歴史秘話ヒストリア

2019年01月30日 (水)

【井上あさひ】山城、戦国を動かす

 hisutoriayamaziro01_logo.jpg

 

山城に歴史あり

 全国に4~5万もあるという「山城」に今夜はスポットをあてました。山城が戦国時代を知る手がかりとなっていること、その戦国に山城は革命的に変わったこと、山の上のお城跡にもそうした事実が秘められていると知って、これまでヒストリアに関わらせていただく中で蓄積してきた知識が、さらに多角的になって深まるような思いでした。

 

hisutoriaodanobunaga_logo.jpg

 

さすが信長

 山城の歴史の中でもエポックメーキング的存在はやはりあの織田信長でした。それまでの「並立的」山城が、天下統一をめざす信長の革新にみちた「求心的」山城にやぶれていったのは、ある意味歴史の必然だったかもしれません。

 ヒストリアではいつも“おいしい”ところを持って行く信長ですが、信長の天才ぶりだけがそこにあったわけではなく、そこには領地や領民、「城」を守ろうとする戦国武将の知恵や必死の戦いがあり、そうしたすべての力で歴史がつむがれていくんだなと、あらためて思いました。

 

hisutoriasenndasensei01_logo.jpg

 

城はロマン

 現代の私たちが全国各地の山城にひかれ、訪ねるのも、そこにあった人の営みが感じられるからかもしれません。山登りは大変ですが、上に着けば景色は素晴らしいし、ただの頂上ではなく「お城」なので、ああかつてここに人が住んでたんだぁ…というロマンも感じます。発掘された石を確認されて千田嘉博先生がとても喜んでいらしたのを見ても、山城跡はただの古い遺跡というもの以上なのだろうなと思いました。

 

hisuotoriahitohaisigakihitohasiro_logo.jpg

 

城という存在の重み

 また「一国一城のあるじ」「城を枕に…」といった言葉を時代劇や歴史小説などでよく聞きますが、この時の「城」とは、たんなる建物というより、強い責任感と矜持(きょうじ)のよりどころという意味なんだと、今回の内容を通じて、いっそう感じています。言葉を扱う職業である以上、このようなひとつひとつの言葉の意味や背景に思いをはせ、実際に口に出すときの表現をさらに深めていきたいと思います。その意味でもヒストリアに関わらせていただいていることをとても感謝しています。

 

歴史秘話ヒストリア ホームページ

NHKオンデマンド 

もっと見る

そのほかの記事

もっと見る

 

■ コメント(5)
  • 八束 磨里

    2019年01月30日 23時28分

    こんばんは。時代と共にお城の立地が変わるという、ある種の文化的視点に、改めて開眼したような気分で、楽しませて頂きました。以前に拝見した岩村城といい、今回も出てきた小谷城といい、あんな険しい上にあるというのは……、『前のロケ』も大変だったのだわ、と再確認いたしました。私も、たまたま昨年、あの小牧山城の発掘現場に『居合わせちゃった』のですけど、たった80m余りの小山を登るのが、死の彷徨的に思えた程です……。信長は女の敵だと思ってもおりますけど(笑)、彼のお城文化が、旧来の山城文化に軍事的にも勝利し、城下町と呼ばれる以降の日本各都市の街並みに向かって進んで行く……。これぞまさに、ある意味彼のセンスであり、歴史の流れなのですね。なかなかに感銘を受けつつ、丸子山(まりこやま)城……? どんな所か、かなり気になっていたりします。

  • ピピ

    2019年02月01日 19時44分

     山城のことを文章や写真だけで観ていると理解しにくい所があったのですが、千田先生や早坂アナの解説やCGで今回とても解りやすかったです。お二人の掛け合いも面白かったですね。
     今まで山城のことにあまり関心がなかったので深く考えたことはなかったのですが、山城を持つ大名は、元々そこを拠点にしていたのかと思っていましたが、畠山義総のように、室町幕府の権威が失墜し幕府に頼ることが出来なくなり、山城に拠点を移さざるを得なくなったというのは、自分にとってすごく意外でした。大名と家臣が対等で並立的だあった山城の構造を見ても、自分のことは自分で守る という戦国時代の緊迫感が伝わってきます。
     織田信長の築いた小牧山城の調査が進んでいるということは、昨年報道されていましたが、きれいに並べられた玉石を観ると、生き生きとしたその当時の雰囲気が感じられます。信長は天下統一が目標だったでしょうから、他の大名のように山深い山城に閉じこもっていたらそれも難しかったでしょう。この小牧山城は、機動力のある攻めの山城だなという印象をうけました。役割分担をはっきりさせ組織化した城造りは、信長の意気込みが表れています。並立的な山城は、領民とはだいぶん離れた所に城を構えていたのだと思います。それでは威厳も示せませんし、自分達は守ってもらっているという安心感は持てません。やはり、信長は目指す所が違うのでしょうね。小谷城の戦いの時でも、急な斜面をよじ登って京極氏を攻めるとは、あの桶狭間の戦いで今川義元を討った奇襲作戦をも連想させます。
     私の地元の広島でも、旧広島市民球場跡や原爆ドーム前の電車通りは、広島城の外堀が元々あったそうで、今でも八丁堀という地名が残っているのもそのためだそうです。何もなかったから通りにしやすかったのでしょうね。千田先生のいう戦国の山城の息吹きがあって、気づかないがその中で暮らしているというのは、そういうことなのかなと思いました。

  • 歴史の旅人

    2019年02月02日 11時03分

    戦国革命児、織田信長、山城の概念をぶち壊し天下統一への道へ。。元々、上下関係に拘ったのは敵は身内にありの戦国の世のならいからだったからでしょうね。。

  • ぶるちゃん

    2019年02月03日 02時33分

    コメント遅れちゃいました!今、録画で拝見しました(^^)
    懐かしの小谷城と浅井長政出てきましたネ☆井上さん登ってましたよね。
    浅井長政と織田信長の対決は、並列的vs求心的、つまりは新旧山城対決という見方も出来ますねぇ(^^)なるほど、、。

    信長は天下を取らずして、現代に大きく影響を与えている。良し悪しは別として、日本特有の?強い上下関係もそのひとつなのかなぁ?そんな気がしました。ちゃんと過去と現代って繋がっているんだなと思います。

    あと感想も拝読してます。
    井上さんは真面目ですね(^^)素晴らしい。
    自分はまだまだな人間です。井上さんのように向上心を常に持ち続けて、一丁前になれたらと思っています。
    しっかり睡眠を取ったり、食事もしっかり取ったり、野菜をしっかり取っていますか?メンタルケアも忘れずに!(^^)(^^)

    それでは、また!!!

  • makowara2

    2019年02月08日 00時00分

    たんに縦に時系列をみる、ではなく、様々な横糸の取り上げが人の営みとしての歴史のつながりを感じさせます。今回のヒストリアもそんな回かと思います。山城ってもともと楠木正成が寡兵をもって大兵を破ったから流行ったと考えていました。基本、小勢力が戦うためか、と。大勢力になって人口が増えれば山城では生活用品の調達が困難で居住スペースが狭く、生活が不便すぎて山から丘へ下っていく。基本、正しい認識と思いますが、そこに征服によって統廃合となり、従属関係が生じると城の構造にも変化を与える。面白いものですね。歴史、深いな。現代も知らないことだらけだから当たり前ですね。ロケないけど楽しみにしてます。