番組からのご案内

2016年11月16日 (水)

2019年大河ドラマ(第58作)企画決定!

kudoukannkurou.jpg

 

オリンピック×宮藤官九郎

 

東京オリンピック開催を間近にした、2019年。「オリンピック」の歴史を題材に、宮藤官九郎オリジナル脚本で、“痛快&壮大な大河ドラマ”を制作します。

 

 

<宮藤さんのコメント>

宮藤です。

歴史を動かした人物にも、戦国時代にも幕末にもあまり思い入れがないから、自分に大河ドラマは無理だろうと思っていました。

しかし、かつては現代劇や架空の人物を描いた大河もあったそうです。

「だから大丈夫です、できる題材を探しましょう」という優しい言葉を頂き、だんだんその気になり、考えたのが『東京』と『オリンピック』の物語です。

日本人が初めてオリンピックに出場した明治の終わりから、東京にオリンピックがやってきた1964年までの、およそ50年。戦争と政治と景気に振り回された人々の群像劇。歴史に〝動かされた〟人と町の変遷を一年かけてじっくり描く予定です。

まあ、こんな大河も、たまにはいいよね、と大目にみて頂けたら幸いです。がんばります。

 

 

このドラマを見れば、2020年・東京オリンピックの見方が変わります!

 

http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/2000/257134.html

■ コメント(2)
  • purewater

    2016年11月18日 20時33分

    今からメチャメチャ楽しみです。

  • 中西 勇

    2017年03月02日 19時35分

    それも結構ですが、グローバルな時代の中で、ドラマを考えていこうとするならば、例えば天正少年使節や角倉了以といった海外での活動などを取り上げてもらいたい.年間通じなくとも半期ごとに放映することも、ぜひご検討いただければ、私は、あの世へ旅立てると思っております.よろしくお願いします.