反射して光る霜をピントをずらせて柔らかく変えていくところには感動しました。季節感溢れる初霜というどこにでもある日常の様子をこれほど綺麗に、また奥深く映像にあらわしている番組は奈良だけの放送ではもったいないです。関西全域、いや全国放送を希望します。

  • 武田和子

    2019年12月18日 18時04分

    飛火野にうっすらと白く初霜が降りて、なんと可憐で美しいことでしょう。
    やがて朝日が昇り消えていく。
    まるで儚い夢のようです。

    奈良の飛火野の風景に癒され、現在もこうして残っている事が本当に良かったと心より思います。

    奈良が大好きな私にとっても飛火野の四季折々の表情を遠くからでもブログを通して観ることができてとても幸せです。

    上質な映像と心地よいピアノの音色、「やまとの季節 七十二候」をこうして放送して下さり心より感謝しています。

    いずれテレビの画面で迫力の自然の息吹を拝見できることを願っています。

  • 武田克美

    2019年12月18日 18時58分

    飛火野の早朝の景色ですね
    日がさして氷が溶ける映像素晴らしかったです^_^

  • 永井有子

    2019年12月18日 19時16分

    今夜もやまとの季節、七十二候を拝見しました。
    霜が降りる春日大社飛火野。繊細な氷の結晶は、
    まるで水晶の絨毯のよう。
    ピアノの音色と共に、清らかな光を放って揺れる美しさに圧倒されます。

    露が凍るとはこんなに美しい変幻なのですね。
    人間の目では捉えられない自然の素晴らしさに、ただ驚嘆します。

    貴重な映像と音楽をありがとうございます。

  • 澤井由美子

    2019年12月18日 19時34分

    いつも楽しむ見せていただいております。有難うございます。
    大好きな奈良の煌めく一瞬を的確にとらえて見せてくださる保山さん。落ち葉や霜が命の煌めきを見せてくれていましたね。一音一音が輝いている川上さんの音色も素敵。いつも心が震えます。
    もう少し長く見せていただきたい!大阪でもテレビで見たい!という希望もありますが、このコーナーをこれからもぜひ続けていただきたい!これが一番の願いです。
    これからもよろしくお願いいたします。

  • ふく

    2019年12月18日 20時27分

    輝く霜が宝石のようで、宮沢賢治の「十力の金剛石」のイメージを起想しました。万物には仏心が宿っている…強くそう思いました。チャイを用意して楽しみに再生しましたが、やはり尺が短すぎ、ゆっくり鑑賞する感じではありませんでした。ぜひぜひ、もう少し長い尺で提供していただけると嬉しいです。また、当方千葉ですか、こちらでもTVの画面でみたいです。よろしくお願いします。

  • 野尻恭子

    2019年12月18日 21時29分

    飛火野はじめて凍る
    飛火野に真っ白に霜が降り、足を踏み入れるのも憚れるほど別世界になりましたね
    そこへ鹿がやってきて息のかかった所だけとける
    やがて日が登り徐々に霜が溶けていく様がはっきりと見てとれる
    冬の訪れをこれほど美しく届けて下さってありがとうございます
    冬の朝は寒くて苦手だけれど、冬はやはり朝が一番美しいのだなぁとしみじみ思いました
    関東のファンです。
    ぜひとも、この映像をテレビで見られるようにして下さい。
    全国放送を希望します。

  • 島岡和代

    2019年12月18日 21時38分

    12/18 やまとの季節七十ニ候「飛火野 初めて凍る」拝見しました。飛火野のキラキラ朝日に七色に輝く霜。そして、朝日の微かな光の中に倒れていく霜。この映像を初めて見た時の衝撃が忘れられない。お日様が当たってあおるところから順に霜が溶けていくのです。湯気が立ち上がる飛火野。鹿の背中からも湯気が…ミネさんの優しいピアノと霜の輝きが合わさって綺麗すぎる❗奈良の人だけで見るのは勿体ない❗是非、全国での放送を❗遠方の友だちにも見せてあげたい。リクエストします❗

  • 2019年12月18日 23時00分

    やまとの季節72候、毎週関西ブログで、必ず見ております。 飛火野にも厳しい冬がやって来ました。地表に霜が降り、氷の結晶がキラキラ、ダイヤモンドみたい。朝日に照らされ少しずつとけていくのは、鹿の足が冷たくないのと、保山さんの撮影終了だろうなと、ホッとしました。川上ミネさんは霜の冷たさを、ピアノで伝えてくださいました。どうぞこの番組を関西圏放送に、全国放送にお願いいたします。

  • 井元路子

    2019年12月18日 23時12分

    登ってくるお日様で霜の粒が虹色にきらきら輝きお日様が高くなってくると槍のような霜が溶けていく。一分半ちょっとにすごいドラマが!心が震えました。ありがとうございました。本当に全国の方々にも見ていただけるようにお願い致します。

  • 釘谷洋子

    2019年12月19日 00時40分

    通い慣れた飛火野に、キラキラ光る冬の訪れ。
    草木も、土も、空気までも、輝く衣装をまとっています。冬の序章ですね❄️
    先日の、「ぐるっと関西おひるまえ」で「茶の花 ひらく」を見ました。テレビの大きな画面の映像は、やっぱり良いですね。離れて住んでいる86歳の母も「保山さんの映像、テレビで観れた」と喜んでいました。
    関西圏で放送をお願い出来たら、録画も出来て嬉しいなと思っています。

  • 荒木礼子

    2019年12月19日 00時53分

    今週は美しい冬の始まりの映像、ありがとうございます。
    霜が真っ白におりた飛火野。鳥も鹿達もこの厳しい寒さの中でこれから始まる冬を乗り越えていくのですね。山の端に顔を出した太陽の眩しさ。やまとの自然の神々しい美しさにただただ胸を打たれます。
    テレビでは毎日目を覆いたくなるような悲惨なニュースが流れます。報道しないわけにはいかないでしょうが、視聴者が今、本当に必要としているのは気持ちのバランスをとるための心が思わず深呼吸したくなるような静かで力のある映像ではないかと思います。どうかこの「やまとの季節」をもっと広い地域で放送してくださいませんか?奈良以外の人にもどうか見せて欲しい。無意識のうちにみんな求めているんだと思います。

  • 長尾 美和子

    2019年12月19日 07時01分

    夜中に冷え込み霜がおりる。当たり前の風景なのに…飛火野では凛とした空気が流れていますね。太陽が登り、凍ったものが溶ける。まるで命がふき返ったように…命の尊さを想う。とても素晴らしい映像をありがとうございます。全国の方にこの映像を見ていただきたいと願います。

  • 坂井 節子

    2019年12月19日 07時41分

    毎週楽しみにしている大和の季節七十二候 
    「飛火野 始めて凍る」いよいよ冬がやって来ましたね。

    色の無い世界 大気がキーンとはってるような清々しさ。氷の粒が一粒々輝いていますね。氷の世界はこんなにもきれいなんですね。あたたかな朝日は霜をとかし一日の希望を感じます。今日もみんなにとって穏やかでいい一日になりますように!

  • 芦田とし子

    2019年12月19日 09時26分

    保山耕一さんの撮られる映像の大ファンです。下は地面 上は雲、月。そして
    花の命。見入ってしまいます。

  • たえこ

    2019年12月19日 11時57分

    鹿の親子のいた飛火野、365通りの絵があるんだなぁ…見入りました。
    レースで縁取ったような霜、はっとする美しさですね。最後、揺れながら消えていく映像、一瞬も目が離せない気持ちが伝わります。私も同じ思い出があります。携帯カメラですが…。這いつくばるようにして撮られた映像をもっと長く見ていたいです。

  • 田中弘子

    2019年12月19日 12時48分

    三重から
    関西ブログを毎週 楽しみに見させて頂いております
    やまと七十二候… 一面に霜がおりた凛とした冬の景色に
    気持ちが引き締まる様です
    保山さんの素晴らしい映像から 冷たい朝の空気感が伝わってきます
    霜がキラキラと輝く様子 霜ばしらが輝いて生きものの様に…溶けていく様子は 物語をみている様な感覚になります
    冬の夜明け前の 太陽が登る時の 素晴らしい瞬間ですね✨
    太陽の光の暖かさまで 感じました
    保山さんの素晴らしい映像を全国の方々にも見て頂けます様に…
    全国放送して頂けたらと願っております

  • 吉田加代子

    2019年12月19日 13時20分

    朝、霜が降りるとこんなに真っ白になるんですね。
    ごく近くで見ると細い細い水晶の山!それがとてもきれい。太陽が昇ると、それがウエーブのように倒れて解けていく。
    自分の目で見たことのない驚きの光景です。
    それから、色とりどりの小さな丸い光。幻想的でわくわくします。
    今回もピアノは、映像を支えるように演奏されていて、さすがミネさん、と感心しました。

  • 青井三保子

    2019年12月19日 22時33分

    美しい!
    霜が輝いて冷たさが・・・
    まるで自分がそこに一緒に立っているような。
    鹿さんの息づかい、温もりが・・・
    保山さんならではの映像に、毎回ときめきます。
    川上ミネさんの演奏とともに心震えるひととき!
    ありがとうございます。
    より多くの方に見て頂きたく思います。
    全国放送になることを希望します。

  • 佐々木美保子

    2019年12月19日 22時55分

    空がうっすらと明るくなり始めた飛火野、地面は霜がおりて白の世界。鹿の息も白く静寂の世界にまず惹き付けられます。そして、太陽が山の端から顔をだすと、明るい光に包まれて、世界は一変します。普段何気なく見ている太陽の暖かさ、エネルギーの強さを改めて感じ、その恩恵を受けていることに感謝の念が湧いてきます。
    私達のいるこの世界は本当に美しい、愛に溢れている、保山さんの映像を見せていただくたびにそう思い、心洗われる思いがします。
    ミネさんのピアノの音色もキラキラ輝き、感動がより深いものとなります。
    いつも、素晴らしい作品を配信してくださいまして、ありがとうございます。是非、この一連の作品をまとめて全国に放送してください。保山さんとミネさんのこの作品、お正月にゆっくり見ることができれば、新しい年もきっと素晴らしい年になります。NHKの皆様、何卒よろしくお願いいたします。

  • 浅田昌子

    2019年12月20日 00時01分

    放送を録画して楽しみにしております。
    その週の映像をその週のうちに見ることができないことが、数週続きましたが、やはり放送で見る「やまとの季節」は、毎日皮膚で感じている奈良と、映像と音楽の中の奈良が心の中でぴったりと結びつく贅沢な時間です。
    今回は霜がとけるシーンが特によかったです。映像が終わると、もうすこし見ていたかったのに…と毎週思います。でもまた来週を楽しみにしております。
    先日の川上ミネさんへのインタビューを見て以来、ますますこのコーナーに親しみを覚えております。制作秘話などもうすこし詳しく伺いたくなります。

  • 株本佳代子

    2019年12月23日 11時36分

    飛火野の霜の情景を、初めて見ました。鳥肌が立つほどの
    繊美さ。スターダストの舞いを想う。ミネさんの音色が、凍りを強くイメージさせる。
    保山さんの映像は、心と感性で見入ってしまう。
    こちらもエネルギーが必要。

    情緒豊かな映像を撮れる、数少ないカメラマン!!
    是非とも全国の人々にも、TVの画面で見れますように、
    お願い致します。