とっておき動画

2020年04月02日 (木)

桜の里・山中渓

大阪阪南市の山中渓では、およそ1000本のソメイヨシノや地福寺のしだれ桜が見ごろを迎えています。476505.png阪南市のJR山中渓駅の周辺では地元の住民が90年ほど前から桜の木を植え始め、今ではおよそ1000本になりました。476500.pngいつもの年ですとこの時期には花のライトアップや「山中渓桜祭り」が行われ、およそ1万人の観光客で賑わいますがことしは新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、 一連のイベントはすべて中止にしました。476689.pngまた、 山のふもとにある地福寺には(じふくじ)樹齢60年のしだれ桜があります。492345.png
この桜はかつて境内にあった枯れ木の根元に接ぎ木をして育てたもので、およそ60年たった今は境内をすっかり覆うほどにまで成長しました。476296.png地福寺の住職の平出雅大さんは、(ひらで•まさひろ)「ことしは桜祭りが中止となり、訪れる人が少なく地元の人もさみしい思いをしています。新型コロナウイルスが早く終息して、またたくさんの人たちにこの桜を見てもらえたられしいです。」と話していました。