まんぷく「福ちゃん通信」

2018年11月17日 (土)

福ちゃん通信 Vol.7

ヒロイン・福子役の安藤サクラさんの第7週の感想は「福ちゃんの持っている運がコロコロコロと転がり出す!」です。

そんなサクラさんが、1週間の放送の中から印象的だったシーンをピックアップ!

 

恥ずかしかったけど楽しかった「たちばな塩業慰労会」

blog_fukuchan_w7_181108_1.jpg

国から製塩業の認可が下り、「たちばな塩業」が創業しました。ところが、従業員たちには過酷な労働に見合う十分なお給料を支払うことができません。みんなの不満がたまっていることを察した福ちゃんは「慰労会」を開くことを思いつきます。タカちゃんのハーモニカ演奏、福ちゃんの「リンゴの唄」英語バージョン、鈴さんの「国定忠治」ひとり芝居、福ちゃん&萬平さんの夫婦漫才など、さまざまな出し物で従業員たちの労をねぎらいます。

blog_fukuchan_w7_181108_2.jpg

「慰労会はすごく恥ずかしかったですけど、すごく楽しかったです。鈴さんの『国定忠治』、かっこよかったですね。さすがだな、と思いました」。

「貝殻で作った福ちゃんのリボンと萬平さんのちょうネクタイ、かわいいですよね。あれはメイクさんのアイデアなんですって」。

 

魚をさばく赤津さんの緊張、気持ち分かります!

blog_fukuchan_w7_181108_3.jpg

たちばな塩業の売り上げが思うように伸びず、ますます質素になっていく食事を自分たちでなんとかしようと釣りに出かけた従業員たち。かかった魚は大きなタイ!「こんな大きな魚はさばけない」という鈴さんに代わって、 元すし職人の赤津さんが手際よくさばきます。豪華なお刺身にみんなは大喜び!

 

「魚をさばくシーンで、赤津さん、すごく緊張してたと思うんですが、自分も慰労会の時に緊張しましたし、気持ち分かるなって思ってました。そんな赤津さんに周りのみんなが色々と言うんですよね。だんだん仲良くなってきた塩軍団のみなさんならではの掛け合いがおもしろかったです」。

 

「赤津さんが頑張ってさばいてくれたタイのお刺身はとてもおいしかったです。たくさん食べました」。

 

“朝ドラ”ならではの裏ドラマに感動!

blog_fukuchan_w7_181108_4.jpg

たちばな塩業の塩をこっそり闇市で売って大儲けしている世良さんは靴磨きの少年に「帰ってお母ちゃんを喜ばしたれ」と気前よくお代を払います。少年は「ありがとう、おっちゃん!」うれしそうにお礼を言います。

 

「この靴磨きの少年、第4週で壁新聞を見ている少年と同じ男の子なんです。同じ子がこっそり別の役をやっているんじゃなくて、同じ少年の設定だと思うんですよね。その彼が第4週を撮った後に声がわりしちゃって。そんな(長い期間撮影している)“朝ドラ”ならではの裏ドラマにちょっとときめきました」。

福ちゃんの浮気を疑う萬平さんがおもしろくて。

blog_fukuchan_w7_181108_5.jpgとりつかれたように絵を描き、過労で倒れてしまった忠彦さん。休むように説得しようと克子姉ちゃんの家に向かった福ちゃんは、真一さんに助っ人を頼みます。そして偶然にも、福ちゃんと真一さんが一緒に歩いているところを、たちばな塩業の従業員が目撃。真一さんのことを知らない従業員は「奥様が男と一緒に歩いていた」と萬平さんに報告します。

 

「福ちゃんの浮気疑惑(笑)。浮気を疑う萬平さんとのお芝居はすごくおもしろかったです。特に萬平さんがお布団の中で、福ちゃんに聞こえないように言う『そうですね、じゃない!』っていうセリフがおもしろくて、笑っちゃいそうでした」。

 blog_fukuchan_w7_181108_6.jpg

「鈴さんが萬平さんに三つ指をついて『信じてあげて』って言ってくれたおかげで、萬平さんは正気に戻ったんですよね。すごく貴重なシーンだなと思います」。

blog_fukuchan_w7_181108_7.jpg

「でもちょっと気になることが。結局、福子は浮気疑惑について確認されてないんですけど、本当にもうすっきりしたのかな、と。だって、塩軍団の何人かは、『あの奥様ね、いい奥様だけど、実はさあ』って思ってるかもしれないでしょ? 塩軍団に誤解されたままかもしれないって思うとちょっと悔しいんですよね(笑)」。

 

三田村さんとのお芝居は難しいからこそ楽しい!

blog_fukuchan_w7_181108_8.jpg

世良さんがたちばな塩業の塩を密売した証拠を見つけた福ちゃん。世良さんを問い詰めようと向かった先には、以前、憲兵隊から萬平さんを助けてくれた大阪商工会の三田村会長がいました。福ちゃんは三田村会長に、萬平さんが製塩業を始めたこと、闇市などには手を出さず最上級のお塩を作っていること、そしてそれは次の事業の資金作りのためなのだ、と報告します。それを聞いた三田村会長は、萬平さんに3万円投資することを決めます。

 

「福ちゃんは、三田村さんに投資をしてもらおうと思って行った訳じゃないから、あざとい部分は持っていなくて。ただ、福ちゃんが持っている運がコロコロコロと転がる感じなんですよね。そこ(を演じるの)は難しかったです。でも難しかったからこそ、とても楽しかったです」。

 

「三田村さんとのシーンは長いシーンが多いんですけど、だいたい一回でOKなんです。『来週は三田村さんとのシーンだ』って一週間ぐらい前からいい緊張感を持ってのぞんでいました」。

 

妊娠を報告した時のお母さんの顔を見ると自然と涙が。

 blog_fukuchan_w7_181108_9.jpg

 三田村会長に投資してもらうことが決まった直後、急に吐き気をもよおした福ちゃん。帰りに産院に寄った福ちゃんは、「投資3万円」と「妊娠3か月」というとってもうれしい報告を2つも持って家に帰ります。

 

「そして週の最後に子どもができるんですよね。今までどれだけ鈴さんに『子どもは? 子どもは?』って言われてきたことか(笑)。妊娠を告げるシーンは、『萬平さんと喜びを分かち合う』というイメージのト書きが書いてあったのですが、もちろん萬平さんとの喜びもあるんですけど、鈴さんの顔を見ると自然と涙が出てきたんですよね。重圧から解放された喜びもあるけれど、お母さんがこんなにも喜んでくれる報告ができたってことがうれしくて。もちろん福ちゃん自身も妊娠を望んでいたわけですしね。このシーンは自分の経験とも重なったシーンでした」。

 

慰労会のシーンでは、萬平さんがアドリブで沸かせたり、塩軍団からは台本にはない「社長コール」が起きたり、とライブ感たっぷり。

福ちゃんがちょっぴり恥ずかしそうに歌う姿がとってもかれんで、スタッフから「ベリーベリーキュート!」という声があがりました。

 

それでは、次回の「福ちゃん通信」は11月24日(土)公開予定です。お楽しみに!

manmuku_koushiki_hp.png

まんぷく「福ちゃん通信」

もっと見る

まんぷく特集記事

もっと見る

まんぷくリリース

もっと見る

まんぷく NHKオンデマンド

もっと見る

まんぷく NHK PR

もっと見る

まんぷくドラマブログ

もっと見る