番組からのご案内

2016年12月14日 (水)

ココがズレてる健常者 障害者100人がモノ申す!

1213_kokozure_01_logo.jpg

 

21日(水)に放送される「ココがズレてる健常者 障害者100人が物申す」という番組を紹介します。この番組はっきり言ってすごいんです。100人の障害者が、それぞれ健常者への「ここがズレてる」と思うエピソードを持参してスタジオで発表します。

 

 

1213_kokozure_06_logo.jpg

(左から、徳井健太さん、吉村崇さん、千原ジュニアさん、カンニング竹山さん、小島よしおさん、中川翔子さん、厚切ジェイソンさん)

 

それを受けてこの7人の健常者ゲストたちと腹を割ってガチバトルするという前代未聞の番組。

 

 

1213_kokozure_07_logo.jpg

 

例えば、脳性麻痺の畑さんが思う健常者のズレてるポイントがこちら。「こっちが悪いのに謝られる」。

 

畑さん:

「手や足が当たったらね、健常者側からごめんなさいって謝るんですよ。これがズレてるんですよ!」

 

千原ジュニアさん:

「それはちょっと考えすぎなとこもあるかもわかりませんよ?健常者同士でも普通にバンと当たってすいませんっていうことありますもん」

 

他にも視覚障害の川田さんはこんなエピソード。

 

1213_kokozure_08_logo.jpg

 

川田さん:

「障害者ってみんな神様みたいに思われてるというか。電車の中で点字の本を読んでるんですよ。そうすると前に立っている人が『えらいねぇ毎日お勉強してて』って言うんですよ。でもこれ読んでるのポルノなんですよ!」

 

吉村さん:

「点字のポルノってあるんですね!電車の中でポルノ読むって…だいぶ性欲強い方ですよ!」

 

 

メインMCは放送作家の鈴木おさむさん。実は鈴木さんがこの番組の発案者なんです。

 

1213_kokozure_12_logo.jpg

 

8月にEテレの福祉番組「バリバラ」で鈴木さんがバリアフリーな世の中に向けてこんな番組を提案したことがきっかけでした。

 

「障害者100人が集まって、芸人と向き合ってバトルする!」

 

1213_kokozure_13_logo.jpg

 

鈴木さん:

「健常者は障害者の方に気を遣いすぎている部分があって、障害者は障害者の方で健常者の人に気を遣っている部分があるじゃないですか。そういう部分をお互いが腹を割って話すことが意外とないよなって」

 

障害者の方が言っていたズレてるエピソードも、大部分が「気を使わないでほしい」というものでした。

 

そこで番組では、実際に障害者はどんな風に気を使われてしまうのか?を見るためにドッキリを敢行。「もし、カフェの店員さんの腕に障害があったら?」というテーマでザブングルの加藤さん、小島よしおさんを標的に実験。すると意外な結果になったんです。

 

1213_kokozure_14_logo.jpg

 

1213_kokozure_15_logo.jpg

 

1213_kokozure_16_logo.jpg

 

更に、障害者の要望を聞くコーナーでは、義足の大西さんが「片足だから、足やせエステは半額にして!」という想いを告白。実際にエステ店に突撃し交渉したんですよ。

 

1213_kokozure_17_logo.jpg

 

大西さん:

「足1本しかないんですよ。右足義足で。半額になったりしますか?」

 

いったい、どうなったんでしょう!

 

番組の最後には100人の障害者の皆さんにゲストの中から最もずれてる健常者“MZK”を選んでいただきました。不名誉な栄冠に輝いてしまうのは一体だれなのか?

 

1213_kokozure_20_logo.jpg

 

1213_kokozure_21_logo.jpg

 

1213_kokozure_22_logo.jpg

 

1213_kokozure_23_logo.jpg

 

笑いながら勉強になる前代未聞の特別番組!みなさんぜひお楽しみください。

 

 

 

特別番組

「ココがズレてる健常者 障害者100人がモノ申す」

総合テレビ

21日(水) 午後10:30~11:15

http://www6.nhk.or.jp/baribara/special/kokozure2016.html

 

■ コメント(26)
  • 樋口雪彦

    2016年12月16日 08時19分

    また、やってほしいです。精神障害者と健常者もお願いいたします。

  • 久保田隆央

    2016年12月17日 00時12分

    知り合いの筋ジストロフィーの障害者を出してあげたいです。可能でしょうか?話したいことが沢山あるかたなんです

  • 猿渡 達明

    2016年12月17日 12時38分

    はじめての企画
    本当にびっくりです。
    いろいろな障害のある方のガチンコ おもしろそう。
    第二弾楽しみにしてまーす

  • よーこさん

    2016年12月18日 17時15分

    私もバリバラ出てみたいです。
    玉木さんと語り合いたいです。
    山本シュウさんに突っ込まれたいです。

  • 成田知樹

    2016年12月21日 00時37分

    健聴(健常)者は障害者に気を遣いすぎている人が多いだけではなく、障害者に対する理解が無い(他の障害者には理解があっても、聞こえない人にはあまり理解が無いとか)とか、障害者と関わる(一緒に交流したり仕事したりする)のは面倒臭いとかレベルが下がる・面白くないとかで避けたり無視したりしている人も多いようです。

    また、番組に出ている健聴(健常)者ゲストは芸人ばかりなので、大物政治家や経営者(出来たら大企業の会長・社長・最近、注目企業の社長)・大物著名人(安倍首相や二階俊博幹事長・竹中平蔵元大臣・石原慎太郎・小池百合子、堀江貴文、北野武ら)も呼んで議論して頂きたい。(障害者の著名人としては、東大の教授されている盲ろうの福島 智さんや乙武洋匡さんらも呼んで頂きたい。)

    番組に出ている障害者は健聴者(司会者やゲストら)と話出来る身体障害者や精神・知的障害者がほとんどのようですので、次回(たまには)は「聞こえない人(難聴・聴覚障害者・ろうら)が申す ここが変だよ健聴者 (一緒に交流したりしようよ)」とか「・・障害について」(それぞれの障害の基本情報や日常生活・仕事・対応方法などを紹介した番組など)もやって、健聴(健常)者の聞こえない人(勿論、他の障害者も含めて)に対する理解向上は勿論、共に交流したり学んだり仕事したり出来るような真の意味でのダイバーシティー社会・障害がある者もない人も共に安心して暮らせる社会・ダイナミックな日本にして欲しいです。

  • 間谷育代

    2016年12月21日 13時48分

    確かに思います(笑)
    しかしながら、私は精神精神の見えない障害と言われる高次脳機能障害なので外見ではわからず身体の右上肢麻痺を見て障害者と認識されるようです。
    私はようなタイプも取材して欲しい限りです(笑)
    このような番組が増えることを期待します!

  • 木蓮

    2016年12月21日 22時12分

    素晴らしいと思います。ただ目で見て分かる障害者さんだけではなく、目で見て分からない精神障害者とのガチンコ対談していただきたいです。
    ちなみに私は統合失調症と鬱と環境適応障害と過敏性腸症候群等、沢山の精神疾患を持っています。
    カミングアウトしても「気のせいじゃない」とか言われて悔しい想いをしています。
    是非お願い致しますm(_ _)m

  • あひる

    2016年12月21日 23時19分

    再放送してください。

  • 島谷 勝明

    2016年12月21日 23時19分

    面白かった&興味深かった。
    誓いうちに二回目をやって欲しい。
    貴重な企画番組を視聴させて頂き有難うございました。

  • yuzu

    2016年12月21日 23時21分

    本日、放送を見ましたが、終わりの方15分程度でした。是非再放送をお願いしたいです。

  • ふー

    2016年12月21日 23時24分

    よい番組ですね。
    番組を見て色々な感情を持った人がいたと思います。私もです。
    それで良いと思います。障害を持つ人の気持ち、持たない人の気持ち、
    最初は判らなくてもお互いに当たり前。
    知り合う「機会」が多くなれば、自然と判る。
    だって、そもそも人は接点を持たなければ判り合えないし、接点を
    持っていても判り会えない場合があるのですから‼

  • tomo

    2016年12月21日 23時25分

    色々と本音が聞けて、面白かった❗️
    楽しい番組でした。
    最後の脳性まひの方の暖かい言葉に感激しました。
    続けて欲しい番組です。

  • 八巻達哉

    2016年12月21日 23時36分

    最後の方しか見れませんでした。
    再放送を希望します(>_ ちなみに、自分は筋ジストロフィーの車椅子
    ユーザーなのですが番組にもでてみたいです!
    出るにはどうしたらいいのでしょうか?

  • オニッチの親父

    2016年12月22日 00時48分

    今回の企画はそれなりに楽しめました。玉木さんのコメントもステキで、「相互理解の積み重ね」をもつ社会づくりのきっかけになる企画です。ぜひ、さらに企画を続行、さらに練られることを期待します。
    私事ですが、今年還暦の小生が、高校時代から障がい福祉の「仕事」を、ずっと続けて福祉職のスタンスで今回のような企画に近い啓発活動を続けてきました。その中で、障がいをもつ方でも千差万別な声や、家族、兄弟、ご近所さんの声も沢山深く、時には冷たい風も一緒に受けたり、ガッツリ唾を飛ばしあって酒瓶ひっくり返して激論も交わしたりもしてきて....。でもその熱い関係が、大好きなんですね。今も最高のしごとを選んだと思えています。一時は専門職養成の教育にも10数年携わり、政策提言もしてきました。そして結婚後、できた息子が(今回スタジオ入りしていたオニッチ)軽度の知的障害でした。親父の共生ロマンに自然と入ってきている昨今です。今回の出演の機会を頂けたことは、大変本人も歓び、家族としても感謝感謝です。
    今後、ココズレの福祉職・福祉の教育研究者・当事者の家族版も、ぜひ企画されてください。日々、街の変なオジサンの軸足を大切に自分の種々の立場や体験を活かして、自由に今後も発言し、実践を仲間と一緒に、泣き笑い、時には熱くなりながら、生きていきます。
    今後の企画続編を期待しています!!

  • 2016年12月22日 02時11分

    見逃しました。再放送はいつですか?

  • みさ

    2016年12月22日 02時46分

    番組面白かったです!変にドキュメンタリーとしてお涙頂戴番組があるなか、バラエティーとして障害者あるあるを知れてよかったです!互いに相手のホンネを知ることがまず大切だと思いました!

  • クロちゃん

    2016年12月22日 02時55分

    面白く拝見しました。
    障害者の方々を中心に、少数派を健常者にして、障害者の視点から健常者を見る、という逆転の発想?さすが鈴木さん、という感じだったし、皆さん生き生きされてましたね!
    ただ、一方で、私的には、障害者方々の意見だから全部優先というわけでなく、
    なんというか、障害者の方の本音と、それに対する健常者の本音を、もっとガチンコで議論する番組でもいいかな、とも感じました。健常者も障害者も両方いてこその社会だと思うから。

  • 仝恵那

    2016年12月22日 08時32分

    この番組を見ている人は元々障害者を社会が受入れようと考えている人達だと思います。


    障害者へ「イイカゲンにしろ!」と言いたい。

    「謝るな」自意識過剰だろ!日本人の習性だ。

    ジロジロ見るな?
    外国人や芸能人と同じで見慣れないと見てしまう。
    気の毒には思うが見られるのに慣れて欲しい。

    ウエイトレス実験「出きるのに手伝わないで」時間がかかってるのは仕事として出来てません。

    エステ「片足だから半額にして」
    コストを考えろ。施術意外のコスト、接客やスペースは一人前です。世間知らずよ!企業はボランティアではありません。

    「見た目わからない障害者にも気を使え」
    マークの認知度をあげる為に自分達でもっと活動しろよ。政府に訴えるとか。「ーしてくれない」ばかりで何もしないで一人前に扱え?無理!
    活動してもうまくいかない?当たり前です。世の中そんなものだ!工夫して何度もアタックして勝ちとるものです。
    マークを付けて無い人は論外。世間の皆が彼方の事を知ってるとでも?

    障害者だってより重度の障害者を差別してるでしょうが!!
    健常者へのひがみ根性に見える。

    「気を使うな健常者と同じに扱え」と言うなら、
    健常者が彼方達と同じ態度なら「邪魔だどけ!」です。それが望みですか?

  • みおな

    2016年12月22日 08時36分

    すごく良かったです。
    もっと見たかった。
    どう接していいかわからずついつい腫れ物に触るようにしてしまうので、こんな風にどんどん出てくれて色んな事教えてくれるともっともっと当たり前になってくると思います。
    芸人さんと、というのが良かったと思う。
    面白ければ沢山の人が見るから。
    いつかオネエ枠のように障害者枠みたいな需要が出来るテレビ界になったらいいな。

  • ゴリアス

    2016年12月22日 14時05分

    仝恵那 さんへ

    なかなか辛辣な投稿されているのを拝見して、ちょっとびっくりしたのでコメントします。
    障害者の中には、生まれ持って障害特性をかかえている方がいます。その人たちは何も悪いことをしたわけでもなく、好奇に晒されたり不遇な扱いを受けるいわれはどこにもありません。障害者なんだから我慢しろとか、自分たちで戦って勝ち取れとか、同じ人間なのに一体どんな立場で言えるのでしょうか。あなたはどんな工夫をして何度もアタックもして日常生活を勝ち取ったというのですか?
    そして、決定的に欠如しているのが、「自分がいつ障害者の仲間入りするかわからない」という想像力です。もし万が一あなたやあなたの家族が障害者の仲間入りしてしまったその時にこそ、ぜひこの言葉を贈りたいです。「邪魔だどけ!」

  • たま

    2016年12月22日 18時56分

    前々からチェック入れていたのに、
    見逃してしまいました……!

    なんらかの方法で視聴したいです!

  • ゆき

    2016年12月22日 21時20分

    最後の20分くらいしかみれませんでした。それでも惹きつけられたので全部見たいです。再放送をお願いします。それにこんなにも有名な芸能人の方々が話題にする事で何か変わるかも。再放送お願いします。

  • 川田桃子

    2016年12月23日 02時40分

    番組拝見しました。健常者が気を使うばかりに、かえって障害者の迷惑になる事もあるのだな…と、認識を改めるキッカケになりました。
    ただ、一つだけ見終わった後もモヤモヤした不快な気持ちが残ったのが、エステでの「片足義足だから半額にして!」のコーナーです。これはやりすぎではないかな・・・と思いました。
    私自身が接客サービス業をしている事もあり、悲しくなりました。突撃取材風の音声だけを流し、エステ店員の応対を面白おかしく文字にして・・・。まるで障害を振りかざし、真面目に仕事をしている健常者をからかい面白がってるかの様に受け取れました。
    真面目な話、例えば髪の少ない方が床屋で半額を要求しても、その主張は通らないですよね。
    良い番組だっただけに、残念です・・・。

  • あんころもち

    2016年12月24日 02時22分

    録画すればよかった…再放送してくれたら嬉しいです。

  • ぬぬぬ

    2017年05月27日 21時58分

    これからも24時間テレビをバシバシ突っ込んでくださいませ!!障害者の主張を共感から感動、そして笑いに導くバリバラ!革命のイナズマを走らせてください!

  • 福沢義則

    2017年08月19日 09時12分

    精神障害は別枠でもう一つグループ別けして欲しかった。外見が障害者者でなく、障碍者だから、それなりの苦悩もあります。
    障害者手帳を色々な場面で見せなければならないのは、屈辱的ですし、長い列の中にいた場合、手間取ったりしていると、舌打されたりすることもあいます。