高校野球

2018年08月17日 (金)

下関国際・鶴田投手~頭脳的なピッチングで初のベスト8~

 turuta.jpeg

17日の第3試合では山口の下関国際高校のエース、鶴田克樹投手が相手バッターの弱点を突いた頭脳的なピッチングをみせ、初のベストエイト進出に大きく貢献しました。


去年の夏も甲子園を経験している鶴田投手は最速147キロの速球と鋭いスライダーが持ち味の本格派ですが、「三振は球数が増えるから」と打たせて取ることをテーマに試合に臨んでいます。
その鶴田投手のピッチングを支えているのが試合中に相手バッターの動きを注意深く見つめる観察眼です。

 

初のベストエイト進出をかけた東千葉の木更津総合高校との3回戦でも観察眼が生きました。

鶴田投手は相手の打順が一回りしたところで、右バッターがスライダーに合っていないことに気づいたのです。スライダーを投げると、右バッターが前のめりになって見逃しているのを見て、「タイミングがずれていると感じた」と鶴田投手。中盤から右バッターのアウトコースのスライダーを勝負球にしました。

4回、ワンアウト二塁三塁のピンチではスライダーでショートゴロ、続くバッターもアウトコース寄りのスライダーでピッチャーゴロに打ち取り、0点にしのぎました。

 

その後もシュート気味に沈むツーシームとスライダーをコースに投げ分け、要所を締めるピッチング。

2試合連続でふた桁安打をマークしている木更津総合をソロホームランのわずか1点に抑えて3試合連続の完投勝利を飾りました。

鶴田投手は「きょうはスライダーを効果的に使えた。1回戦と2回戦で苦しい試合を経験したので、ピンチでも落ち着いて投げることができた。準々決勝は連投になるが、しっかりと投げきりたい」と話していました。


この夏、甲子園で初勝利をあげてから3連勝でベストエイト進出。チームの快進撃をエースの頭脳的なピッチングが支えています。
(甲子園取材班 金沢隆大記者)

turuta2.jpeg

 

NHK甲子園 特設HP
koushien100_s.jpg

 

高校野球

もっと見る

夏の甲子園 ニュース一覧

もっと見る

関西のスポーツ

もっと見る

「甲子園」を演奏しよう

もっと見る