2017年11月20日 (月)

番組からのご案内

あの感動の名作がいつでもお聴きいただけます! 「ラジオ文芸館」 真山仁 作『白球を追って』【聴き逃しサービス】

アナウンサーの語りと音響効果で構成する“耳で聴く短編小説”『ラジオ文芸館』。今回は、真山仁「白球を追って」。東日本大震災後、東北の小学校に、神戸から派遣されている教師・小野寺徹平。ある日、地元少年野球チームの教え子が、突然父親の仕事の都合で大阪に引っ越すことになり、大会に出られなくなったと伝えられる。小野寺は、親の都合で希望が絶たれてはならないと、説得に動こうとするが、すべては、小野寺の勇み足であった…。

放送では大好評だったラジオ文芸館、「真山仁 作『白球を追って』」。今回、聴き逃しサービスでいつでもお聴きいただけるようになりました。※配信期間は1か月程度の予定です。

朗読は、大阪放送局の芳賀健太郎アナウンサーが担当。東北の津波被災地に生きる野球少年と、神戸から派遣されている応援教師の奮闘を描いた温かい物語です。ぜひお聞きください。

放送:11月11日(土)午前8時5分~45分 

 

アナ・キャスの部屋

もっと見る