ほっと関西ブログ

2018年08月22日 (水)

大阪桐蔭・選手が体現した「本物の強さ」 【山本賀保子】

夏の全国高校野球100回大会は大阪桐蔭高校の史上初となる2回目の春夏連覇で幕を閉じました。
甲子園で繰り広げられたいくつものドラマ、皆さんはどのようにご覧になりましたか。
今回は私にとって、とても印象に残ったシーンを一つ、紹介します。
それは大会15日目の第1試合。
大阪桐蔭高校が南埼玉の浦和学院高校に11対2で勝って、ベストフォーに一番乗りした試合でした。

yamamoto180822_1.jpg4本のホームランが出るなど、その熱い試合展開に注目が集まりましたが、そのほかにも、甲子園が大きな拍手に包まれた場面があったんです。
それは、6回、浦和学院の河北将太投手に打球が当たったあとのことでした。

yamamoto180822_2.jpg大阪桐蔭の三塁コーチを務めていた俵藤夏冴選手がすぐさまマウンドに駆け寄り、河北投手の足をスプレーで冷やしたのです。
球場で試合を見ていた私も「あれ?何があったんだ?」と、まだ事態が飲み込めていないくらいの段階で、すでに救護に当たっていた俵藤選手。
「大丈夫?」と声をかけ、河北投手が「大丈夫」と答えたのを確認して、三塁コーチのポジションに戻っていきました。
その日、甲子園にいた全員の心に響く優しさでした。

yamamoto180822_3.jpg試合後、俵藤選手に話を聞くと、自分で気がついて、自ら三塁の審判に「すみません、少しお時間いただけますか」と願い出て、すぐ走り出したそうです。

その瞬発力と状況を見る視野の広さ、気遣いに感心していたところ、俵藤選手は「ピッチャーは打球が当たったりすると、その後の投球に影響が出たりすることもあるので、反射的に走り出しました。そこに敵味方はないので、当たり前のことをしただけです」との答え。
拍手が起こったことについては「ちょっと照れました」と小さな声で教えてくれました。
俵藤選手にとっては、ふだんから身に染みついている、当たり前のことだったんだなと改めて感じました。

思い返せば2回戦、南福岡の沖学園との試合でも、足がつった相手選手にベンチから氷のうを持って飛び出していったのも、俵藤選手だったんです。

yamamoto180822_4.jpg相手にもベストな状態で臨んでもらったうえで、勝負したい。
その思いでまっすぐに行動できるのは、真っ向勝負を恐れない、努力に裏打ちされた強さがあるからだと思います。
開会式ですべての選手が誓った「正々堂々戦うこと」を体現した、本物の強さを感じました。

 


yamamoto.png

スポーツキャスター  山本 賀保子(やまもと かほこ)



banner_link_8_3.jpg
ニュースほっと関西 ホームページ

関西 NEWS WEB

ほっと関西ブログ

もっと見る

関西 NEWS WEB

もっと見る

ニュースほっと関西 特集・リポート

もっと見る

アナ・キャスの部屋

もっと見る