ほっと関西ブログ

2018年09月12日 (水)

懐かしい気持ち 【山本賀保子】

9月5日のニュースほっと関西では、ローラースケートに乗って行うローラーホッケーをご紹介しました。
ご出演いただいたのは、近畿大学ローラースケート部の皆さん。

yamamoto180912_1.jpg朝早くから取材にご協力いただき、躍動感のあるプレーを見せてくださいました。

yamamoto180912_2.jpgローラーホッケーは、日本ではまだあまり知られていないスポーツですが、ヨーロッパでは人気で、スペインには、プロのチームもあるほどなんです。

yamamoto180912_3.jpg車のように前後2つずつ4つの車輪がついたローラースケートに乗って、スティックでパックと呼ばれるボールを打ちます。
2チームで競い、相手ゴールにシュートして、得点をより多く獲得したチームが勝ちとなります。

yamamoto180912_4.jpgローラースケートに乗って行うのでスピード感があり、プレーも派手なので、観戦しているとまるでショーを見ているような気持ちになりました。

私も、基本の「パス」に挑戦させていただきました。小学生のころ、スケートの車輪部分が縦一列に並んだ「インラインスケート」で遊んだことはあったのですが、大人になって乗るローラースケートには足が震えました。(笑)

yamamoto180912_5.jpg少しでも体重移動があると、車輪が動いてバランスが崩れてしまうので、まっすぐ同じ場所で立つことだけで精いっぱい。力をこめてパックを打つことは難しくて、「なんであんなに華麗にプレーできるんだろう……?」と選手たちを尊敬のまなざしで見つめていました。
そんなわけで全然滑れなかったのですが、ローラースケートに乗る感覚は、夢中になって遊んだ子ども時代を思い出して少し懐かしくもありました。

皆さんは来月、大学日本一を決める大会に出場します。
関西の大学のチームとしては唯一の出場だということなので、ぜひ優勝してほしいと思います!

 


yamamoto.png

スポーツキャスター  山本 賀保子(やまもと かほこ)



banner_link_8_3.jpg
ニュースほっと関西 ホームページ

関西 NEWS WEB

ほっと関西ブログ

もっと見る

関西 NEWS WEB

もっと見る

ニュースほっと関西 特集・リポート

もっと見る

アナ・キャスの部屋

もっと見る