ほっと関西ブログ

2020年03月25日 (水)

金メダルへ パラ柔道・北薗新光選手 【山本賀保子】

2月21日のニュースほっと関西では、3大会連続のパラリンピック出場を目指す柔道の北薗新光選手を紹介しました。
北薗選手は神戸市出身の29歳。男子81キロ級でメダルが期待されています。

yamamoto200325a_1.jpg5歳で柔道を始め、子どものころの夢はオリンピックで金メダルを取ることだったという北薗選手。柔道に打ち込み、高校は強豪・育英高校に進学しました。
しかし、17歳ごろから次第に視力が低下。大学進学時に難病の「網膜色素変性症」と診断され、次第に視力を失っていきました。
いまは視野が健常者の8分の1ほどだという北薗選手。中心視力のぼんやりとした視界と、見えていたときの記憶を頼りに相手の体型や位置を感じ取っています。

パラ柔道に転向して2年後の2012年のロンドン大会でパラリンピック初出場。
2016年のリオデジャネイロ大会では、3位決定戦に進出しました。
しかし、「人生初の世界の3位決定戦」という大舞台に緊張し、自分の柔道ができずに負けてしまったといいます。

そのとき見つけたメンタル面での課題を克服しようと、去年10月から取り組んでいるのがヨガです。

yamamoto200325a_2.jpg呼吸を意識して行うヨガで、緊張する場面でも落ち着ける呼吸法精神力を身につけようとしています。
肩甲骨や股関節を意識して動かすことで、技も決まりやすくなったといいます。

東京大会では金メダルにしか興味がないという北薗選手
開催は1年先となりましたが、観戦を楽しみにしている4歳の長女・紗輝ちゃんにメダルをかけてあげたいという夢があります。
「一人の大人として親として恥ずかしくない柔道をすることが自分のつとめだ」と話していました。
表彰台の一番高いところで輝く姿を楽しみに応援したいと思います!

 


yamamoto_2.jpg

スポーツキャスター 山本 賀保子(やまもと かほこ)



ニュースほっと関西 ホームページ

関西 NEWS WEB

ほっと関西ブログ

もっと見る

関西のスポーツ

もっと見る

アナ・キャスの部屋

もっと見る

ニュースほっと関西 特集・リポート

もっと見る

関西 NEWS WEB アクセスランキング

関西 NEWS WEBへ

関西 NEWS WEB

もっと見る