歴史秘話ヒストリア

2019年06月05日 (水)

三十三間堂 国宝大移動 よみがえる平安の祈り

 0605Photo-1_logo.jpg

今回は、去年の夏に行われた三十三間堂の仏像の大移動を通して、お堂を建てた後白河上皇の思いに迫りました。平安時代から受けつがれてきた数多くの国宝の仏像。名仏師・湛慶作の中尊と呼ばれる千手観音坐像を中心として、二十八部衆像の仁王様、四天王や風神雷神などなど、仏像オールスターズともいえる仏たちを創建当初の配置に戻そうという試みには、現代に創建当初の世界を蘇らせようとする大変な労力がありました。

0605Photo-2_logo.jpg

配置の違和感を調査していくと、後白河上皇が表そうとした仏の世界が、パズルが組み合わさるように謎が解けていきましたね。千手観音の中に残された摺仏からは、大弁功徳天と婆藪仙の配置。風神雷神像では、三十三間堂の2体を見て描かれたという俵屋宗達の風神雷神図屛風から、配置が左右違うのではという仮説が裏付けられる面白さも。

0605Photo-3_logo.jpg

今回、国宝大移動の密着取材をしたのは、京都局のOディレクター。去年、私が案内人を務めた、Eテレ「趣味どきっ!茶の湯 表千家」という番組を一緒に制作した仲間です。京都をこよなく愛するOディレクターは、仏教をはじめ、多くの京都の文化に精通している、憧れの女性です。そんなOさんから、後白河上皇について、こんな話を教えてもらいました。

0605Photo-4_logo.jpg

後白河上皇は、実は愛妻家だった! 妻の建春門院こと、平滋子を亡くした時に書いた手紙には、その気持ちがあふれています。「わすれゆく 人のこころはつらけれど そのをもかけは なをそこひしき」。現代語訳は、「時をつれて忘れゆく人の心というのは薄情なものだが、私はなおあの人の面影が忘れられず、恋しくてならない」。35歳と若くして亡くなった妻に対する、切なる思いが伝わってきますね。

0605Photo-5_logo.jpg

後白河上皇の篤い信仰心を示す、こんなデータも! 熊野詣の回数が、歴代天皇上皇の中で最多の34回にのぼったそうです。当時、片道1か月はかかるような大変な道のり。2回目の熊野詣では、「千手の誓いぞ頼もしき(千手観音の誓願が頼りに思われる)」という、千手観音に対する信仰の一節が入った今様を謡ったというエピソードもあります。19歳の時に、母の待賢門院がなくなり、その時に送られた千手観音と二十八部衆像が心のよりどころになっていたという後白河上皇。こういった経験が、千手観音を中心とする三十三間堂の建立につながっていったのかもしれません。

0605Photo-6_logo.jpg

三十三間堂は、何度足を運んでも飽きない、何時間でも腰を据えてじっくりと身を置きたくなるような、特別な空間ですよね。私は、小学校の修学旅行で訪れた際、ガイドの方から「自分の顔に似た観音様が必ずいる」という話を聞いて、皆で夢中になって探した思い出があります。ただ、丸顔でしっかりしたつくり(?)の顔をしていた私は、「さわちゃんに似てる観音様見つけたよ~!」と方々の友達から、お堂を出るまで声をかけられ続けられました。千体仏は「会いたい人に似たお顔がいらっしゃる」とも言われます。今回の番組を通して、千手観音の大群像が、あらゆる人々に救いの手を差し伸べたいと願う、後白河上皇の壮大な願いの化身のように感じられるようになりました。

歴史秘話ヒストリア@NHKオンデマンド 

もっと見る

歴史秘話ヒストリア そのほかの記事

もっと見る

関西発 芸術・文化

もっと見る

かんさい季節の行事

もっと見る

Core Kyoto NHKオンデマンド

もっと見る

ONE WORLD in KIMONO

もっと見る

関西 NEWS WEB

もっと見る

 

■ コメント(1)
  • 八束 磨里

    2019年06月06日 14時36分

    こんにちは。もう前に千体仏を見たのはいつだったかしら? と思うほど昔に訪れて以来の、三十三間堂の秘話、興味深く拝見しました。仏像の配置が長い間に変わっていたなんて……、何だか中世の欧州の画家の絵が、補修される内に変わっていて、オリジナルに近づけて行くような、わくわく感がありましたね。あの執事の方の『違和感』を見抜くセンスも、ただ者じゃないと、感服した次第です。
    綺麗に並んだ千体仏は、24年前の阪神大震災の時、そこそこ倒れて悲しかったものですが、もっと大きな災禍を経て、上皇の心髄を今に伝え続けている……。また見に行かなきゃと、思いました。