ウイークエンド関西

2021年01月23日 (土)

まんじゅうWHY? ~奈良市~

おまんじゅうの発祥地は奈良市!!
奈良市内にある神社やお店など関連の場所を訪ね、おまんじゅう誕生までを巡る旅!
なぜ、奈良でまんじゅうが誕生したかがわかります。


「漢國(かんごう)神社」
〒630-8242 奈良県奈良市漢國町2番地 T/0742-22-0612
 推古天皇の元年2月3日(1400年前)に大神、園神、韓神を祀ったのが神社の始まりという記述あり『元要記』
 http://www.kangou-jinja.jp

◆「唐菓子(からがし)」
遣唐使・遣隋使が日本に持ち帰ったものとされ、現在は主に神饌となっている。
漢國神社では年4回の大祭の時に作りますが、今回は特別に作って頂きました。
(2月/祈年祭・4月/饅頭祭り・10月/例祭・12月/感謝祭)
 
◆「林神社」
日本で最初に饅頭を作ったと言われる林浄因さんを御祭神とする神社。
いつごろ建てられたのかは定かではないが現在の社は昭和31年に設けられた。
毎年4月19日は「饅頭祭り」が開かれ、全国のお菓子屋さんが参拝に訪れる。
※林浄因さんのご子孫 → 「塩瀬総本店」を開業し現在も営業中!!※
 
◆「紅白饅頭」
林浄因さんの創始した饅頭は、山芋を練りこんだ「薯蕷饅頭」。
(酒饅頭の発祥は福岡という説あり)特に「紅白饅頭」は林さんオリジナル。
伺ったお店:萬々堂通則 (奈良県奈良市橋本町34 T/0742-22-2044)
https://www.manmando.co.jp/

◆「ぶと饅頭」
 戦後、当時の春日大社の宮司さんと萬々堂店主が、神饌「ぶと」を饅頭にすることを考案。
「ぶと饅頭」として販売中(ネット購入可)

◆旅した人:源田愛莉那キャスター(NHK奈良)


過去の放送はコチラ!

ウイークエンド関西

もっと見る

おはよう関西

もっと見る

かんさい熱視線

もっと見る

ほっと関西ブログ

もっと見る

ニュースほっと関西 特集・リポート

もっと見る

関西 NEWS WEB

もっと見る