高校野球

2018年08月05日 (日)

3大会連続のサヨナラ負けを糧に~中越・広瀬選手~

 hirose.jpg

 

夏の全国高校野球、大会1日目の第3試合では新潟の中越高校が北神奈川の慶応高校に2対3でサヨナラ負けしました。中越は前回、前々回の出場でもいずれも初戦でサヨナラ負けし、今大会は、「この悔しさを晴らす」と勝利を目指しましたが、みたび初戦でサヨナラ負け。唯一出場した1年生は、雪辱を誓いました。

 

中越は前回出場のおととしの大会では初戦の1回戦で0対1でサヨナラ負け、その前の年の大会でも
初戦で3対4でサヨナラ負けしていました。5日の試合前、中越の本田仁哉監督は「連続でサヨナラ負けをしているので、その悔しさが原動力。100回目の記念大会は悔しさを晴らすチャンスととらえている」と話していました。

 

また先発メンバーで唯一の1年生、広瀬航大選手も「先輩たちの悔しい思いはわかっている。3年生の代わりに自分が出してもらう以上、『自分で勝った』と言われるようがんばる」と意気込んでいました。

試合では、相手が右バッターか左バッターかに応じて2人のピッチャーをかわるがわる登板させる小刻みな投手リレーを行って慶応打線を8回まで2点に抑えました。一方、打線では広瀬選手がヒット2本を打ち、7回の2本目のヒットでは相手のエラーもあってみずからのヒットで一気にホームを踏み、同点に追いつきました。

広瀬選手は8回、ツーアウト一塁二塁の勝ち越しのチャンスで打席を迎えましたが、この場面は三振に倒れ、勝ち越しはなりませんでした。試合は同点の9回裏に慶応にタイムリーを打たれ、サヨナラ負けを喫しました。

試合後、広瀬選手は「あそこで自分が打っていれば勝てた。3年生の夏を終わらせてしまい 申し訳ない」と涙ながらに話していました。それでも広瀬選手は「自分は春と夏であと4回、甲子園に行くチャンスがある。甲子園に絶対に出て、勝って先輩に恩返ししたい」と力強く前を向きました。

前回、前々回のリベンジはならず、甲子園を去った中越ですが、悔しさを糧にさらなる成長を誓った
広瀬選手を含めたチームが、次の甲子園の舞台で、これまでと違った戦いぶりを見せるか注目されます。   

(甲子園取材班 武田善宏記者)

 

 

NHK甲子園 特設HP
koushien100_s.jpg

 

高校野球

もっと見る

スポーツ

もっと見る