歴史秘話ヒストリア

2019年02月06日 (水)

【井上あさひ】銅鐸から読み解くニッポンのあけぼの

hisutoriadoutgaku01_logo.jpg

 

銅鐸ってどんなモノ?

 今夜のヒストリアは「まぼろしの王国 銅鐸から読み解くニッポンのあけぼの」をお届けいたしました。銅鐸(どうたく)というと、教科書で見たことのあるあの形は思い出せるのですが、それが一体どんな意味を持つものだったのかはさっぱり思い出せませんでした。

 それもそのはず、そもそも銅鐸がどのように使用されたかは謎。かつては、釣り鐘みたいな形だから鳴らすモノなのかな、という推測しかできていなかったといいます。

 

hisutoriadoutakuS07-001_logo.jpg

 

銅鐸の音色

 今夜の放送では、画期的な銅鐸の音色の再現が行われました。銅鐸を鳴らした「舌(ぜつ)」や、舌や銅鐸を吊したした「ひも」の結び方など、正確な再現を目指して工夫をしていく様子が放送され、皆さんもあのなんとも不思議な、それでいて心地よい音色を耳にされたことでしょう。

 銅鐸の「鐸」という字には、一字で「鈴」という意味があるそうです。現代でも鈴や風鈴などの音色に“癒やし”を感じる方は多いと思いますが、紀元前4世紀という途方もない昔から「鐸」の音色が日本人の生活に密着していたのだとしたら、再現された音色に心地よさを感じるのもうなずける気がします。

 

hisutoriadoutakuS03-001_logo.jpg

 

銅鐸に込められた願い

 兵庫県神戸市で見つかった銅鐸には、側面に繊細な絵が刻まれていました。絵の意味には諸説あるようですが、ヒストリアではH型の器具を持つ人の絵をきっかけに、水田を中心に暮らす弥生人の歳時記を表していると読み解きました。

 自然と共に水田で命を育むことで生活を営む弥生人の豊穣への願いは、現代の私たちにも通じるものがあるような気がしました。そしてその営みの内側に、きっと日常的に銅鐸の音色があったのだろうと思います。

 

hisutoriadoutakuS02-001_logo.jpg

 

銅鐸消滅の軌跡

 番組では600年近く作られ続けた銅鐸が、こつ然と姿を消してしまう歴史にも迫りました。集落にとって日常的なものだった銅鐸がやがて権威の象徴となり、その技術が集約されて2グループになり、それが一つとなって最後には生産をやめるという選択がなされる。弥生人達の勢力争いが、銅鐸の歴史から透けて見える気がします。そこに女王・卑弥呼の名前が登場するので、この話はなお面白く感じられます。

 

銅鐸だけでこんなに面白い

 授業では銅鏡などほかの銅製品とワンセットになって覚えられがちな銅鐸ですが、深く探っていけばこんなにも面白いというところが“ヒストリアマジック”ですよね。

 とはいえ、まだまだ謎の深い分野ですので、これからの研究、新発見に大いに期待したいところです。


歴史秘話ヒストリア ホームページ

NHKオンデマンド 

もっと見る

そのほかの記事

もっと見る

 

■ コメント(10)
  • 八束 磨里

    2019年02月06日 23時32分

    こんばんは。やっぱり古代は壮大なロマンを感じますね。それもさることながら、銅鐸を実際に鋳型からおこし、造って音も出し、更には熱を加えて破壊するまでが一度に見られたのも、なかなか感動でした。しかも、銅鐸の勢力圏が近畿と東海にあり、それが融合したところに卑弥呼の存在……。また里心がついてしまいますね。私が歩いた頃は、掘立柱建物跡も、まだ出ていなかったなぁ……と思いつつ、纏向遺跡の風景を懐かしく拝見しておりました次第です。

  • 銅鐸太郎

    2019年02月07日 04時51分

    歴史秘話ヒストリアは教科書では取り上げられていない人物や事象が知ることができる非常に興味深い番組だと思います。そのためいつも楽しく拝見しています。

    そして今回の銅鐸の特集は本当に関心の高いテーマでした。古代からこんな繊細な技術があったことの驚きを改めて実感しました。事物へ対する想いの強さを感じました。教科書から離れ、学問的に学ぶ機会が少なくなった今の自分に、学ぶことの楽しさを再び教えてもらいました。本当にありがとうございます。これからも番組を楽しみにしています。

  • ピピ

    2019年02月08日 20時05分

     私が最初に歴史に興味を持ったのは、古代史や原始時代なんです。邪馬台国論争や高松塚古墳の壁画が発見されたりして、凄い大ブームが巻き起こっていた頃で、テレビや雑誌で多く取り上げられていて、その中でも銅鐸はミステリアスで想像をかきたてられるものでした。
     4年前に淡路島で発見された松帆銅鐸は舌をどのように吊るしただけでなく、日常的に使っていたとか、銅鐸をどのように吊るしたかまで分かってきて、解明に向けて大きな進歩があったのですね。絵が描かれた桜ヶ岡銅鐸を観て、私はやはり豊作を願う祈りのための祭器だったのだろうなと思いました。厳しい自然環境の中で食べることが最も重要だったことがよく分かります。
     大阪北部と南部の銅鐸を作る職人が東海地方と近畿周辺に分かれていったことが、青銅を溶かす送風管から分かるそうですが、すごく説得力のある説でとても面白いですね。また、その国の王が、倭国王 帥升ではないかなんてドキッとしてしまいました。帥升は歴史年表にも載っていますが、取り上げられることも少なくマイナーな存在ですが、それがもし魏誌倭人伝に載っている、男の王 のことだとしたら、邪馬台国のストーリーにうまくつながりますね。
     銅鐸は3世紀頃には消滅して、代わりに権力者は銅鏡を使うようになるようですが、女王 卑弥呼が中国の皇帝から銅鏡を下賜されたことで権威の象徴がかわったのでしょうか。
     それと、巨大化した銅鐸を観ていて前方後円墳の形に似ているなと思いました。銅鐸を作るのを止めて、ヤマト王権のシンボル、家紋のような物になっていったのでは? ピピ説ですが。

  • ぶるちゃん

    2019年02月08日 20時54分

    歴史には未だ知られていない事実が沢山あるんですよね。
    書物として歴史を書き残す前にはどんな世界があったのでしょう。今回は書物のヒントは殆ど無い中、銅鐸をヒントにしたり壁画をヒントにしたりで、取材など大変だったろうなぁ。。まさに謎解きに挑んだ感じに見えました。
    故意に銅鐸を壊していたという事実→それは何故か考え仮説を立てる。こんな作業の連続でしたね。
    銅鐸の歴史を遡ると戦国時代の様な覇権争いをしていたことも推測出来、近畿と東海が勝ち残る。銅鐸を見ると、その2つが融合していた。仲良くなったのか!?では終わらなかったですね(笑)争いばっか!男はダメですね(笑)で、卑弥呼を盛り立て女王にする。女王卑弥呼からすれば、そんな時代をまとめるのは至難ですよね。努力の女王卑弥呼というイメージに勝手になってます。
    再現した銅鐸、とてもキレイでした。ご苦労様です。

    さて、インフルエンザすごいですね。予防接種しても気をつけないといけないみたいです。ということで十分気をつけましょう。
    井上さんの記事を見かけました。11時台の報道番組を担当するとか。もしかしたら、歴史秘話ヒストリアは井上さん担当じゃなくなっちゃうのかな。とても寂しいです。。。実は僕も四月から新しい仕事に就きます。少し環境は変わりますが、今まで通り真面目に頑張っていきましょうネ(^^)

  • まめちゃん

    2019年02月09日 11時05分

    いつも楽しく拝見しています。
    松帆銅鐸のことはまだあまり知らなかったので、興味深く見ていました。邪馬台国誕生に繋がっていそうで、この先の研究成果が楽しみです。
    今回、島根県の銅鐸に一切触れていなくて、違和感を感じていましたが、調べていなかったようで。少しは調べた方が良かったと思います。確か松帆銅鐸と繋がりがあったはずです。

  • あんだんて

    2019年02月09日 17時43分

    ワクワクしながら、毎週拝見しています。今回のテーマは特に格別でした。私は銅鐸を試行錯誤しながら鋳造しています。先月は約80cmの高さの銅鐸を作りましたが、二回の失敗を克服して三回目の挑戦でやっとの成功でした。四カ月がかりの大仕事で、本当に大変でした。砂を固めて作った型は片側でも100kg以上あり、人力で動かすのは無理。青銅も半端ない量が必要でした。それ以外にも沢山の困難がありました。弥生時代の職人たちは、いったいどのようにして多くの問題を克服したのか、番組を観ながら益々興味を持ちました。また、石型からあのように多量のガスが発生するとは意外でした。
    以前、桜ヶ丘5号銅鐸のレプリカを作ったことがありますが、「工」形の道具が何なのか疑問に思っていました。今回、説得力のある解説がなされ、嬉しく思いました。
    私は銅鐸に関してかなり知っているつもりでいましたが、鳴らし方とか、職人集団の変遷とか驚かされるばかりでした。松帆銅鐸の発見から研究が大いに進んだのですね。
    これからも歴史秘話を語り続けてください。楽しみにしています。

  • 沖中 麻夫

    2019年02月10日 10時02分

    私は滋賀県守山市に住んでおります。伊勢遺跡・大岩山古墳(銅鐸が有名)の近くで興味深く拝見いたしました。実家は広島県で神楽の盛んな所で、神話の世界の中で生きてきたように思います。祭りも2種類ありまして1つは荒々しく攻撃的、他方は平安と豊作を願う至って平和的なもので両者は共存しております。この関係は滋賀東部周辺(甲賀・伊賀)・京都周辺でも見られました。また伊勢遺跡のすぐ隣に大型建物遺跡で伊勢遺跡に対比できる稲部遺跡が発見されておりこれは卑弥呼が出たといわれる息長氏の勢力範囲で伊勢遺跡が出雲系であればこれはアメノヒボコ系と考えております。アメノヒボコ系は吉備で出雲大国に対抗し敗れた後、息長氏を頼りにし一旦は東海に逃れたものと考えてよいと私は思っております。NHKで大胆な推測を放送されることは大歓迎です。この稲部遺跡を追求し伊勢遺跡との関係を明らかにすることにより、神話・伝説が実際の歴史であることを知り日本の足跡・文化を考えることは現代に通じるところもあり大変有意義であるように思います。誤りがあればそれはそれで訂正すればよいのですから。

  • ちゃありい

    2019年02月15日 10時08分

    番組を追っていくと、初期の小型の銅鐸は、10軒程度の集落の入り口に設置された、表札兼呼び鈴の機能があったのかもしれないと思いました。特別な祭祀に使うのであれば、同じ型を量産する必要性が薄いですから。散在する集落が、いくつかあるグループのどこに属するかを示しつつ、人の出入りを知らせる意味があったのではないかという気がします。
    少し大きめのものは、村の中心において、時を知らせる用途に。後の大型のもの(もはや鳴らせない)は、大型の表札(というか門を飾る門松みたいなもの)で小型の銅鐸を鳴らしても聞こえないくらい大きくなった集落の看板として使われていたとすると、納得しやすい気がします。

  • ちゃありい

    2019年02月16日 05時14分

    番組を追っていくと、初期の小型の銅鐸は、10軒程度の集落の入り口に設置された、表札兼呼び鈴の機能があったのかもしれないと思いました。特別な祭祀に使うのであれば、同じ型を量産する必要性が薄いですから。散在する集落が、いくつかあるグループのどこに属するかを示しつつ、人の出入りを知らせる意味があったのではないかという気がします。
    少し大きめのものは、村の中心において、時を知らせる用途に。後の大型のもの(もはや鳴らせない)は、大型の表札(というか門を飾る門松みたいなもの)で小型の銅鐸を鳴らしても聞こえないくらい大きくなった集落の看板として使われていたとすると、納得しやすい気がします。

  • makowara2

    2019年02月18日 00時23分

    銅鐸、すごいです。しかしコメントはしづらい。ところで京都時代から始まったヒストリアからの卒業、お疲れさまでした。様々な視点からの取り上げ、変わっていく歴史観、意外とある多様性。奇しくも新元号となる今年春での卒業、感慨深いですかね。歴史の街、京、大阪。東の京都である東京への復帰。いろいろ思うところはあると思います。近頃観ていると元々あった”井上あさひ”の世界、深まった感があります。女性にとっても齢を重ねていくことは成長でもあるはず。同僚の休み、復帰、思うところもあるのでしょうか。失礼な、そうかもしれませんが、観ていて以前よりも楽しみを感じます。私生活の充実もお大事に。パワーアップしたヒストリアに期待、とは書かないでくださいね。