歴史秘話ヒストリア

2019年02月27日 (水)

【井上あさひ】歴史NEWS 2018

hisutorarekisi01_logo.jpg

 

「歴史」は更新されている

 今夜のヒストリアは「歴史NEWS 2018」をお届けいたしました。歴史はすでに起こった過去のことであり、決まりきっているものと思いがちですが、研究によってむしろ「新しく」なっていくのが歴史の面白さでもあります。2018年も、未知の史料や遺跡、遺物の発見によって、歴史が更新されてきました。

 

hisutoriarekisiS02-001_logo.jpg

 

「鍵」≒歴史ニュース

 2018年に報道された歴史に関するニュースはおよそ300あったそうですが、そう聞くと、かなりの頻度で歴史ニュースが報道されているということに気付きます。歴史が日々更新されているという表現は、言い過ぎでもないようですね。

 しかも、それぞれの発見が、日本史にまつわるミステリーを解く「鍵」となるかもしれないと思うと、歴史ニュースに秘められた可能性にわくわくしてきます。

 一方で、わかったことがありながらも、まだわからないことがある、というところもロマンを感じる部分です。知れば知るほど、発見されればされるほど、謎が深まっていくあたり「知」の世界の奥深さを感じます。

 

hisutoriarekisiS03-001_logo.jpg

 

姿変え続ける「歴史」

 私自身、ニュース番組を担当させていただいていますので、確かに歴史ニュースとは頻繁に出会っているという印象があります。しかし「歴史ニュース」とくくると、あたかもそういうジャンルがあるかのようですが、過去の歴史の発見を伝えるニュースであるか、現在の歴史を伝えるニュースであるかの違いがあるだけで、ニュースとはそもそも歴史なのかもしれません。

 そして歴史は今も姿を変え続けています。あしたにも歴史的な新事実、新発見が、これまでの常識を変えてしまう可能性だってあるのです。

 さて、今年はいったいどんなニュースが私たちを驚かせてくれるのでしょうか。


歴史秘話ヒストリア ホームページ

NHKオンデマンド 

もっと見る

そのほかの記事

もっと見る

 

■ コメント(6)
  • 八束 磨里

    2019年02月27日 23時31分

    こんばんは。何だか、かつての21時台のニュースを見ているような気分で、拝見しましたですよ。本当に、日夜色々なことが発見され、学究的に調べられているのだわと、再認識致しました。奈良は確かに、しばしば話題も出て参りますが、徳川の至宝にせよ、西郷どんの書状にせよ、もはや数々の発見で出尽くしたかと思われた所にまた、現れるものなのですね。そこから新しい見方や解説が生まれていく……、時間という長い鎖に、一つ一つの史実がぶら下がって、過去から現代、そして未来に続いていくのが、歴史なのだと感じ入りました。その流れを整理するために、宮内庁はもっと、巨大古墳の謎を解き明かす作業を積極的に進めて欲しいですね。
    そんなニュースたちも去ることながら、ラストに登場したヒロシマの写真にも、心を打たれました。本当の市民の姿は、ここにあり……かも知れませんね。歴史を見る目、伝える目と心の大切さをかみしめた次第です。

  • 吉田正史

    2019年02月28日 22時52分

    ヒストリアいつも楽しく見ています祝㊗️10年
    渡辺あゆみさん時代の第1回からの大ファンです
    あさひさん3年間ありがとう!
    3代目も期待

  • 歴史の旅人

    2019年03月02日 17時46分

    あさひさんが、ブログに書いておられるように、新発見、新事実が、でるたびに、歴史は姿を変えながら、続いて行く。。それは、歴史は生きている生き物だからです。。けして過去のものではなくてね。。私は、そのように思いますです。。あさひさん、ヒストリアの担当、お疲れ様でした❗。。新番組のニュースキャスター、頑張ってくださいませ。。

  • ぶるちゃん

    2019年03月02日 23時33分

    拝見しました。
    今回はランキング形式でしたね!
    気になったのは来年の大河ドラマ明智光秀に関しての新発見です。幕府の役人だった明智光秀は、足利義昭を迎えて足利幕府の再建を狙った。。ただ、ちょっと無理があったように感じます。明智光秀は優秀な武将だったよう、、なのでね。
    やはり郷土料理を馬鹿にされて、感情的になったのが引き金、、なんですかねぇ。
    あと、私が住む静岡も出てきました。駿府城ですね。
    駿府城は今川家のお城だったんですよね。巡り巡って秀吉が拠点として建て直していたとは。。秀吉!?静岡に?ってなったのを思い出しました。
    次はまんぷく!チキンラーメンですよね。実は影響されて買いました 笑 美味しくいただきましたとさ 笑
    それと、井上さんの歴史秘話ヒストリアの収録が終わってしまったのですね。寂しいですが、、次も応援します!!!
    人がボヤボヤ言っても井上さんの人生です。自分のペースで、自分の幸せのために生きてほしいと思います。
    それでは、失礼します。

  • ピピ

    2019年03月03日 08時37分

     2018年の歴史ニュースだけでもいろいろ興味深い物が多くありますね。特に上位3位は大きな発見だと思います。大山古墳は、昨年から調査に入っているのは聞いていたので、いずれは番組でも取り上げられるだろうとワクワクしていましたが、多くの円筒埴輪が置かれ、丸石で敷き詰められていたというのは古墳のイメージを変えるものですね。まるでエジプトのピラミッドを連想させるような、荘厳で特別な古墳だったことが想像できます。これからの調査が楽しみです。
     駿府城跡から発見された金箔瓦は、豊臣秀吉と徳川家康の攻防がうかがえる発見です。以前の放送で、秀吉が江戸につながる街道沿いの城に、自分の威厳を見せ付けるため金箔瓦を乗せていたと言うのを観て、凄いことをするものだなと思いましたが、駿府城もそうだったのですね。建てたばかりの城を取り壊され、豊臣方の駿府城を建てたことは家康にとっては屈辱的なことだったでしょう。それをまた関ヶ原の戦いの後に、完全に豊臣の痕跡を消し去るかのように巨大な駿府城を築くとは、その当時の家康の心情が伝わってきます。
     西郷隆盛が鳥取藩に送った手紙も興味深いですね。鳥取藩や岡山藩が鳥羽・伏見の戦いに参加していたというのは初耳だったのですごく意外でした。徳川家の身内だった藩主の池田慶徳を新政府方に付けたことは、静観していた他の藩にとってはインパクトがあったと思います。今後は、鳥取藩や備前岡山藩のこともクローズアップしたほうか幕末の面白味が増すと思います。
     あと気になったのは、小牧山城で発見された玉石敷や天目茶碗、青磁碗は、若き日の織田信長が全国制覇に向けて、ここで構想を練っていたと思うといろんな想像をかきたてられる物だと思います。
     そして、7位の三角縁神獣鏡のX線調査で、古代中国の銅鏡の銀と鉛の成分がほぼ一致しということですが、三角縁神獣鏡にはいろんな説があるようで、中国の銅鏡を模倣して日本で独自に作られたという説を聞いたことがあります。今回の分析でその当時の中国人が関わっていたという実証になったと思うので、邪馬台国の解明に一歩近づいたのではないでしょうか。謎は深まります...
     あと番外編で、伊能忠敬が富山でおもてなしを受けたという書状が見つかったことですね。酒は呑まず、朝早く起きて、おごらない人だったということですが、忠敬の真面目な性格がうかがえる書状だと思います。私の住んでいる町にも伊能忠敬が測量をしに来たらしく、忠敬の日記にも「ここの眺めは素晴らしかった」ということが書かれているそうです。そのことを10年位前に知り、図書館で伊能忠敬の伝記本を読んですごく感動しました。そのことがきっかけで再び歴史に興味を持つようになり今に至ります。
     歴史を知っていくうちに、太古の時代から現在まで物語のように続いてことに気付きます。今日のニュースもいずれ歴史になるのですね。
     それと、ニュース7ブログで「くす玉」観ました。粋なことをしますね!

  • makowara2

    2019年03月06日 01時55分

    今日は録りためていたヒストリアを観ました。ちょっと気分転換できました。決まりきったような毎日と鬱屈からちょっと過去へ旅に出たような再認識、面白かったです。大山古墳はラピュタの城のように木に覆われていましたが石づくりなのですね。こんなに目立っているのにピラミッドのように盗掘されないのは日本だから、なのか。中にはいったい何が?新発見楽しみです。そろそろ終わりが見えてみたけど、フィナーレを楽しんでください。ヒストリアでの着物姿のあさひさんは、いつもにこやかで楽し気で機嫌がよさそう。外交官に必要な資質だそうです。深夜は弱そうですが頑張ってください。私?ええ早く寝ます。疲れているので。