やまとの季節

2019年09月25日 (水)

やまとの季節 七十二候「彼岸花に 染まる」

「ならナビ」9月25日放送 

映像作家・保山耕一さんが、NHK奈良放送局「ならナビ」に、「やまとの季節 七十二候」をテーマとした極上の映像詩を届けてくれています。音楽は、スペインで活躍するピアニスト・川上ミネさんが、奈良で100年近くの時を刻んできたピアノで、オリジナル楽曲を奏でています。 


七十二候「彼岸花に染まる」 秋分・初候 


保山耕一

TBS世界遺産などで活躍してきたフリーTVカメラマン。6年前、がん余命宣告を受け、治療中に「奈良には365の季節がある」をテーマに奈良県各地の撮影を始める。日々、奈良の空や光、花、月、寺、などを撮影し、SNS発表・上映会を続けている。

川上ミネ

スペインと京都を拠点に活動しているピアニスト・作曲家。「ラジオ深夜便・ピアノが奏でる七十二候」、Eテレ「やまと尼寺精進日記」などの音楽を手がけている。昨年、春日大社奉納演奏会を機に保山氏と出会い、「こころの時代」でコラボレーション。この秋、「やまとの季節 七十二候」の新たな作曲・演奏をスタート。

奈良ホテル・100年ピアノ

1922年、スタインウェイ社のハンブルグ工場(ドイツ)で製造。1926年、奈良ホテルの調度品として鉄道省によって購入された。 


 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

やまと七十二候 「明日香の彼岸花」

保山耕一

私の中で、彼岸花が咲くといえば、墓地。怖いイメージです。

 「彼岸花を切って部屋に飾ると火事になる」という言い伝えを子どもの頃聞かされた。
 奈良の南部の人は、彼岸花を「幽霊花」と呼ぶらしい。
 「屍人草」と呼ぶこともあるという。
 毒草である。

 近ごろ、秋になるとあちこちの町や村で「彼岸花(曼珠沙華)まつり」が行われています。観光客誘致のためのポスターの図案が「抜けるような青空 と一面の彼岸花」だったり。暗いイメージが貼り付いていた彼岸花は、今やハイキング客に愛でられる明るい「秋の花」として、観光資源の務めを果た している感があります。
 今回の映像のファーストカットに、現代の人が好む「青空と田んぼのあぜ道に咲く彼岸花」を選んだのは、時の流れで価値観が変わっていくことを現したかったから。もちろん、変化を批判しているのではなく。現代のみんなの彼岸花に対する思いはこうかな!?という絵です。
 
 どんなものでもいろんな見方で撮れてしまう。ドキュメンタリーと一緒で、明るい部分だけを撮ろうと思って撮影すれば明るい絵ができる。暗い部分も同じ。明るくも暗くも被写体の正体ですが、全体を平均に撮ることはありません。これまで何度も彼岸花を撮影してきましたが、怖い風情が出るように撮った時は、あとで見てもぞっとする絵になりました。
 あと、撮る側のその時の気持ちも影響します。気持ちが明るかったら明るいところに目が行くし、すごく落ち込んでいたらそんな映像になる。ものの見方にはこれが正解です、というのは無いのがおもしろい。

 たとえものすごくきれいな景色でも、自分の気持ちにピタッと合わなかったら、撮りたいとも何とも思わない。すごく魅かれるのは、自分の精神的な ことと被写体の波長が合った時。病気になってからは自分の気持ちが上がったり下がったりで、肺の影が無くなったと言われたら明るい気持ちになって明るい面ばかり見られる。二、三日経って、影が無くなったのに何でこんなにしんどいんやろ?と思いだすと、暗いようにしか見えなくなったり。本当に暗くてどん底の気分になったら、それより下は見られへんからあえて上を見ようとしたり。病気をしてからは気持ちがジェットコースターみたいで、 ものの見え方も前とは随分変わったと思う。
 
  ロケで奈良の南部の方へ行った時、山のちょっと荒れた所に彼岸花がたくさん咲いてるのを見つけました。なぜ、田んぼのない山の中に、彼岸花が 群生しているのか。村の人に聞いてみると「人家が建っていた所で、彼岸花はその名残。こんな場所はいくつもある。昔は山奥にもいっぱい家があったんやで」と。彼岸花は自生することがないそうで、最初は必ず人が植えているのだと教えてもらいました。

 かつて山奥には、今よりも多くの家が建ち、人の暮らしがあった。
 いつの頃からか、人は山の家を出てそれきり戻らないことが多くなった。
 あるじをなくした家は朽ち、次第に崩れ、ついに跡形も無くなった。
 後には人が植えた彼岸花だけが残った。

  

(聞き書き:伊藤享子)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


【関連コンテンツ】

ラジオ深夜便【聴き逃し】発掘された千年のオカリナとピアノ 春日大社創建1250年

こころの時代 こころの時代~宗教・人生~ 命の輝きをうつす 

地域特集 花に祈り、命を祈る ~奈良~ 映像作家・保山耕一

NHK World JAPAN Praying for Flowers, Praying for Life Hometown Stories

■ コメント(16)
  • 武田和子

    2019年09月25日 18時30分

    「明日香の彼岸花」

    収穫を待つ田んぼのあぜ道に沿って咲く鮮やかな彼岸花。
    自然の美しさを感じる里山の風景は穏やかで、なんとのどかなことでしょう。

    川上ミネさんのピアノの調べと明日香村の棚田の美しさに魅了されました。

    私は関東人ですが、奈良とくに明日香村の美しさには心惹かれます。
    この日本の原風景を未来にも継承して頂けますように祈ります。

    素晴らしい映像を放送して下さり、心より感謝しています。

    次の放送も楽しみにしています。

  • 安藤憲一郎

    2019年09月25日 19時11分

    綺麗、心に染みる。彼岸花は里山の、日本の原風景です。もっと長い時間で見ていたい。奈良にお住みの方だけでなく、日本全国の人に日本はこんな綺麗なところだと伝える為にも全国放送をお願いします。

  • 永野聡子

    2019年09月25日 20時09分

    保山さんの映像もいいですが、このブログに載っているコメントもとても良いです!

  • 澤井由美子

    2019年09月25日 20時29分

    素晴らしかったです。
    全国で放送していただきたいです。

  • 朝陽

    2019年09月26日 02時45分

    関西ブログで保山さんの映像が見れて 嬉しかったです。ありがとうございました。虫の音 田んぼに彼岸花 忘れてしまいそうな 子供の頃の記憶が戻ります。そして 若い方達も この日本の美しさを感じて欲しいと思いました。

  • 荒木良二

    2019年09月26日 06時37分

    細部にまで、心を込めて撮影されており、保山さんの映像には何時も心が洗われます。もっと、NHKで放映していただきたいものです。

  • 坂井 節子

    2019年09月26日 06時50分

    『ならナビ』毎水曜日PM6:30の中 やまとの季節七十二候をPCにて拝見しました。
    映像作家 保山耕一さんを知ってから奈良の落ち着いた美しさに感心しています。

    整然と並んだ彼岸花の後ろに見える山の名前は? 神様の御座します古の山でしょうか。
    瓦屋根の民家 彼岸花のUPは芸術的にも見えます。
    川上ミネさんのピアノも重厚な音の中に優しくソフトな流れが映像にマッチしていると
    思います。
    残念なのは全国ネットで見たい!! 映像時間が短い!! という事です。

  • 香川 しのぶ

    2019年09月26日 07時31分

    穏やかな映像と柔らかな音色、奈良の四季の一部を切り取った感が、たまりませんね。奈良に住めども・・気づかぬ風景だと思います。時間に追われバタバタする日常では、気づけない景色。フッと立ち止まった時、目にうつる景色・四季を感じさせる映像、残して欲しい❗️残さなきゃ~と思える景色ですね❗️

    これからも楽しみにしております。夕方の一時、心休まる時間・・映像や音楽とともに❗️

  • 佐々木美保子

    2019年09月26日 15時09分

    素晴らしい映像と音楽、感動と感謝です。ブログでのお話もおもしろく、楽しませていただいてます。大阪にいるため、テレビで見る事ができないのが残念です。是非もっと多くの方が見る事ができるように、関西や全国ネットで放映してください。また、時間も拡大もお願いいたします。

  • 宮原 麻美

    2019年09月27日 04時25分

    色彩を描くことのできるミネさんのピアノ
    風や匂いを感じることのできる保山さんの映像…
    なんと贅沢なひとときなのでしょう
    遠い記憶が心の奥から湧き出てくるのを、いとおしく味わっていました。
    今回も素晴らしい作品をありがとうございます。
    全国放送を心から願っています。

  • まちこ

    2019年09月28日 11時12分

    保山さんの映像と川上ミネさんの音楽、毎水曜日の放送を家族で心待ちしています。
    特に、今回の三輪山は、地元に住む者にとって、かけがえのない映像でした。
    神の山三輪山とお月さま、神々しい風景でした!

  • 浅田昌子

    2019年09月28日 11時26分

    今週も素晴らしかったです。
    もっと長いと嬉しいですが、今週は映像の前後に間をとって下さっていたので、短くても落ち着いてみられて、映像の魅力をよりじっくりと感じることができました。
    ふだんは全国ニュースを見ていますが、このコーナーを楽しみに水曜は奈良のニュースを見るようになり、地元の話題を知ることができて、ますます奈良が好きになりました。
    奈良育ちの者にはみなれた風景、それでもこれだけ感動するのですから、このシリーズを世界のかたが見ればどう感じられるでしょうね!今後が楽しみです。

  • 堀尾岳行

    2019年09月28日 21時16分

    彼岸花は人の耕作と共に広がって行った花ですが、秋に彼岸へ渡るための祈りの花だったのかもしれませんね。保山耕一さん映像が奈良の風景を丹念に切り取って私たちに見せてくれています。次回も期待しております。

  • 永井有子

    2019年09月29日 01時38分

    この上ない心の贅沢を頂いております。

    どうして自分はこれほど奈良が好きなのか、
    なぜ必然のようにこの地に住むと決めたのか?

    その答えが、この保山さんの映像にありました。
    一瞬も見逃さないよう拝聴しております。

  • 田中弘子

    2019年10月04日 21時57分

    三重県松阪市に住んでおります。奈良ナビは三重県からは視聴出来ないので、関西ブログで1日遅れて…やまとの季節 七十二候を見せて頂いております。一瞬一瞬の煌めく様な保山耕一さんの映像と 百年ピアノの深い響きに感動しています。季節の移ろいの美しさを感じる時…。こんなに美しい日本で生きている…生かされている事の幸せと感謝が溢れます。多くの方々にこのやまとの季節を見て頂きたいです。どうか全国放送をして頂けたらと願っております。

  • 青井三保子

    2020年09月26日 20時21分

    彼岸花!
    ある日突然のように花が咲く!
    保山さんの映像詩に「あっ!もう咲いているんだ!」
    と、気づかせてもらう!
    小さき命に目を向ける!
    その仕草に目を奪われる。
    優しき心に癒される。
    これからも、いつまでもよろしくお願いします。
    ありがとうございます。