やまとの季節

2019年11月20日 (水)

やまとの季節 七十二候「洞川の秋はやく」

 

「ならナビ」11月20日放送 

映像作家・保山耕一さんが、NHK奈良放送局「ならナビ」に、「やまとの季節 七十二候」をテーマとした極上の映像詩を届けてくれています。音楽は、スペインで活躍するピアニスト・川上ミネさんが、奈良で100年近くの時を刻んできたピアノで、オリジナル楽曲を奏でています。 


やまと七十二候「洞川の秋はやく」 立冬 


保山耕一

TBS世界遺産などで活躍してきたフリーTVカメラマン。6年前、がん余命宣告を受け、治療中に「奈良には365の季節がある」をテーマに奈良県各地の撮影を始める。日々、奈良の空や光、花、月、寺、などを撮影し、SNS発表・上映会を続けている。

川上ミネ

スペインと京都を拠点に活動しているピアニスト・作曲家。「ラジオ深夜便・ピアノが奏でる七十二候」、Eテレ「やまと尼寺精進日記」などの音楽を手がけている。昨年、春日大社奉納演奏会を機に保山氏と出会い、「こころの時代」でコラボレーション。この秋、「やまとの季節 七十二候」の新たな作曲・演奏をスタート。

奈良ホテル・100年ピアノ

1922年、スタインウェイ社のハンブルグ工場(ドイツ)で製造。1926年、奈良ホテルの調度品として鉄道省によって購入された。 



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

やまと七十二候

「洞川の秋はやく」

保山耕一

龍泉寺は大峯山の登山口・洞川(どろがわ)にある修験道の寺です。飛鳥時代、役行者が大峯山での修行中に、洞川の岩場で清水が湧き出る泉を見つけ、泉のほとりに八大龍王尊をお祀りし行をしたのが始まりと伝わっています。

ーーーーー

私が初めて天川村へ行ったのは35年前、テレビ番組のロケでのことでした。今でこそ奈良市内から車で1時間半もあれば天川村へ着くことができますが、当時トンネルはまばらで、山肌に沿う蛇行した狭い道をひたすら進み何時間もかけてたどり着く、陸の孤島のような場所でした。

そのロケで、村の人たちに協力してもらってあれこれ話を聞いていた時のこと。一人の青年が「天川村では夜になると、村内を七福神が歩き回る」と話してくれた。七福神!?  最初びっくりして、都会から来た我々を担ごうとしているのかと思ったのですが、酒の席でもなく、青年はいたって真面目な様子。「ある夜、金色に輝く小柄な7人がぺちゃくちゃしゃべりながら歩き回っているのを見かけて、よく見たら七福神だった」。「見たのは僕だけやなく、何人もが目撃している」。青年は普通のことのように言い、最後は親切に「滞在中に七福神見られるといいですね」と――。これが私の、天川村での最初の出来事です。

天川村は、とにかくまあいろんなことが起きる場所なんです。例えば被写体を撮ろうとしても、機材に故障は見られないのになぜか動かなくなって一切収録できないとか。話し出すときりがないくらい、来るたび何かが起きてしまう。最近は、天川村は「パワースポット」と一言で片付けられていますが、35年前そんな言葉はなく。ただもう、自分が住んでいる街とは違う次元の場所なんやな、と。当時は理解するにとどめた。

あれから月日が経ち、道路事情も良くなって、かつての天川村に満ちていた異界ともおぼしき空気はなくなったと、はっきり思うのですが。それでも洞川の辺りは今でも良い意味で、空気が違う、気が違う、時間の流れが違う、非常に過ごしやすい場所だと感じます。中でも龍泉寺は特に清らかな、清々しい、私にとって特別な場所です。こんな風に思える場所は奈良県内には春日大社とか、いくつもありますが、共通しているのは「良い水」が流れているということです。

良い水のある場所には、良い気、良い空気があり、それらが人の心を癒やし、根源的な強さをもたらす美しい空間を作っているものです。その意味で龍泉寺は象徴的な場所で、澄んだ水が古代から絶えず湧き、人々の祈りを受け止め支えてきた。水というものが全ての源であることを強く感じます。紅葉は一つの切り口で、新緑、花、積雪、どれだけ季節が移ろうとも水の美しさは変わりません。

「やまとの季節 七十二候」に龍泉寺を選んだのは、奈良で一番最初に紅葉が始まる場所の一つだからです。洞川の樹々が紅葉して、龍泉寺の池の周りの木の葉が赤く染まってきたとの知らせを聞くと、いよいよ秋本番。ここから先は秋ですよと教えてくれる、しるべの場所です。

 (聞き書き 伊藤享子)


七十二候 について

七十二候(しちじゅうにこう)は、古代の中国で生まれました。立春、夏至、秋分…などで知られる二十四節気(にじゅうしせっき)を、さらに約5日ずつの3つに分けて、季節の移り変わりを感じる名前がつけられています。日本では、江戸時代の「本朝七十二候」、明治時代の「略本歴」など、いくつかの異なる七十二候が作られてきました。

「やまとの季節 七十二候」では、保山さんが記録してきた奈良県各地の映像から、いまの「やまと」の暮らしの中で、季節のうつろいを実感できる映像を選び出し、オリジナルの名前を添えて紹介しています。奈良を愛する方々に…これから奈良に出会うであろうすべての方々に…こころを込めてお届けしています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 


【関連コンテンツ】

ラジオ深夜便【聴き逃し】発掘された千年のオカリナとピアノ 春日大社創建1250年

こころの時代 こころの時代~宗教・人生~ 命の輝きをうつす 

地域特集 花に祈り、命を祈る ~奈良~ 映像作家・保山耕一

NHK World JAPAN Praying for Flowers, Praying for Life Hometown Stories


【お知らせ】みなさまから心のこもったコメント投稿を数多くいただき、誠にありがとうございます。担当者一同、こころの励みとさせていただいております。関西ブログの投稿管理は、新しい記事の準備~公開作業とあわせて行っております。原則的には「新記事公開日に、前週投稿いただいたコメントをまとめて公開する」という運用です。その週のうちに公開できることもあるのですが、普段はお待たせしてしまうことが多いかと思います。どうかご理解のうえ、新しい記事公開とあわせてお楽しみいただければ幸いです。今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

■ コメント(22)
  • 安藤憲一郎

    2019年11月20日 18時50分

    秋そのものの綺麗な空のもと、透明感すら感じる紅葉の色にはただただ驚嘆するばかりです。この映像を通して全国に奈良を紹介して欲しい。

  • 永井有子

    2019年11月20日 19時04分

    本日の大和の季節七十二候、拝見しました。
    風に揺れる洞川の紅葉、
    水面に映る色とりどりの葉が鮮やかで
    輝いて見えました。

    厳しい寒さに向かう前のひととき、
    光と澄んだ空気、木々の彩りを贅沢に捉えた
    神々しい風景に心打たれます。
    この貴重な映像が全国で放映されることを
    期待しています。

  • 堀尾岳行

    2019年11月20日 20時31分

    洞川の龍泉寺、水面に紅葉が写る龍泉池、澄んだ池の水中に積もる紅葉の枯れない美しさは格別です。
    様々な紅葉の風景が川上ミネさんの旋律に合わせて出て来る映像詩はなかなか普段の生活では見られません。このような美しい風景があることを保山さんに教えて頂きました、ありがとうございます。
    次回も期待しております。

  • 坂井 節子

    2019年11月20日 20時39分

    本日も美しい奈良の景色を拝見致しました。『洞川の秋はやく』のタイトル。
    洞川とは変わった面白い名前、山岳修験者の登山口、そして現在は温泉郷とか。

    保山耕一さんの川面にきらめく光の美しさはプロの映像マンたちからも称賛リスペクトされる技でしょうか。まるで吸い込まれるようにして拝見しました。

    画面いっぱいの明るく大きな紅葉 輝いてみごとです。秋は寂しさも漂う事ありますが川上ミネさんのピアノの軽快なタッチで本日の映像はとても華やいだ秋に感じました。
    あまりに美しい画面は思わず言葉を失ってしまいます。 美しいとか、キレイなんて単語凡庸でごめんなさい!! 来週も楽しみにしています。 

  • 荒木千笑子

    2019年11月20日 20時53分

    水曜日を楽しみに待っていました。

    水の中に揺らめく赤や黄色に色づいた落ち葉は、初めて見る美しさです。
    最後の天川村の山あいの風景が、とても気持ちがいいですね。映像の切り取り方が、絵になっています。
    保山さんのコメントを読むのを楽しみに待っています。

  • 井元路子

    2019年11月20日 22時25分

    龍泉寺の紅葉は本当にきれいですね。川上ミネさんのピアノと重なって踊ってるような美しい映像でした。この感動を全国の方方と分かち合えますように。よろしくお願いいたします。

  • 島岡和代

    2019年11月20日 23時12分

    今日の「やまとの季節」天川村の秋の風が感じられるようで紅葉の美しさとミネさんのピアノが凄くマッチしてピアノに合わせてもみじが舞うのか?ふっとそんな世界がくりひろげられているような…保山さんの映像とミネさんのピアノは別世界へと連れてくれますね。2分間があっと言うまに終わってしまう。もっと…もう少し眺めていたい…余韻が…どうぞ奈良だけでなく、全国の方に見ていただきたい。全国放送を希望します❗

  • 野尻恭子

    2019年11月20日 23時41分

    美しい。美しい。美しい。水の中に沈んでいるのか映っているのか分からないけれど、水によって瑞々しさを増した紅葉が感謝したいほど美しいです。保山さん、ありがとうございます。
    ミネさんのピアノが保山さんを優しく励ましているように聞こえました。
    保山さんがたいへんな状況にありながらも私たちに安らぎを与えて下さっているのです。
    よく眠れるような優しい映像でした。
    どうか、全国放送をお願いします。
    関東でもテレビの画面で見たいと熱望します。

  • 京子

    2019年11月21日 00時13分

    やまとの季節七十二候 今週も放送ありがとうございます。もみじ葉

  • 武田和子

    2019年11月21日 00時27分

    龍泉寺の紅葉はまるで赤から黄色のグラデーション。私も秋の龍泉寺には何度とともなく足を運ばせて頂きました。
    やまとの季節 七十二候「洞川の秋はやく」の映像で実際に自分が目にした紅葉とはまた違った美しさと趣を感じられました。

    龍泉寺は1300年前に役行者さまがこんとんと湧き出る泉を発見して八大竜王を祀る小堂を立てたのが始まりなんだとか。
    「遥か昔にもこのような紅葉を愛でていらしたのだろうなぁ」と役行者さまファンとしてはいたくありがたく感動いたしました。

    今週も素敵なやまとの季節をありがとうございます。
    心より感謝しています。

  • 株本佳代子

    2019年11月21日 02時15分

    澄んだ水と、鮮やかな紅葉。都会暮らしでは、決して味わえない、清らかな空気。ミネさんの音に、こころまで踊ります。テレビを通して、このような風流な紅葉狩りを味わえたら…。他の地域への放送も、お願いいたします。

  • 田中弘子

    2019年11月21日 18時21分

    いつも関西ブログを心待ちにしております
    今年は暖かかったので三重県の紅葉はいつもより ゆっくりです
    やまと七十二候で 奈良の素晴らしい紅葉をみせて頂き感激しております
    季節の移ろい…の素晴らしい映像とビアノの音色に
    ふっと深呼吸 極上の時間です
    多くの方々にも見て頂けます様に…宜しくお願い致します

  • 武田克美

    2019年11月21日 22時14分

    素晴らしい洞川の紅葉

  • 佐々木美保子

    2019年11月21日 23時08分

     私の大好きな、心の故郷と思っている洞川の龍泉寺さんの見事な秋の風景。川上ミネさんの美しいメロディーにのせてお送りくださいまして、ありがとうございます。
     散りゆく紅葉にさえ、命の美しさ、力強さを感じます。これが保山さんの感性の豊かさ、力なのだろうと思います。保山さんの映像を見せていただく度に、自然の中で生かされ守られている安心感で心が癒されます。
     いつも珠玉の作品を配信してくださいまして、ありがとうございます。願わくば、テレビで見たいといつも思っております。どうぞ、全国での放送をお願いします。

  • たえこ

    2019年11月22日 17時53分

    冷えて来ましたね。今回はイレギュラーで保山さんに何かあってのことか、と心配しています。水中の色とりどりの紅葉、まるで京菓子のようです。美しい宝物をありがとうございます。祈る気持ちで繰り返し見ています。

  • 祥佐

    2019年11月22日 23時57分

    毎週この2分間の映像に引き込まれています。
    今回は鮮やかな紅葉とやわらかい水面と、川上ミネさんのピアノに、天川のあたたかさを感じました。
    映像の最後とピアノの音色がすーっと消えてゆくところが何とも言えず心地よいです。
    季節ごとなどでまとめて放送していただけるとうれしいです。全国、世界の方に観ていただきたいです。
    来週の川上ミネさんのインタビューもとても楽しみにしています。

  • 大井泰子

    2019年11月23日 21時08分

    奈良100年ピアノと保山耕一さんの映像とのコラボ。七十二候。今の日本で忘れ去られている季節の移ろい。
    是非全国放送でも視れるようにしていただけたらと願っています。

  • 松本フジコ

    2019年11月23日 22時05分

    素晴らしい奈良の風景とピアノの調べが一体となって、心が洗われます。
    これからの、映像も楽しみにしています。

  • 朝陽

    2019年11月24日 02時49分

    今週も見れて良かったです。関西ブログさん ありがとうございます
    来週も楽しみに待ってます。

  • 芦田とし子

    2019年11月24日 10時29分

    保山さんの映像を見せて頂いて 初めて奈良が好きになりました。

  • 匿名希望

    2019年11月28日 22時32分

    真っ青な空を背景に、赤く美しいもみじが太陽に輝き、風にそよぎ落ちていく映像に、人の力を越えた何かを感じます。
    奈良の神様や仏様は、保山耕一さんを見守りそして祝福なさってるのでしょう。
    いつか天川村をゆっくりと旅してみたいです。
    天川村を旅する頃には、保山さんの映像が全国放送になっていますように・・・。

  • 荒木礼子

    2019年12月09日 15時00分

    こちらの番組のおかげで今年の秋はその美しさを思いきり堪能しています。自分の目では決してこんなに多様でステキな秋をキャッチすることはできない‥何度も何度も秋を過ごしてきたのにいったい今まで私は何を見ていたんでしょうか‥こんなにも自然が愛おしく思えて‥自分の周りの自然にも前よりもっと目を向けられるようになった気がします。
    今週の川上ミネさんのピアノは軽やかなワルツなんですね‥流れる水と木の葉が織りなす美しさ、しっとりとしたメロディがステップを踏むようにこれからくる更に鮮やかな季節を予感させてくれて、保山さんの映像と相まって、なんて素敵!いつもながらこんな番組を作って下さっている方々すべてに心から感謝します。
    これからも毎週毎週季節が移っていく変化をこのやまとの季節七十二侯で味わえるのですね!これから冬に、そして春に!そしてそのあとは夏に‥今からはとても想像がつかないけれど楽しみでなりません。奈良在住でないので、テレビの大きな画面で見られたら‥といつも思っているのですが、なんとか奈良だけでなく、もっと広域で視聴できるようお願いできないでしょうか?心からお願い申します。