ほっと関西ブログ

2019年10月07日 (月)

女子ハンドボール "大阪ラヴィッツだぴょん^x^" 【山本賀保子】

10月3日のええやんで紹介したのは、女子ハンドボール
大阪のハンドボールチーム、大阪ラヴィッツを訪ねました。

yamamoto191007_1.jpg大阪ラヴィッツは創部4年目のチーム。おととしから日本リーグに参戦しています。
大阪ラヴィッツの「ラヴィッツ」は、英語の“LOVE”(愛)と、“RABBITS”(ウサギ)を合わせたもの
大阪をずっと愛する気持ちと、ウサギのようにコートを縦横無尽に飛び回る試合をしたいという思いが込められています。

マスコットキャラクターは・・・。

yamamoto191007_2.jpgウサギのラヴィーちゃん
ピンクのほおに鼻の頭にはハートマーク!
とてもイタズラ好きなのがなんともかわいらしいです!
この日はラヴィーちゃんに選手の皆さんを紹介してもらいました。

ラヴィーちゃんによると、ハンドボールの魅力は「変幻自在のシュート」
鮮やかで多彩なシュートを見せてくれたのが、チーム一のジャンプ力を誇る三原綺乃選手です。

yamamoto191007_3.jpgジャンプシュートフェイントをかけてのシュート、そして空中でボールをキャッチしてそのままシュートするスカイシュートなどなど、変幻自在のシュートを見せてくれました。

yamamoto191007_4.jpg

そのシュートに向かい立つキーパーの仕事も体験させてもらいました。
このときシュートを打ってくれたのが、藤井紫緒選手

yamamoto191007_5.jpg元日本代表で、リーグ屈指のシュート力を誇ります。
ハンドボールのシュートは、外から見ていてもその強烈さがわかります。
藤井選手が「コントロールには自信があるので大丈夫ですよ!」と言ってくださり、安心してゴールの前に立つには立ったのですが・・・

yamamoto191007_6.jpgyamamoto191007_7.jpg速すぎてボールが見えない!そして体がまったく動かない・・・・・・。
これだけ力強く、正確にボールを投げられる選手のすごさを感じましたし、このシュートに立ち向かうゴールキーパーの強さも感じました。

こうなると実際に私もボールを投げてみたくなります。
ラヴィーちゃんにお願いしたところ、紹介してくれたのが、こちら。

yamamoto191007_8.jpg田中美音子選手。元日本代表のキャプテンで、日本リーグでは男女を通じて歴代最多の1566得点をマーク。まさに、日本ハンドボール界のレジェンドです。地元・大阪にチームができたことをきっかけに入団しました。大阪ラヴィッツでは、選手兼ヘッドコーチを務めています。

初心者の私は、そんな田中選手からじきじきに教えを請いました。まずは「キャッチボール」から・・・。

yamamoto191007_9.jpgボールを受けたその瞬間・・・・・・。

yamamoto191007_10.jpgベチャ!手にべったりと吸い付く感覚。
正体は、松脂(まつやに)でした。滑り止めの役割を果たす、ハンドボールの必需品です。
実際に投げてみると、手にくっついてしまい、遠くに投げようとしてもすぐに下に落ちてしまいます。

yamamoto191007_11.jpgですが、田中選手の指導のおかげで、しばらく練習するとキャッチボールができるようになりました。
松脂のおかげでボールを手品師のように扱えるので、コントロールがまだまだの私でも、すごく上達した気分を味わえました(笑)。

yamamoto191007_12.jpg見ているだけでも迫力満点のハンドボールですが、実際にプレーをすると、選手のボールさばきや身のこなしのすごさを感じられます。何より動き回りながら、相手をかわして、パスでつないでいくのが楽しい
女子ハンドボールの日本リーグは来年1月に開幕します。
ぜひとも試合会場に足を運んで大阪ラヴィッツのすごさ、ハンドボールの面白さを体感してみてください!^^

 


yamamoto_2.jpg

スポーツキャスター 山本 賀保子(やまもと かほこ)



ニュースほっと関西 ホームページ

関西 NEWS WEB

ほっと関西ブログ

もっと見る

関西のスポーツ

もっと見る

アナ・キャスの部屋

もっと見る

ニュースほっと関西 特集・リポート

もっと見る

関西 NEWS WEB アクセスランキング

関西 NEWS WEBへ

関西 NEWS WEB

もっと見る