歴史秘話ヒストリア

2019年06月26日 (水)

最強交渉人、世界に挑む カミソリ大臣   陸奥宗光

 0626-Photo1.jpg

  “カミソリ”と呼ばれた陸奥宗光は、鋭い頭脳を武器に、不平等条約改正の交渉の場で粘り強く闘いました。イギリスとの交渉を再開させるために陸奥がおこなった、国会での演説。国民に向けて発信したメッセージが、実は、その場を取材していた海外のマスメディアに向けたものだったという手法には、感嘆しました。

0626-Photo2.jpg 師と仰いだ龍馬の暗殺という悲しみを乗り越えた陸奥。そののち入ることになった牢獄では、様々な知識を蓄えながら、きっと龍馬の分も日本の未来を案じ、耐え抜いたのだと思います。牢獄で着ていたという「涙」や「恨み」という文字がびっしりと綴られた着物には、執念ともいえる強い思いが表れていました。

0626-Photo3.jpg  そして、妻亮子と二人三脚で歩んだアメリカでの交渉。英語を一から勉強し、社交界で日本文化の豊かさを伝えた亮子の活躍は、華麗なるものでしたね! 絆の強いこの夫婦だったからこそ、いや、この夫婦でなければ、イギリスとの不平等条約改正を乗り越えることはできなかったことでしょう。ただ、夫婦水入らずの生活が、陸奥が亡くなるまでの一年ほどだったというエピソードには、切ない気持ちになりました。。。日本を背負って駆け抜けた陸奥とそれを支え続けた亮子の軌跡の上に、現代の条約があるということに思いをはせると、まもなく始まるG20の交渉もまた違って見えてくるかもしれません。

 

歴史秘話ヒストリア@NHKオンデマンド 

もっと見る

歴史秘話ヒストリア そのほかの記事

もっと見る

関西発 芸術・文化

もっと見る

かんさい季節の行事

もっと見る

Core Kyoto NHKオンデマンド

もっと見る

ONE WORLD in KIMONO

もっと見る

関西 NEWS WEB

もっと見る

 

■ コメント(1)
  • 八束 磨里

    2019年06月27日 22時24分

     こんばんは。私にとって、陸奥宗光というと、関西出身の、教科書に載った偉人で、最初に知った人……です。父方の叔父の実家が和歌山市にあり、その近くに『陸奥宗光生誕地』と記された碑が立っているのを見たのは小学校の頃。その後、NHK特集『明治の群像』で、どんな功績を残したか……を拝見したものです。
     お髭を蓄えた横顔の肖像などから、さぞ豊かな生い立ちを送られたのだろうと思いきや……、九度山で庄屋さんに食べさせてもらったりしていたのですね。更に、坂本龍馬の忠臣だったのにも驚きました。幕末から維新を駆け抜けた志士たちは、優れた個性を惜しみなく発揮して、近代国家の礎を各々が積み上げて行った感がありますけど、陸奥氏もひょっとしたらその中の一人だったのでしょう。メディア戦略に、あれほど長けているのは、素敵ですね。
    演説での彼の、『外国人を受け入れなければならない』という言葉、何だか今の日本に言われているような気がしてなりません……。