歴史秘話ヒストリア

2019年06月12日 (水)

物語に魅せられて 更級日記・平安少女の秘密

 0612Photo-01_logo.jpg

源氏物語に憧れて物語作家となった、菅原孝標の娘。晩年にしたためた「更級日記」には、10歳から53歳までの自分の人生を回想した、瑞々しい文章が綴られていました。千年前の女性の心の内をたどることができる、貴重な記録。しかし、作家であることを書かなかったというところに、大好きな物語を出世の道具にしてしまったという、後悔の念がありました。

0612Photo-02_logo.jpg

作家の江國香織さんが、大切な人を失った孝標の娘は源氏物語によって心癒されたというお話を受け、「物語は現実のほうにはみ出して力を及ぼす。そして、人を強くする。」とおっしゃっていたのが、とても印象的でした。物語という「創作」の世界から、リアルなものとして、勇気や力をもらうという経験、みなさんもありませんか。

0612Photo-03_logo.jpg

「更級日記」には、身近な人を亡くした経験や道中での景色などが、晩年になって回想したとは思えないほど、細やかに記されていました。孝標の娘が忘れたくない気持ちや経験を書き残してくれたことで、私たちも、平安時代の女性の気持ちに思いを馳せ、自身の人生を振り返る大切な時間を分けてもらえるのだと思います。さらに千年後の日本人が、更級日記を紐解いてどんなことを感じるのか想像するだけでも、文学が過去や未来をつなぐ大切な歴史遺産であることを感じます。

0612Photo-04_logo.jpg

『石山寺縁起絵巻』に描かれた、菅原孝標の娘のまどろんだ姿…愛らしく、ほっこりしましたね。先日、その絵巻を所蔵する石山寺を訪れました。石山寺は、紫式部が源氏物語の構想を得、孝標の娘や『蜻蛉日記』の作者、藤原道綱の母も訪れたという、女流作家ゆかりの地です。青もみじの新緑が目に眩しい季節。うねりあがるような硅灰石の迫力に圧倒されつつ、この地に身を置くと、私自身も日常生活を離れて、何か心の内を振り返りたくなるような気持ちになりました。紫式部像にご挨拶をし、孝標の娘にも会いたかったのですが、あいにく絵巻は出張中とのことで、残念。

0612Photo-05_logo.jpg

西国三十三所巡礼の第十三番札所になっている石山寺。白洲正子さんの『西国巡礼』を読んでからというもの、いつか始めたいと憧れていた西国巡礼を、今回、石山寺で始めることができました! 等身大の仏様に祈ったという菅原孝標の娘は、こちらの観音様をどんな思いで見上げていたのかな、と色々想像しながら、私もいつか人生を振り返ることで、自分と向き合う豊かな時間が持てるといいなと、憧れを抱きました。今は、ブログを書くのも遅筆の私…夢は、ちょっと遠いように感じつつ。

 

歴史秘話ヒストリア@NHKオンデマンド 

もっと見る

歴史秘話ヒストリア そのほかの記事

もっと見る

関西発 芸術・文化

もっと見る

かんさい季節の行事

もっと見る

Core Kyoto NHKオンデマンド

もっと見る

ONE WORLD in KIMONO

もっと見る

関西 NEWS WEB

もっと見る

 

■ コメント(3)
  • 再放送を教えてください

    2019年06月13日 01時44分

    本日放送の更級日記、とてもよかったです。なんか心が揺さぶられたというか泣いてしまいました。録画をしてなくて、再放送の日を教えて頂けませんか?録画して何回も見たいです。

  • 八束 磨里

    2019年06月13日 16時48分

    こんにちは。『アメリカン・ドリーム』というコンセプトがありますけど、『たかすえこ』さんが追い求めたのは、古代女子たちの『平安ドリーム』だったのかも知れませんね。宮廷に入り、皇子の乳母に就き、ある種のステイタスを得ようとした……けれど思い通りにならず、さりとて更なる野心を持つことはしないで、静かに自分の人生の回顧録を残した……。幼い頃の、書物や物語に対する姿勢にしろ、とてもひたむきな人だったのでしょうね。
    本当の『日記』だと思っていたら、齢53で著した半生記だなんて……。実は私、まさしく『その齢』です(汗)。とてもとても、ここに書くのさえ、遅々々筆……なのに、ね。
    幼い日を支えてくれた乳母への想いが、旅の途中、わざわざ戻ってのお見舞いという記憶から鮮やかに描かれていた……。齢53で、それほど慈しみを込めて思い返すことができる存在に、私は未だ出会えていないのかも……と、抱きしめられて涙する『たかすえこ』さんを見ながら、何だか涙が止まらなかった次第です。

  • 小熊

    2019年06月15日 19時15分

    「物語って、すごい!!」
    このセリフが今も頭から離れません。
    更級日記というと、
    学校の授業などでこれまで深く学ぶことがなかったので、
    どういう女性がどんな思いで書いたのか、
    番組で初めて知りました。
    およそ1000年前の女性の心の動きが、
    手に取るようにわかり、
    共感せずにはいられない良作でした。
    きっと孝標娘も喜んでいるのではないでしょうか。
    渡邊アナウンサーの髪型も可愛らしく、
    番組の雰囲気と合っていましたよ。
    一つ意見を述べるとすると、
    放送時間が生放送で見るには少し遅めなので、
    以前までの時間帯に戻してもらえると嬉しいです。
    ご検討よろしくお願いします。