ほっと関西ブログ

2018年01月31日 (水)

スピード勝負!【山本賀保子】

yamamoto_180131.jpg

1月18日の「ニュースほっと関西」の中継では、「AJTA(アジャタ)」という玉入れ競技についてお伝えしました。

一般的な玉入れが「籠に入った玉の数を競う」のに対し、アジャタは「100個の玉を入れ切るまでの“時間”」を競う競技です。また、玉を1つ1つ投げ入れるのではなく、まとめて投げる方法も特徴的。まとめて投げた球が籠に一気に入ると、とっても気持ちがいいんです。

競技名は「All Japan Tamaire Association(全日本玉入れ協会)」の頭文字をとったもので、平成2年8月、北海道・和寒町の地域のお祭りで行われたのをきっかけに始まりました。いまは、全国各地にアジャタのチームがあり、毎年80チームほどが参加する全国大会も行われています。

今回ご出演いただいたのは、大阪・熊取町で活動している「TAM TAM(タムタム)」の皆さん。

全国大会の上位常連で、女子の日本記録13秒11を持っている強豪です。メンバー全員が熊取町在住で、仕事や子育てをしながら練習に励んでいます。

普段は明るく、好きなドラマの話で盛り上がっている皆さんですが、練習になると表情は一変。自分たちで録音した全国大会の会場の音を流しながら、大会本番をイメージして何度も何度も練習を重ねていました。


番組の中では、13秒11の記録更新にチャレンジしていただきましたが、その記録の更新は今後の大会に持ち越しとなりました。

悔しそうな表情をされていましたが、「またすぐ特訓するで!」と意気込んでいらっしゃったので、記録更新の日もまもなくだろうなと感じました。

さらなる高みを目指すTAM TAMの皆さんにこれからも期待です!

 

ほっと関西ブログ

もっと見る

アナ・キャスの部屋

もっと見る

ニュースほっと関西 特集・リポート

もっと見る

関西 NEWS WEB

もっと見る