ほっと関西ブログ

2020年07月31日 (金)

播戸竜二さんが占う!関西 J1 【山本賀保子】

およそ4か月の中断から J1 が再開して1か月。
ここまで7試合を終えて、関西勢はガンバ大阪が2位セレッソ大阪が4位ヴィッセル神戸が9位となっています。

今シーズン、関西勢の3チームの戦力をどう見るか。今後の戦いに何を期待するか。
去年、現役を引退したばかりの「浪速の闘魂ストライカー」播戸竜二さんに熱く解説していただきました。

yamamoto200731_1.jpg

播戸さんは現役時代、ガンバ・セレッソ・ヴィッセルの3チームに所属した経験があり、それぞれのチームを独自の目線で分析してくれました。

まずは4連勝と好調のガンバ。好調のカギは中盤のポジションを担う選手にあるそうです。
遠藤選手や井手口選手、矢島選手など、実績十分の選手がそろっていて、選手の層の厚さを感じさせます。どの選手が出場しても盤石な中盤が、今シーズンの過密日程を乗り越えるひとつのポイントとなっているそうです。

中でも播戸さんが注目するのが、小野裕二選手と宇佐美貴史選手。
今シーズン、顔面骨折という大きなけがをしながらも試合に出続ける小野選手の「闘魂」。それに、宇佐美選手の正確無比のシュート力があれば優勝もねらえると話していました。

セレッソについては、組織的な守備力を評価していました。
今シーズン移籍してきた坂元達裕選手のドリブル、シュート、パスの能力もすばらしいと大絶賛で、坂元選手が左利きなことも相手を惑わすプレーに一役買っているそうです。

そしてヴィッセル。試合を見ている中で「惜しい!」と感じるシュートが多いなと感じていましたが、播戸さんいわく、シュートが決まるか外れるかは「紙一重」。決定的とも言えるチャンスは確実に作れているので、ファンの皆さんには安心して見守ってほしいと話していました。

4か月間の中断を経て、7試合を終えた J1 。
出演の前に、播戸さんとは「こうしてサッカーの話ができるようになったことがうれしいですね!」と話していました。前節、新型コロナウイルスの影響で広島と名古屋の試合が急きょ中止となるなど、模索をしながらの状況が続いていて、かつてのような観戦スタイルはかないませんが、試合が行われている今、気持ちだけはいつも以上に熱く、関西の3チームを応援していきたいと強く思いました。

 


yamamoto_2.jpg

スポーツキャスター 山本 賀保子(やまもと かほこ)



ニュースほっと関西 ホームページ

関西 NEWS WEB

ほっと関西ブログ

もっと見る

関西のスポーツ

もっと見る

アナ・キャスの部屋

もっと見る

ニュースほっと関西 特集・リポート

もっと見る

関西 NEWS WEB アクセスランキング

関西 NEWS WEBへ

関西 NEWS WEB

もっと見る