全国男子駅伝

2019年01月11日 (金)

【全国男子駅伝】Vol.1 ~埼玉~

ekidend_hisaitama01.jpg

前回大会で3年ぶりの優勝を果たした埼玉。

アンカー設楽悠太選手(Honda)が第6中継所でタスキを受けたときには4位、トップ長野とは13秒の差がありましたが7区区間賞の走りで見事に逆転、最後は2位長野に40秒以上の差をつけて埼玉に2度目の栄冠をもたらしました。

その設楽選手は昨年の大会後、2月に行われた東京マラソンで日本記録(当時)を樹立することになりますが、日本トップレベルのランナーとしての力をいかんなく発揮し埼玉優勝の立役者となりました。

その設楽選手が、昨年末発熱した影響で今年元日の全日本実業団対抗駅伝を欠場しました。
今大会も設楽選手はエントリーしていますが、最終的に埼玉チームがどんなメンバー、どんなオーダーでレースに臨むことになるのか、駅伝ファンは大いに注目するところではないでしょうか。

しかし埼玉チームの注目は設楽選手だけではありません。中学生や高校生にも力のある選手がそろいます。

高校駅伝1区区間賞を2年生で獲得した白鳥哲汰選手(埼玉栄高)、こちらも2年生で中学駅伝1区3位の成績を残した久保田瑠月選手(小川東中)、4区4位と昨年好走の経験も生きそうな宮坂大器選手(埼玉栄高)たちが上位でタスキをつないできたとしたら連覇への期待も大いに高まります。

北村亮祐監督も「高校生は優勝した去年以上に強い」「アンカーまでトップでタスキをつないでくるだけの力はある」と今年のチームにも強い手ごたえを感じています。

過去、男子駅伝を連覇したのは福岡・長野・兵庫のみ。前年王者として注目される中での優勝は非常に難しいことですが、中学生から社会人までの総合力を発揮して埼玉がその連覇に挑みます。

(NHK広島局アナウンサー・曽根優) 

 

スポーツ

もっと見る