歴史秘話ヒストリア

2018年06月13日 (水)

【井上あさひ】小田氏治 "負けない" 人生

hisutoriaodaS03-001_logo.jpg

 

  今夜のヒストリアは、“戦国最弱”の武将、小田氏治でした。負けても負けても立ち上がった氏治の大逆転劇はいかがだったでしょうか? 励まされた? 勇気づけられた? いや、なによりも感動した? 氏治の生き方から私たちはいろんなことを教えてもらえるような気がします。

 

 氏治の見事な負けっぷりを見ていると「これはなかなか大変な武将だなぁ」と思ってしまいますが、この氏治を見捨てることができない人たちがたくさんいたことも事実。いくら氏治があきらめない強い意志の持ち主であったとしても、それを支える人がいなくてはままなりません。氏治ってどれほど魅力的な人物だったのだろうと考えてしまいます。何度負けても立ち上がる氏治の精神的な“太さ”のようなものが、人を巻き込んでいく魅力だったのかもしれません。

 

hisutoriaodaS04-001_logo.jpg

 

 私の話で恐縮ですが、生放送ではちょっとした失敗をあとに引きずると大変なことになってしまうので、瞬間 瞬間でリセットしています。あれはよくなかった、とか、もっとこうしてれば、とか、反省することも多いのですが、失敗が次の成功を連れてくると信じて、切り替えて次に進まなくてはなりません。そう思うと、なんだか“不死鳥”氏治が身近に感じられてきます。

 

 とはいえ、氏治の場合は負けることが即、命にかかわる時代です。“負けるが勝ち”というほどの余裕はなかったことでしょう。しかし氏治の人生にとって、勝つ、負ける、とはいったいなんだったのでしょうか。例えば、織田信長は49歳で命を落とし、天下統一の夢は果たせませんでした。一方、戦国時代を乗り切って71歳まで生き、名門の家を守った小田氏治。その時々のいくさの勝ち負けはありましたが、氏治にとっての勝利とは、まさに“生き残る”ことにあったのではないでしょうか。だとすれば、どんなに大敗しても立ちあがった氏治は、最後まで“負けない”人生だったのかもしれません。

 

 私は氏治の生き方を通して、一時的な華やかさや成功が人生最後の勝ち負けを決めたりはしない、ということを感じました。また、どんなに負けても心が折れない、あきらめない氏治の強さには、とても励まされました。

 

 誰しもちょっとした“勝ち負け”に一喜一憂しがちですが、私も氏治を見習って、「戦いに勝ち負けはあって当然」とリセットできる強さを身につけたいものです。ワタシ、打たれ弱いので。

 

hisutoriaodaS06-001_logo.jpg

歴史秘話ヒストリア

http://www4.nhk.or.jp/historia/

nod_0613-5.jpgNHKオンデマンド 歴史秘話ヒストリア 「“戦国最弱”小田氏治がゆく」
6月13日(水)22:25放送 購入期限:2018年6月27日

歴史秘話ヒストリア

もっと見る

■ コメント(12)
  • 八束 磨里

    2018年06月13日 23時35分

    こんばんは。人生において、恐らく……同じぐらい挫折している? 私には、とても親近感の湧く武将だわ、と思いながら、拝見しておりました。
    ただ……、挫折経験の多い人って、本当に強いんですね。めげない度が、普通の人とはダンチなのです。地元の庶民に、後世まで偲ばれ続けた氏治殿の魅力は、そこなのかも知れません。ある種、路傍の雑草のように、踏まれても踏まれても、したたかに根を広げ続ける……。一種の庶民パワーに近いものがためのシンパシィでしょうか。
    私も、ある程度齢を経て、たとえ一時の失敗失態があっても、別に悠然としていれば、人生なんて最後に笑って消えればいいじゃない、と最近達観しちゃったように思います(苦笑)。瞬間瞬間は、一瞬の後に過去になってしまい、近頃は、人の噂も……33日ぐらい、でしょ? ドンマイ、ドンマイのマイペースで参りましょう。
    でも……、打たれ弱い、ですか? 多分、私の方がもっと打たれ弱いかと(笑)。

  • ぶるちゃん

    2018年06月13日 23時47分

    今回は井上さんの一面が垣間見れる感想でとても ほっこり してしまいました。自分も打たれ弱いし、後に引きずるし、本当にメンタルが弱くて。。もっと小田氏治の様にコロっとリセット出来たら、今後の人生有意義に過ごせる!そう確信しました。それは仕事においても、人生の挑戦においても。失敗してもすぐにリセット!それが出来たら何も悩むことはないぞ?となんかハッピーな気分です。今の私の境遇だと、一度か二度ほど、チャレンジが必須なので不安に思っていたところなんです。。
    井上さんの生放送を見ていると あっ という時がありますが(笑)、頑張れ頑張れと井上さんを応援してますよ。

    小田氏治はリセットの天才と小和田教授、、、、、実は僕の母校の教授なんです。一度もお会いしたことないですが、なんか嬉しくなります。二部の学生でしたけど。僕は優秀ではないので、これからはリセットの天才を目指して頑張ります(笑)
    では、では、よろしくお願いします。

  • 神鹿

    2018年06月14日 16時43分

    大変参考になり、面白い番組でした。私は茨城県に住んでいますが、小田氏のことを知ったのは最近です。関東八館に数えられる名門だったのですね。

    番組で取り上げられた、氏治も面白いのですが、第八代の治久と北畠親房の関係がまた大変面白く、歴史的にも重要です。南北朝時代、後醍醐天皇の要請で、東日本での南朝勢力の拡大のため、北畠親房は陸奥国府に向かったのですが、大風で難破して、常陸国に漂着し、小田城に行くことになりました。北畠親房は小田城で、「神皇正統記」を書き、何とか東国を南朝化しようと手紙を書きまくったわけですが、うまくいきませんでした。北畠親房を保護した小田氏も南朝にくみしたという証拠はない、というのが、昨日の番組にも出ていた糸賀先生の見解です。

    とにかく、中世武士の「守家の作法」というのは、各武家がいかに自己の家系と所領を守って、「生き残るか」という、その点に尽きると糸賀先生は書いています。もし、小田治久が北畠親房に従って南朝に味方していたら、小田家は滅んだだろう、との糸賀先生は話していました。つまり、戦国時代、最弱の武将、小田氏治も存在しなかったでしょう。

    まさに、「生き残ること」が武士個人にもその家にとっても最重要課題であり、そのためならどんなことでもしたというのが、中世の武士の在り方だったと思います。氏治の負けに次ぐ負けの人生は人間的にも色々なことを教えてくれますし、中世から戦国時代にかけての武士と家についても色々考え去られる、いい番組だったと思います。

  • 井上あさり

    2018年06月15日 18時44分

    あさひさん、こんにちは。

     今回の小田氏治の生涯、明日の命の保証など無い戦国時代のホッコリとした物語でした。今回のテーマを選定したスタッフさん、いいセンスですね。
     氏治の戦術は真田一族のように、状況に応じ強いものに巻かれて生き残る。名門の血筋が戦場へと駆り立てたのでしょうか、自分の領土を守り抜くという強い信念の下、負けても負けても戦いに挑んでいく・・・・おかれている状況は違いますが、理想を求めて一直線に突っ走るドン・キホーテ(一流の騎士だと思い込んでる勘違いオヤジ?)の物語を思い出しました。放送では、楽観的な観点から氏治を描いていましたが実際はどうだったんでしょうか?相当、精神的な気苦労もあったのかなと推察します。
     ところで、あさひさんはうたれ弱いんですね。お仕事振りから察するに全て完ぺきにみえるのですが・・・私は過去の失敗をリセットできず引きずる性格です。心が折れそうな時、ナポレオンの名言(言行録)を思い出すようにします。うたれ弱いあさひさんには、以下の格言がぴったりかなと。
     「どんなものにもひびがある。でも、光が差し込むのはそこからなのさ」

     次回の岩崎弥太郎も不屈の精神の持ち主なので、参考になりますね。しかし、100歩ゆずっても、あさひさんは完ぺきです♪

  • ひろ

    2018年06月15日 20時55分

    あさひさん、こんばんは。
    あさひさんも書いていらっしゃいますが、
    私も氏治の家臣のことが気になりました。
    氏治が何回負けても家臣は決して見捨てない・離反しないことを考えると、
    家臣からすると支えてあげたくなる上司だったのでしょうね。
    打たれ弱い上司を支えてあげたいです(笑)

  • 匿名

    2018年06月15日 23時34分

    毎日あさひさんを見たい。

  • 歴史の旅人

    2018年06月16日 12時01分

    再放送見ましたです。。。この武将さん、この時代によくもまあ~生き残ったもんですね~。。。人柄は別として、武将としてはっきりと言ったら無能無策、思い付きだけで戦った人ですね~そりゃ連戦連敗しますよ、勝てないのが当たり前です。。戦いに負けても、策謀謀略の謀で、生き延びてきたかと思ってましたよ。子供達に助けられて生き残ったもんですね~。。。また、当時の戦は基本、稲刈りの時期は、田植え稲刈りの時期は戦はしないというのがありましたからね。(稲刈りの前にあおいいねの時に刈ってしまい収穫出来ないようにはしてたらしいですけど、青田刈り青田買いの語源は、この戦法から来てると聞いたことがあります)。。。それもあって負けても助かったんでしょうね 。。。兵農分離して、常備軍を創設した織田信長が相手だったら、一戦して其処で終わってたでしょうね。織田信長と戦かうことがなかったのが、幸運ですね。。。しかし、これだけ負けて多数の兵士が犠牲になっても、よくついてきてくれた部下たちに感謝ですよ~見捨てられるか、命奪われて、相手に差し出されるかどちらかですよ~。。。それがなかったのだから、何か人を魅了するのがあったんでしょうね。三国志の劉備かいな。諸葛孔明、関羽、張飛は、いないけど、命はる命かける兵士、領民は、いっぱいいたから。追伸、あさひさんって打たれ弱いですか~そう言えば北風と太陽の上司のブログに褒められて伸びるタイプですと書かれましたもんね。。。今回のお着物、渋みのあるお着物で、似合ってましたよ

  • 本間

    2018年06月16日 12時06分

    いつも歴史秘話ヒストリア楽しく視聴しております。茨城県在住の者です。
    さて、このたび放映した「戦国最弱小田市治が行く」についてですが、再々放送
    の予定はありませんでしょうか?
    実は家が近くということもあり、小田城に興味を持っていましたが
    まさかヒストリアで取り上げて頂けるとは思ってもおらず、ここ最近
    忙しかったこともあり、一回目ならまだしも
    再放送まで見逃してしまいました。
    ぜひ再々放送をお願いします。

  • 野尻和正

    2018年06月16日 12時34分

    氏治のとられたら、とりかえすの精神は現代も色んな場面で役立つと思います
    小田氏治の家臣の中には江戸時代も小田周辺に住み、帰農し名主などの村役人になってるかたもいました
    小田家の家臣、領民の子孫は今現在でも小田を大切に思い続け、住み続けている家もあります

  • 茨城愛

    2018年06月16日 15時10分

    常に前向きという気がしますが、付いていく家臣も大変だったのでは?領民に慕われていたことから、人間的も魅力があったのでしょう。今川氏のように武人から文人へ変わり明治まで続いた一族もあったし、真田家のように様々な策を弄して生き切った一族もありました。

  • 匿名

    2018年06月21日 21時19分

    こんにちは~。
    ブログをみて、スーパースターの井上さんが、謙虚で、弱い立場の方の気持ちを分かって
    下さっている感じがとても嬉しいです。

  • makowara2

    2018年06月28日 00時57分

    男は強くなければ生きられない、でも優しくなくては生きる価値はないって歌詞があるそうですけど。為政者としてみたとき、やっぱりだめじゃん、と思いました。諸葛孔明は七度捕虜を許して心服され、七度魏を攻めて攻略できず、優秀でも信念がなければ成功もしないけど、打たれ強いだけじゃあ。。。茨城県出身ですが戦国武将は佐竹氏だけかと思ってました。領民100名の美女を連れて秋田に国替え。今回とは無関係ですね。打たれ弱くてもと言って、やっていけるのは美貌と性格ですね。真面目な美人はいじめ心をくすぐるのですが。いえ、失言でした。頑張って~(笑)