ピョンチャン五輪

2018年02月01日 (木)

ピョンチャン五輪もうすぐ開幕!現地派遣クルーをご紹介します

pyengchang04_og.jpg
ピョンチャン五輪開幕まであと8日!
期間中はこのブログでも、大会の様子を発信していきます。

一足お先に、現地で取材にあたるクルーを紹介します!(五十音順)



1-ogawa.jpg

小川達也(PD)

ピョンチャンで担当する業務
JC(ジャパンコンソーシアム) 主にフィギュアスケート

冬のオリンピックの思い出
前回ソチ五輪の浅田真央さんのフリースケーティング

今回の業務に向けた抱負
関西ゆかりの宮原知子選手、坂本花織選手、田中刑事選手が出場するフィギュアスケート。視聴者の皆さんに日本選手の頑張りをしっかりと伝えたいと思います。

 



2-saiki.jpg

斎木大輔(PD)

ピョンチャンで担当する業務
主な仕事は現地スタジオから競技中継の合間に最新情報やメダリストの声などを日本の皆さんにお伝えすることです。

思い出の大会
2012年ロンドンパラリンピックで現地派遣されたときに感じた大会と町の一体感が今でも忘れられません。とても素敵な経験でした。

今回の業務に向けた抱負
今回も競技のことだけでなく現地の雰囲気や人々の声もお伝えしたいと思っています。寒いピョンチャンから熱い番組をお伝えできるよう頑張ります!



3-toyohara.jpg

 豊原謙二郎(アナウンサー)

ピョンチャンで担当する業務
競技の中継 アルペンスキーを担当します。

冬のオリンピックの思い出
幼い頃なので詳細はぼんやりしていますが、記憶に焼きついているのは、’84サラエボ五輪スピードスケートの黒岩彰さん。オリンピックのプレッシャーの凄さを理屈でなく感じました。仕事ではバンクーバー五輪1年前で現地からリポートさせてもらったとき、町の歴史ある木造のカーリング場で、おじいさんが箒のような古い型のブラシでスウィープしていて「これが本当のカーリングだ」的なことをおっしゃっていたのが心に残っています。文化なんだなあ、と。

今回の業務に向けた抱負
アルペンスキーでは日本勢は3度目の五輪挑戦となる湯浅直樹選手の熱い滑走をしっかりとお伝えしたいと思います。初出場の石井選手、石川選手、安藤選手もベストな滑りができますように。また、世界最高峰のハイスピードバトルを五感をフル回転させてお伝えすべく頑張ります。



4-hoshino.jpg

星野圭介(アナウンサー)

ピョンチャンで担当する業務
ラジオ実況(ジャンプ、ノルディック複合、フィギュアスケートなど)

冬のオリンピックの思い出
大学2年生の冬に白馬の会場で観客として見つめた、長野五輪ジャンプラージヒルの船木選手の金メダルと原田選手の銅メダル。この仕事を志すきっかけになりました。

今回の業務に向けた抱負
ウインタースポーツをラジオで放送する機会は少ないので、聞いている方の目に浮かぶよう描写しながら点数やタイムの差を分かりやすくお伝えする中で、勝負の機微に迫れればと思います。



5-yoshimoto.jpg

吉本有里(記者)

ピョンチャンで担当する業務
フィギュアスケートなど

冬のオリンピックの思い出
今からちょうど20年前の長野五輪。当時、中学生だった私は、スキージャンプ男子団体の結果がどうしても気になって、授業中だったにもかかわらず、先生に頼んでテレビをつけてもらいました。生中継を見ながらクラスメートとともに日本チームを応援し、金メダルが決まった瞬間は授業中だということも忘れてみんなで喜び合ったことを今でも覚えています。

今回の業務に向けた抱負
フィギュアスケート女子シングルの日本代表は2人とも関西出身の選手。坂本花織選手は「関西魂を世界に見せつけたい!」とインタビューで力強く話してくれました。そんな関西勢の選手たちの活躍をしっかりと取材し、お伝えできるように頑張ります!

 

ピョンチャン五輪のニュース一覧

もっと見る

フィギュアのニュース一覧

もっと見る

関西のスポーツ

もっと見る

関西 NEWS WEB

もっと見る