高校野球

2018年08月05日 (日)

松井秀喜さんの励ましを力に~星稜(石川)~

 0805104151.jpeg


100回の記念大会となる夏の全国高校野球が5日開幕し、第1試合では石川の星稜高校が大分の藤蔭高校に9対4で勝ちました。星稜の選手たちは、試合前の始球式をつとめたOBの松井秀喜さんからの励ましを大きな力に変えました。

 

ことしの夏の全国高校野球は、100回の記念大会となることからこれまでの大会で活躍した選手たちが
始球式を行うことになりました。

きょうの開会式直後の第1試合では、星稜のOBで、プロ野球の巨人や大リーグのヤンキースなどで活躍した松井さんが始球式を務め、1回表の守備位置についていた星稜の選手たちがその様子を見守りました。
松井さんは、前日の夕方、1学年下の後輩である星稜の林和成監督に電話し、「自分が始球式だからといって、 気負わず、うわつかずに試合をしてほしい。卒業してから後輩たちの試合を見るのは初めてなので、楽しみにしている」と話したということです。

この話は試合前、林監督から選手たちに伝えられました。

 

さらに先発マウンドを任された2年生エースの奥川恭伸投手は、始球式の直後、松井さんから「頑張ってくれ」と言われ、「絶対に負けられない」といっそう気合いが入ったといいます。
松井さんが試合を見守る中、奥川投手は持ち味のストレートを軸に立ち上がりから強気のピッチングを続け、終盤の8回には自己最速を更新する150キロをマーク、8回4失点と力投しました。
打線でも勝ち越しのタイムリースリーベースヒットを打った河井陽紀選手が「松井さんの前では絶対負けられないと試合前から全員で話していた。勝利を見せられて良かった」と話していました。

試合後、松井さんは選手たちとともに校歌を歌い、喜びを分かち合っていました。

石川大会では5試合で53得点、失点0と圧倒的な力で勝ち上がってきた星稜。偉大な先輩の励ましを力に変えて初戦を突破し、ことしの春のセンバツのベストエイトを上回る成績を目指します。

(甲子園取材班)

0805111934.jpeg

NHK甲子園 特設HP
koushien100_s.jpg

 

高校野球

もっと見る

スポーツ

もっと見る