ほっと関西ブログ

2019年08月09日 (金)

"冷やし中華 始めます" 【山本賀保子】

夏の高校野球、関西勢は続々と勝利し2回戦進出を決めています。
大会3日目の8月8日は、第1試合に智弁和歌山高校が登場。
米子東高校(鳥取)相手に8対1で勝利し、初戦を突破しました。

yamamoto190809c_1.jpg4回に先制しましたが、6回表で追いつかれた智弁和歌山。
その裏から強力打線が力を発揮し、6回に3点、7回に3点、8回は1点と順調に点を追加しました。

試合後、主将の黒川史陽選手にお話をうかがいました。

yamamoto190809c_2.jpg初戦の勝利に、ほっとした表情。
「序盤、なかなか点を取ることができなかった中でも、バッテリーがリズムを作ってくれた。1年生からベンチ入りをしている西川(晋太郎選手)、僕(黒川史陽選手)、東妻(純平選手)が軸となり、打てばチームは勝てると思っているので、次もしっかり相手を研究して臨みたい」と意気込んでいました。

そんな中、勝利したにもかかわらず、一人渋い顔をしていたのが・・・西川晋太郎選手。
初戦について「試合には勝てたけど、自分は打てなかった。」と振り返っていました。

yamamoto190809c_3.jpg西川選手には“この夏取り入れよう”と思っていた試合前日のゲン担ぎがあったのですが、前日、それができなかったのです。そのゲン担ぎとは・・・・・・

「小さいサイズの冷やし中華を食べて、100パーセントのオレンジジュースを飲むことです」

ことし春のセンバツに出場した際、打撃好調だった試合の前日に食べていたのが、コンビニで買ったこの2つ。
それ以来、「夏の甲子園でも、絶対に食べよう!」と決めていたのです。
しかし前日。差し入れてもらったカツサンドを食べたため、冷やし中華はあきらめたそう。
「カツサンド、おいしかったのですけど・・・やっぱり食べておけばよかったかなぁ・・・」と真剣な表情でつぶやいた西川選手。
最後は「次はちゃんと食べて、打ちます!」と笑顔で2回戦での活躍を誓ってくれました。
試合の中で見る精かんな表情とは一味違った、高校生らしい一面を見られたような気がしました。

このあと、大会6日目に近江高校(滋賀)と明石商業(兵庫)7日目に智弁学園(奈良)が登場します。
さらに大会8日目は、4試合中3試合に関西勢が出ます
熱戦ばかりで、49校すべての活躍に胸が熱くなりますが、「ニュースほっと関西」で大会最終日まで関西勢の活躍をたっぷりお伝えできるよう、取材や応援を続けていきます。

 


yamamoto_2.jpg

スポーツキャスター 山本 賀保子(やまもと かほこ)



ニュースほっと関西 ホームページ

関西 NEWS WEB

ほっと関西ブログ

もっと見る

関西のスポーツ

もっと見る

アナ・キャスの部屋

もっと見る

ニュースほっと関西 特集・リポート

もっと見る

関西 NEWS WEB アクセスランキング

関西 NEWS WEBへ

関西 NEWS WEB

もっと見る