歴史秘話ヒストリア

2020年04月16日 (木)

歴史秘話ヒストリア「楠木正成 巨大な敵に勝つ方法」

kusunoki1.jpg

漫画家のさいとう・たかをさんも、「人柄にひかれる…」という楠木正成。優れた戦術もさることながら、大規模な山城築城を実現させた手腕に驚きました。

kusunoki2.jpg

ロケで訪れた千早赤坂城は、鎌倉幕府に隠れて築かれた城。ご案内いただいた和泉さん曰く、地域の人と信頼関係を築き、協力してもらえるような体制があったからこそ実現できたということに、人望の厚さを感じました。さらに、戦いの後に作られた墓は、味方の家臣を弔った「見方塚」だけでなく、敵である幕府軍を弔う「寄手塚」までありました。資料がほとんど残されていない中、山城や墓などの史跡から人柄を読み解けたのは、とても面白かったです。

kusunoki3.jpg

千早赤坂城の道は、急こう配に加えて、せ・せまい…!!トレッキングシューズでも大変なのに、当時、攻め手だった幕府軍はもっと苦労したことでしょう。ロケ当日は晴天に恵まれ、城の中心部だった頂上からは、遠く沿岸部まで見渡せました。当時も、河内国を一望できたはず。この山を拠点にした正成の優れた戦術の一端を感じました。

kusunoki4.jpg

ロケ中、こんなものを発見!車道の脇に置かれた、飛び出す子供たちに注意せよ!という看板、よく見ると…なんと正成のキャラクター、その名も「まさしげくん」でした。かわいくて、なんだかほっこりしちゃいますね~。今も地域に愛される英雄・楠木正成を、とても身近に感じるロケでした。