やまとの季節

2019年09月18日 (水)

やまとの季節 七十二候「三輪山に いでし月」

「ならナビ」9月18日放送 

映像作家・保山耕一さんが、NHK奈良放送局「ならナビ」に、「やまとの季節 七十二候」をテーマとした極上の映像詩を届けてくれています。音楽は、スペインで活躍するピアニスト・川上ミネさんが、奈良で100年近くの時を刻んできたピアノで、オリジナル楽曲を奏でています。 


七十二候「三輪山に いでし月」 白露・中候 


保山耕一

TBS世界遺産などで活躍してきたフリーTVカメラマン。6年前、がん余命宣告を受け、治療中に「奈良には365の季節がある」をテーマに奈良県各地の撮影を始める。日々、奈良の空や光、花、月、寺、などを撮影し、SNS発表・上映会を続けている。

川上ミネ

スペインと京都を拠点に活動しているピアニスト・作曲家。「ラジオ深夜便・ピアノが奏でる七十二候」、Eテレ「やまと尼寺精進日記」などの音楽を手がけている。昨年、春日大社奉納演奏会を機に保山氏と出会い、「こころの時代」でコラボレーション。この秋、「やまとの季節 七十二候」の新たな作曲・演奏をスタート。

奈良ホテル・100年ピアノ

1922年、スタインウェイ社のハンブルグ工場(ドイツ)で製造。1926年、奈良ホテルの調度品として鉄道省によって購入された。 


 

やまと七十二候 「三輪山の月」

保山耕一

  美しさを愛でるだけなら、月は空気が澄む真冬が一番です。秋の月は、コオロギやマツムシなど秋の虫の音を聞きながら眺めることで、より一層美しさを感じると思います。映像に良い音楽が付くと、さらに映像が高められて見る人の元に届くのと同じですね。

 

    多くの人が、太陽のことを気にしながら生活していると思います。日の出、日没、日が高い、日暮れ。日の長い短いで季節を感じて、太陽と共に1年を過ごす。かたや、月を感じて生きるのは、昼間忙しいとなかなかイメージしづらいかもしれません。新月も満月も、ひと月に1回巡って、時間が止まることなくどんどん進んで行くのを教えてくれています。

 

     三輪山に昇るまん丸の月は、何とも言えない美しさをたたえています。大神神社(おおみわじんじゃ)の御神体である三輪山は、太古の昔から神さまのおられる神聖な山としてあがめられてきました。かつては、禁足の山として一般人の入山は厳しく制限された時期もあったと聞いています。お参りが目的の登拝が許されるようになったのは、近代以降のことだそうです。 

 

     月を見て、御神体の三輪山に向かい思うことは、太古の昔から今まで、一体どれだけの人が思いを込め、山に祈りを捧げてきたかということです。

 

     特別な意味のある風景には、果てしなく続く時間と、人々の切なる祈り、思いが折り重なっています。岡本彰夫先生(奈良県立大学客員教授)は「春日大社のおん祭りも東大寺の修二会も途切れたことがない。続いてきたのは祈りがあるからこそ」と言われます。

 

    昨日はその昨日と続いて、そのまた昨日と続いている。過ぎ去った時間は、細切れに存在するのではなく、気が遠くなるほどの過去とつながっている。時間のつながりの中で連綿と続いているのが「祈り」で、奈良の人は1300年以上、人々の平安と安寧を求め、途切れることなく祈ってきた。祈りとは「思い」であり、心を込めて昔を思えば、その心は過去に届き、通じ合い、時を超えてつながると私は考えています。

 

   悠久の自然と歴史に思いをはせることで、過去とつながれる場所は、奈良にはたくさんあります。その特別な場所を選んで映像にし、伝えるのがカメラマンとしての私の仕事です。

 

 ーーーーーーー

 

    三輪山の大鳥居を撮ろうと思っていたら、大鳥居の後ろにたなびく雲が茜色に染まり始めた。ラッキーだなと思いながら撮影していたら、私の近くで写真を撮っていたおっちゃんが「にいちゃん、良え絵撮れたな。あんたは三輪さんに歓迎されてるな」ってさりげなく言ってくれた。三輪山の周辺で暮らしている人にとって、ええことしたら「三輪さんが喜んでくれはる」。得したら「三輪さんのおかげ」。よくないことがあったら「三輪さんのバチがあたった」。いつも三輪さんと一緒なんです。

 

  

(聞き書き:伊藤享子)


【関連コンテンツ】

ラジオ深夜便【聴き逃し】発掘された千年のオカリナとピアノ 春日大社創建1250年

こころの時代 こころの時代~宗教・人生~ 命の輝きをうつす 

地域特集 花に祈り、命を祈る ~奈良~ 映像作家・保山耕一

NHK World JAPAN Praying for Flowers, Praying for Life Hometown Stories

■ コメント(13)
  • 安藤憲一郎

    2019年09月18日 22時18分

    今回の心洗われる素敵な映像です。まさに神々が三輪山から現れたような気がします。大阪在住なのでパソコンでしか見られません。ぜんこくで、せめて関西一円で見られるようになることを望みます。

  • 堀尾岳行

    2019年09月18日 22時33分

    保山耕一さんの映像詩と川上ミネさんのピアノ演奏のハーモニーが良いですね。私たちがともすれば忘れがちな二十四節気七十二候・季節の移ろいを再発見させてくれる番組です。次回も期待しています。

  • 綾部収治

    2019年09月18日 23時49分

    この素晴らしい映像を関東圏でも放映して頂けませんか!

  • J hunter

    2019年09月19日 00時38分

    Peaceful-serene-majestic and heartfelt beauty this video artist presents in all of his video's footage. His vision with his camera is extraordinary.

  • まちこ

    2019年09月19日 11時47分

    三輪の里で、暮らしているので、三輪山は、いつも、神聖で、かつ身近な存在です。保山さんの映像は、その美しさを、見事に、伝えて下さいました!有難うございます!
    これからも、楽しみにしています!

  • 竹花光晴

    2019年09月19日 18時36分

    18日ならナビで保山耕一さんの三輪山の映像見ました。凄いですね、是非日本国内の皆さんに見ていただきたいですね。

  • 宮原 麻美

    2019年09月20日 00時48分

    日本最古の神社と云われる大神神社。私は初詣に必ず三輪さんに参ります。三輪さんの神聖な佇まいはいつ訪れても揺るぎないものですが、そのシンと張りつめた空気と満月との調和を見事に観るものに届けてくださった…映像もピアノも神さまと共にあると感じました。

  • 大井泰子

    2019年09月20日 01時09分

    保山耕一さんの映像やまとの季節七十二候がならナビで放送されています。奈良だけが関西では見れるようになったとか。
    日本の原風景奈良この映像をどうぞ全国で拝見できるようにお願いいたします。皆さんに見ていただきたい。心が洗われるような気持ちになります。どうぞよろしくお願いいたします。

  • 井倉陽子

    2019年09月21日 09時02分

    保山耕一さんの映像を欠かさず観てしまいます 時空を越えた祈り 感動しております

  • 武田和子

    2019年09月21日 13時18分

    やまと七十二候 「三輪山の月」

    大和国一之宮「大神神社」
    三世紀~四世紀の創始というから、1600年以上前からこの地に鎮座されて、どれほど多くの人たちの想いや祈りが捧げられてきたのでしょう。
    三輪山山頂から見る月はそんな先人たちの想いが心に伝わるような映像でした。

    川上ミネさんのピアノの音色、保山耕一さんの美しい映像に言葉では言い表せない深い感動を頂きました。
    お二人の杞憂な才能のコラボレーションでこんなに素敵な奈良の美しさを表現して下さり、また映像を放送して下さった番組関係者のみなさまに心より感謝しています。
    新たな奈良の美しい映像も楽しみにしています。

  • 澤井由美子

    2019年09月21日 17時03分

    「やまとの季節」の保山さんの映像と川上さんの音楽素晴らしいです。大阪でもぜひ放送していただきたいです。よろしくお願いいたします。

  • 匿名希望

    2019年11月18日 22時48分

    大神神社の御神体の三輪山への人々の思いと月の美しさ。
    保山さんの映像を通して、琴線に触れるものがありました。
    この素晴らしい映像が全国で見られますように。

  • 匿名希望

    2019年12月11日 12時53分

    三輪さんの月、何とも言えず美しい!
    奈良は歴史のあるすばらしいところです。
    もっと多くの人に見てもらいたいです。
    奈良の人も再認識ですが、奈良以外の人にも!
    まず近畿圏でテレビで見られるように、お願いします。