歴史秘話ヒストリア

2020年06月09日 (火)

歴史秘話ヒストリア「松永久秀」

danjyo1.jpg

最新の研究で迫った、松永久秀。あの怖い顔の錦絵に表現されるように、長く「悪人」とされてきましたが、実は、信長の前の「天下人」となった三好長慶を支える有能なナンバー2だった、知性派の面が浮かび上がってきました。そして、新たに発見された肖像画は、派手好きで豪快な人物という想像を覆すもの!大河ドラマ「麒麟がくる」で松永久秀役を演じている、吉田鋼太郎さんもびっくりされていましたね~。堅実な人柄さえ伝わってくるようでした。

danjyo2.jpg

松永久秀が大和を平定するために築いた、多聞城。その壮麗な姿を一度は見てみたかった…!と、しみじみします。以前「正倉院宝物」の回でご紹介した天下の香木「蘭奢待」を、織田信長が切り取らせたのは、実は、多聞城での出来事だったそう。そして、石垣の上に築かれた長屋のような櫓(やぐら)は、現在「多聞櫓(たもんやぐら)」と呼ばれますが、この城に起源があるのですね。私のオススメ多聞櫓は、規模の大きさが際立つ大阪城と、美しい石垣の上に据えられた熊本城のものです^^

danjyo3.jpg

 

今回の番組を制作したのは、以前、三好長慶を取材した、徳島放送局の末永貴哉ディレクター。松永久秀の実像に迫る取材の中で、久秀が築城した多聞城のある地元、奈良市の方々が自主的にされている、久秀の研究が印象に残っているといいます。公民館では、「久秀は本当に悪人だったのか…」などを検証する資料を展示するなど、成果を発信しているそうです。その方々から、人に関心を持ち、史実はどうだったのかを考え続ける姿勢が大切なのだと教わり、取材へのモチベーションがさらに増したという、末永ディレクター。吉田鋼太郎さんとは、同じ大学で演劇をしていたという共通点があったという秘話(⁉)もありました。写真は、徳島局で制作した、阿波踊りの番組の制作中の一コマ。一緒に写っているのは、その番組制作に携わったメンバーです。

danjyo4.jpg

お着物秘話♪今回はちょっと派手な着物でしたが…様々な西洋花が描かれている中に、椿の花。あの錦絵で久秀が着ていた着物に描かれていた模様から着想しました。でも、本当は、青のスッキリとしたデザインの方が、久秀っぽいのでしょうか?!

■ コメント(1)
  • 松澤幸一郎

    2020年08月01日 22時21分

    歴史秘話ヒストリア 松永久秀再放送お願い致します。