2016年05月14日 (土)

真田丸

草刈正雄さん・高木渉さん大河ドラマ「真田丸」を語る

4日にJR大阪駅で行われた、大河ドラマ「真田丸」のイベントに出演した、真田昌幸役を演じる草刈正雄さん、小山田茂誠役の高木渉さんに密着。イベントで語られた「真田丸」制作秘話をたっぷり紹介します。

あわせて、大阪市営地下鉄・谷町四丁目駅の地下通路に展開している「真田丸ロード」も紹介します。

(先日放送した関西地域向け「ぐるっと関西おひるまえ」の抄録です。)

gk_sm001_logo.jpg

さあ今日は真田昌幸役の草刈正雄さん、小山田茂誠役の高木渉さんが登場されます。

 

草刈さん元祖男前やね~

 

トークショーの会場は4日大阪駅にある・・・

gk_sm002_logo.jpg時空の広場でした。

gk_sm003_logo.jpg会場には衣装や小道具などが展示されていました。 

gk_sm004_logo.jpg

トークショーには小山田茂誠役の高木渉さん

gk_sm005_logo.jpg

真田昌幸役の草刈正雄さんが来られていました。

gk_sm006_logo.jpg

高木渉さん:義父さんが隣にいると緊張しますよ

草刈正雄さん:(笑)

gk_sm007_logo.jpg

そして・・・この舞台には

gk_sm008_logo.jpggk_sm009_logo.jpg

あっ気づかれましたね。

そうです。昌幸の甲冑で和歌山の九度山町から電車に乗って運んできました。

 

さてトークショー始めてまいります。

gk_sm010_logo.jpg

さて生で高木渉さんを初めて見かけられたという方はおられますか?

高木さん:おられますかね?僕は普段声優をやっておりまして裏方の仕事なので・・・。

今回本格的なドラマ作品に出演は初めてですか?

高木さん:そうですね。初めてになります。三谷幸喜さんの本って本当に不思議で「僕に合う役としてキャスティングしてくださったんですけど」僕のことを分かっているんじゃないかなぐらいのセリフとか言い回しがありまして。そういう意味ではすんなり入れたというか「そのまんま実直な感じでやってください」そういうオファーだったので役作りの面ではそのまま高木渉でやりました。

gk_sm011_logo.jpg

草刈さんもそう思われますか?

草刈さん:そう思います。皆さん他の役者さんもそう思っているんじゃないでしょうか?三谷さんよく役者のこと見ていられて特徴をよく捉えていてそれを台本の中に散ばせているんですけど、それが一人一人生きてくるんですよね。素晴らしい脚本家ですね。

gk_sm012_logo.jpg

特に三谷さんの年齢的には30年前の真田太平記あれを御覧になった?印象が残っていらっしゃるんじゃないですか?

 草刈さん:ご本人もそうおっしゃってました。「真田太平記」大好きでしたと・・・まだ学生の頃だったみたいですけどね。

 あの時は幸村役をやられたんですよね。

 草刈さん:はい!そうです。

gk_sm013_logo.jpg

今回は昌幸役を演じられるということで・・・。

 草刈さん:いや~びっくりしました。またオファーが来たと真田の話が出来ると因縁めいたことを感じました。

 やはり昌幸と信繁。真田二代を演じるというのは大きな思いがありますか?

草刈さん:そりゃそうですよ。それに役者冥利に尽きますね。なかなかこういうことには巡り合わないと思います。その当時昌幸を演じられていたのが丹波哲郎さんで素晴らしい存在感のある役者さんでその丹波さんのイメージが凄くあったんですけどね。だんだん三谷さんの脚本を何本かもらう内に僕のことをよく知ってらっしゃるから僕の昌幸が出来るかなと確信しましたけどね。

登場していきなり大きな場面が高木さんにはありましたよね?

高木さん:あぁそうですね。勝頼公を笹子峠で締め出してしまうというシーンがありました。

gk_sm014_logo.jpg

高木さん:あぁこれですね。まぁなんて顔でしょう(笑)ここをお通しできませんて言って勝頼公が「もういい」といって踵を返して帰っていくところですね。ちょうどこの画像のシーンで涙が出てきちゃうぐらい罪を感じました。この時代って裏切り者というよりも生きる術だったのかなとは思いますけども・・・。

他に小道具とか衣装でこれは困ったなというものはありますか?

gk_sm015_logo.jpg

高木さん:僕は上田合戦の時に草刈さんがお餅を出して作戦を練っているじゃないですか?(笑)あれなんかは草刈さん一発OKでしたか?

草刈さん:一発OKです。でもねこれだいぶカットされているんですよ。あまりにも面白すぎてコントみたいになってしまったんですよ。そしたら大泉洋ちゃんが横に座っているんですけど言葉にならない笑いで・・・結構素直なシーンだけ編集しているんですよね。

すんなりいっている様に見えますけど・・・。

草刈さん:実はめちゃめちゃ面白いシーンだったんですけどね。まったくコントになっちゃうんでね。

高木さん:昌幸さんはそういうシーンが多いですけどね。こよりのシーンもそうですよね。「このこよりどちらかをとれ」みたいな(笑)あのこよりのシーンも見ていて噴き出してしまいましたよ。

草刈さん:三谷さんがねやらせだがるんですよ。そういうことをね。ただ三谷さんの本に関しては俳優が素直にやった方が面白いんですよね。だからあまり深いことを考えず楽しんでやっています。

信繁はじめ真田家の人々て感情豊かでしょ!信繁なんかずっとうるうるしながら毎回毎回こちらも感極まってしまうシーンがあって。でも昌幸はちょっと違う距離があるような気がするんですけど。

草刈さん:そうですね。オヤジ然としているのかもしれませんけどね。けどかといって息子に泣きつくし弱いところも見せるしボロボロになるところも家族に見せるしね。そういうところが人間らしくて面白いのかもしれませんね。

gk_sm016_logo.jpg

本当に色んな落差がありますよね。

草刈さん:そうですね。その辺が面白いところです。これは草笛さんから始まったんですけど僕の頬を草笛さんがペタペタぺタと叩くシーンを途中で辞めて「こちょっと西洋風だよね」と言ってね。「いやこれ面白いですよやりましょう」と僕が言ったらそのままOKになったんです。それをすると高畑さんがハグをしたりねスキンシップが非常に流行ってきましてね。真田家の中でね。それはそれでいいことだと思います。

信幸と信繁が昌幸に似てきましたよね?

草刈さん:あぁ嬉しいですね。オヤジの背中を見てね。二人の息子がね。そうやって成長していく息子を見ていくのが楽しみです。

gk_sm017_logo.jpg

娘婿としてどうですか?これからどのように支えていくのか

高木さん:僕は実は草刈さんとシーンとしては一話目で家族が集まっているときに「松はしっかりしているか?」と聞かれるシーンだけで草刈さんとご一緒してないんですよ。僕の憧れの人なんですけどね。どこかで会話するシーンがないかなと思うんですけどね。

茂誠は上洛しないんですか?

高木さん:茂誠はいわゆる北条側に行ってますんで小田原征伐までは・・・そうですね小田原城にいると思います。

もうそろそろ山場に近づいてきているんですよね。九度山に行くまでにはもう一つ大博打がある?

草刈さん:そうですね。第二次上田合戦というのがありますし、まだまだあります。

そのあたり茂誠としては、どうかかわっていくんでしょうか?

高木さん:史実的には第二次上田合戦は義父と一緒に上田城にいますのでそこはどの様に描かれるのかお楽しみに!!

その後また関ヶ原の戦いがあって

高木さん:そうですね。そこで徳川秀忠でしたっけ足止めをするということですよね。

草刈さん:第一次は餅が出てきましたけど(笑)第二次は何がでるのか・・・楽しみですよね。

今回高木さん小山田茂誠役をやられてどうですか?今回初めて存在を知った人物でしたが

高木さん:僕も小山田茂誠てどんな人だろうて調べたんですけど、あまり資料が無かったんですよね。でも真田丸が始まってインターネットとか見ていると小山田茂誠の情報が更新されていたりとか随分詳しく書かれるようになって凄く着目してくださって嬉しいですね。これからも真田丸面白くなっていきますので朝早くから待ってくださってありがとうございます。

そして真田昌幸役の草刈さんお願いします。

草刈さん:今日も横浜から乗ってきたんですけど、横浜でファンの方がすれ違い様に「父上」て呼ばれて、こういうのて嬉しいんですよ。最近そういう言葉をね歩いていても聴くんですよ。「昌幸」だとかね。そういうのはとても嬉しいですよね。これだけドラマを見ていてくれているんだなと思いでいます。ますます面白くなっていきます。素晴らしい台本です。役者が生き生きして皆が楽しんでやっています。そのエネルギーを感じてください。よろしくお願いします。

(拍手)

ありがとうございました。

 

 

さてもう一つ真田丸の話題です。大阪の谷町四丁目駅に新スポットが誕生しました。

その名も「真田丸ロード」です。

gk_sm018_logo.jpg

地下鉄の駅の地下通路にポスターパネルが展示されています。

gk_sm019_logo.jpg

真田信繁の生涯や主な登場人物の紹介など地下通路を真田丸の赤に染めています。

ストーリーに合わせて展示替えをしながら年内いっぱいまで設置されます。

 

 

ぐるっと関西おひるまえHP

http://www.nhk.or.jp/gko/

 

 

投稿者:広報担当 | コメント(3)
■ コメント
  • 通りすがり

    2016年05月14日 10時34分

    草刈雅夫じゃなくて正雄ですよ。

  • スタッフ

    2016年05月16日 09時58分

    ご指摘ありがとうございます。
    大変失礼いたしました。
    修正させていただきました。

  • 吉田

    2016年05月17日 13時05分

    真田太平記は水曜時代劇かなにかで、大河ドラマではありません