とっておき動画

2020年04月05日 (日)

桜に願いを 櫻宮

大阪・都島区と北区の境に位置する大川沿いの毛馬桜之宮公園は、大阪でも有数の花見の名所で5000本の桜が咲くころになると多くの人が訪れます。(4月3日撮影)3796082.png

例年、遊歩道の周辺には屋台の出店が並び賑わいますが、ことしは新型コロナウイルスの影響で出店はなく、訪れる人もまばらです。3796032.png

この公園の周りにある学校や駅には「さくらのみや」という名前がつけられていて、その名前の由来といわれるのが260年前から続く神社「櫻宮」です。3796088.png

境内にはその名の通り多くの桜の木がありましたが、太平洋戦争中の大阪大空襲で、本殿とともに多くの桜の木が燃えてしまいました。残ったのは今も境内にある2本のソメイヨシノだけで、樹齢は100年を超えますがことしもたくさんの花を咲かせました。3796065.png

また本殿の脇にある八重桜の木の周りには、参拝者の願い事が書き込まれた多くの絵馬が掲げられています。家族の健康や合格祈願など願い事は様々ですが、中には「新型コロナウイルスの終息」を願う絵馬も見られました。3796084.png