歴史秘話ヒストリア

2017年08月31日 (木)

江戸 百万人が見た!富士山大噴火

hisutoriaS02-001_logo.jpg

 9月1日は何の日かご存じですか?日本全国で防災訓練などがおこなわれますが…答えは「防災の日」!今回のヒストリアは防災の日スペシャルとして“富士山大噴火”をお送りいたします。

 古くから、日本人の心のよりどころだった富士山。世界文化遺産にも登録され、年間登山者数は20万以上ともいわれます。そんな一大観光地の富士山、つい忘れてしまいますが、正真正銘の「活火山」です。(活火山とは、おおむね過去1万年以内に噴火している、および現在活発な噴気活動のある火山のことです。)

hisutoriafujiS01-001_logo.jpg

 1707(宝永4)年11月23日、およそ300年前の江戸時代もなかばに起きた、史上最大級の『富士山宝永噴火』。平安時代の噴火より実に840年ぶりに起こった富士山噴火の様子を、当時の人々は文章や絵で克明に記録していました。予兆、噴火直後の光景、降る火山灰に上空に現れた黒雲と雷。それらのリアルな証言を第一線の火山学者が科学的に分析。その解説を通じて、江戸時代の人々を驚がくさせた大災害を追体験します。

hisutoiraDSC03687_logo.jpg

 今回、私も噴火の“現場”である「宝永火口」を訪ねてきました。

hisutoriaS06-001_logo.jpg

 写真で私が触れているのは、火口内に今も残る当時の火山弾です。富士山の「活火山」の側面というか、このような生々しい証拠をまのあたりにすると、遠くから眺めるだけではわからない富士山が秘めている巨大なエネルギーのようなものを感じました。

 番組では、長期にわたる深刻な噴火の二次災害に立ちむかった幕府の役人と農民たちの奮闘や、復興を急ぐ八代将軍徳川吉宗が抜てきした民間人・田中丘隅(たなか・きゅうぐ)の知恵に注目。復興をめざし、たたかった人々の知られざる歴史秘話をお伝えします。

hisutoriaDSC03700_logo.jpg

  

歴史秘話ヒストリア

「江戸 百万人が見た!富士山大噴火」

http://www4.nhk.or.jp/historia/

 

■ コメント(8)
  • 匿名

    2017年09月01日 02時04分

    あさひさん、こんにちは。
    久しぶりのヒストリア、楽しみです。
    先人の知識や伝承、大切ですよね。最新の情報が簡単に手に入れる事ができる御時世、結論だけが注目され背景やプロセスが軽視されているなと多々感じることがあります。過去の史実から、防災を見つめ直そうと思います。
    それにしても、一流アナウンサーのあさひさんに、体当たり富士山登山をさせる大阪放送局恐るべし。

  • 匿名

    2017年09月01日 07時58分

    あさひさん、こんにちは。

     富士山からの眺め如何でしたか?ひさしぶりのヒストリア&山ガール姿のあさひさん、楽しみです。先人の知識&伝承大切ですよね。最新情報が簡単に得られるこの時代、結果だけが重視されて、背景や過程が理解できず(特に仕事で)困惑することが多々有ります。過去の富士山噴火で得られた教訓から、これから起こり得る自然災害に個人としてどのように対応していけばいいかヒストリアを観ながら考えていこうと思います。
     でも、私の地域は野球中継なので・・・

  • 匿名

    2017年09月01日 23時09分

    御殿場市民です。
    毎回楽しみに御番組を視聴していますが、今回は特に地元の話であり本当に興味深く拝見しました。
    伊奈半左衛門は当然のこと、市内の浅間神社の宮司さんまで登場し地元としてはうれしかったです。
    また神社に当時の遺品が残されていること、徳川綱吉や江戸幕府が各大名から義援金を集めたこと(最終的にはマトモに使われませんでしたが…)酒匂川の下流にも大影響を与えていたことなど、知らなかった事実もいろいろ取り上げられ本当に興味深かったです。
    ひとつ残念だったのは、私はNHK東京で御番組を視聴したのですが、NHK静岡ではなんとこの回が放送されなかったこと。地元のことを放送しないNHK静岡の姿勢に少し驚きを覚えました。

  • ちちまる 

    2017年09月03日 20時07分

    富士山でのお仕事、お疲れさまでした。
    自分も機会があれば、ぜひ一度、富士山を登ってみたいと思ってはいるのですが・・

    それにしても、あさひさん、髪伸びましたね(笑)

  • ひよこ

    2017年09月04日 12時41分

    あさひさん、こんにちは。
    富士山の登山とリポートお疲れ様でした。
    宝永噴火は過去の噴火の中でも大規模な噴火だったんですね。富士山はいつ噴火しても不思議ではないことを改めて認識しました。
    次回放送も楽しみにしてます。

  • ぶるちゃん

    2017年09月08日 21時09分

    1週間遅れで放送されました。
    まずは富士山の2500mまで登られたようで、、お疲れ様でした(^^)
    自分は山登りが苦手なので、とても感心しました!凄いですね、あさひさん!
    普段美しい富士山ですが、裏の顔もあることを忘れてはいけませんね。噴火すると東の方に被害が集中しているようでした。自分の命を守るには普段からの備えが必要ですね。あさひさんは東側に住んでいると思いますので、噴火への備えなんかも必要かもしれませんね!
    地震や噴火、大雨などに対しても備えは大切ですね!

    さて、そろそろ夏も終わりですかね?体調は大丈夫でしたか?もちろん、体調だけでなく、怪我などにもご注意ください。
    それでは!!また!!

  • 八束 磨里

    2017年09月08日 21時13分

    こんばんは。後醍醐天皇万全で、8時を迎えたら富士山でした(*^^*)。ちょっとしたサプライズで拝見し、未曾有の大噴火に、民のため全力で取り組んだ二人の偉人伝、深く心を動かされた次第です。私は神戸と東北の震災後をずっと見ておりますが、復興資金の使途のおかしな流れなど、今も昔も変わらない面があることに、ちょっぴり遺憾、でした。そこに風穴を開ける……。それが『まつりごと』ではないでしょうか。
    それにしても……、2500mの宝永火口まで行かれて(@ @)。酸素薄くなかったですか? 気温も低かったでしょうに……。大変お疲れさまでした。
    1982年に、ある人が翌83年に富士山が噴火するという本を出し、当時随分騒がれたのですけど、日本一のお山は『成層火山』だということ、私たちは折に触れて肝に銘じるべき、かも知れません。

  • 井上ゆうひ

    2017年09月16日 16時16分

    あさひさん、こんばんわ!
    山ガール姿、可愛いです。富士山からの景色如何でしたか? 有志一人一人の献身的な態度で向きあい今の防災対策につながっているのだなと。利他的な愛でしょうか… 今回ヒストリアで取り上げてくれた偉人には及ばなくても、地域&周囲の人に気遣いをしめせる人間になりたいです。